ドラマ

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第5話あらすじ・ネタバレと感想!

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』

波 瑠  民放連続ドラマ初主演!

謎が謎を呼ぶ、スリリングなストーリーの猟奇犯罪ミステリー!

 

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」

第5話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます

 

スポンサーリンク

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」第5話あらすじ・ネタバレ

第4話はこちら⇒『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第4話あらすじ・ネタバレと感想

 

第5話ストーリー

悪夢は再び

事件現場に駆け付けた、警視庁捜査第一課厚田班のメンバーは驚愕する。

目に飛び込んできたのは、口にキャンディを詰められた少女の遺体。

 

手足を釘で打ち込まれ、キャンディは腹部の傷の中にも大量に詰め込まれている。

比奈子(波瑠)は、猟奇的な遺体をじっと見つめる。

 

それは5年前に起きた猟奇事件とそっくりで、

まるで、当時の犯人が自分の存在をアピールしているかのようだった。

手首には無数のリストカットの痕があり、巷で噂の猟奇自殺とも思えた。

 

鑑識によると、この状況からして考えられないと言うが、遺留品や凶器も発見されていなかった。

少女の身元が判明し、携帯電話が持ち去られていたことが判明する。

事件当時、複数回の着信履歴があり、犯人から呼びだされた可能性も考えられる。

 

ただの通り魔とは思えず、被害者の交友関係を洗っていく捜査が進められていく。

東海林(横山裕)は、今回の事件も中島(林遣都)に捜査協力を要請しようと提案する。

 

厚田(渡部篤郎)と比奈子は中島に会ってお願いするが。

中島は5年前の事件の第一発見者で、トラウマやPTSDに悩まされているのか心配する。

当の中島は、5年前の悪夢と向き合う良い機会だと話す。

 

その後、被害者の司法解剖を行った妙子(原田美枝)は、疑問を感じる。

傷は5年前の事件と一致しているが、傷の付け方が問題だという。

 

5年前の事件の傷は勢いよく切り裂いているが、今回の事件の傷は慎重さを感じる。

5年前と同じにやろうと、強い意識が感じられると言う。

5年前の事件を真似た可能性もあり、同一犯ではないかも知れないと妙子はいう。

 

そんな中、妙子は、ある未発表の論文を厚田と比奈子に見せる。

「ネグレクトによる脳発達への影響」

「幼少期に愛情を与えられなかった事で、犯罪を犯してしまう人間の脳を、

外側からいじる事で治療は出来るのか?」これが、未発表論文の内容だった。

 

論文を書いたのは、当時大学の臨床心理学の講師だった早坂雅臣(光石研)と中島だった。

生きた人間の脳をいじるという倫理的な問題で、論文は途中で頓挫していた。

 

留置場内で、猟奇的な行動で自ら命を絶った鮫島。

彼の受刑者カウンセラーをしていたのは中島で、その事が妙に引っ掛かると妙子は告げる。

 

接点

その後の調べで、被害者は学校でイジメに合い、ハヤサカクリニックにカウンセリングに来ていた。

早坂は、心療内科を紹介しており、被害者の少女と面識が合った事が明らかになる。

 

比奈子と東海林は、早坂に聞きこみに行く事に。

今回の事件は、5年前の事件と同一犯の可能性もある。

 

「これって偶然でしょうか?」東海林が質問すると。

「あり得ない事ではないですよ~」と早坂は告げる。

 

「では、これについてはどうですか?」と5人の男の写真を見せる。

それは5人とも、猟奇的な行動で自ら命を絶った男達だった。

 

一人目は、自宅で亡くなった強姦事件の容疑者・宮原。

宮原の性犯罪の被害に合っていた女性の、カウンセリングをしていたのは中島。

 

二人目は、警察の留置場で亡くなった大友で、彼の精神鑑定を担当していたのは中島。

さらに、大友が母親の命を奪って逮捕された10年前、早坂が鑑別技官を担当していた。

 

三人目の東京拘置所で亡くなった鮫島は、週二回、中島と面談をしていた。

四人目の柏木は、強迫神経症の治療で、ハヤサカクリニックに通院歴がある。

最後の心療内科医は、早坂の大学時代の同期だった。

 

5人ともすべて、ハヤサカクリニックと接点のある人物だった。

「このような偶然ってあり得ると思いますか?」比奈子は早坂を見つめて問いかける。

「まぁ~普通はあり得ないだろうね~」早坂は開き直って言い放す。

hina01出典:http://www.ktv.jp/

「だが、我々がどうやって彼らを自殺に追いやったんだ?」早坂は自信に満ちて問いかけてくる。

比奈子は、早坂と中島が研究していた「ネグレクトによる脳発達への影響」の論文の事を聞く。

 

それは、脳を外から直接刺激して、感情を操作するというもの。

しかし、早坂は、あの研究は途中で頓挫したので、今は「潜入」という新しい方法を採用していた。

 

「潜入とは何ですか~プロファイリングの方法ですか?」

プロファイリングは、統計学を元にした行動科学的な分析に対して~

潜入は、脳内に入り込み精神を同一化させ、より鮮明に犯行時の精神状態を把握する事が出来る。

スポンサーリンク


 

早坂は「潜入」の素晴らしさを熱く語るが、東海林は理解できません~とサジを投げる。

「私が望んでいるのは、犯罪のない平和な社会です~」早坂は自分に酔ってしまっている。

 

東海林は半分切れかかり「神の裁きは、あんたの仕業だろ?」早坂を睨み付ける。

「そう思っているなら、証拠を持ってきなさい~」早坂は勝ち誇った様に嘲笑う。

 

スイッチ

比奈子は中島に電話して、5年前の事件の事を聞いて見る。

中島は、犯人のプロファイリングはしていないが「潜入」はしたと聞かされる。

犯人と精神を同一化させる「潜入」は危険なもの。

 

一度会って詳しく話しを聞きたいと告げるが、中島は拒否する。

そのかわり、明日メールを送るので、そこに書いてある場所に行って見て下さいと言われる。

 

翌日、熱が出たと捜査一課には嘘を付いて、比奈子はメールの場所を訪ねていた。

比奈子が向かった先は「老人介護施設」で、そこには見覚えのある男がいた。

 

比奈子は驚愕の真実を、その男から聞かされる。

東京拘置所で鮫島を担当していた刑務官で、鮫島が絶命した後は、彼は刑務官を辞めていた。

 

彼から、早坂と中島が脳内に腫瘍を生み出す装置を、完成させていたと聞かされる。

それは強力な電磁波で、不髄機能の左脳扁桃体に腫瘍を発生させるもので~

人をあやめた記憶を持つものに使用すれば、必ずその人間は命を絶つ装置。

 

彼らが人をあやめた記憶を思い起こせば、スイッチは自動的に押される。

「神の裁きの正体」は、この装置だったのだ。

中島こそが、猟奇自殺を仕掛けた張本人だ明かされる。

 

そんな頃、中島は事件のすべてを調べあげて、早坂に電話していた。

少女を、猟奇的な方法で命を奪った犯人は、久保一弥(中林大樹)。

 

久保は洗脳された早坂の患者で~

「神の裁き」をより世間に印象づけるために、久保の衝動を抑えながら、早坂は時期を伺っていた。

被害者の少女も早坂が用意したもので、彼女を誘導して、久保に始末させた。

 

「早坂先生、これは僕に対する裏切りです~」

 

その裏切りに対する報復として、久保を始末します~中島はそう早坂に告げる。

中島に誘き出された早坂は、中島のマンションに向かう。

「久保は何処にいるんだ~」早坂は電話の中島に問いただしていると。

 

久保が突然現れて、ナイフが早坂の腹に突き刺さる。

中島は久保の脳内に「潜入」して、早坂に対する信頼を書き換え、久保を操っていた。

 

その頃、捜査本部では、容疑者として久保が浮上しその行方を追っていた。

そんな時、中島から厚田のパソコンへ、久保は早坂の患者であった事がメールで送られてくる。

 

厚田らが中島のマンションへ向かうと~

おびただしい数のキャンディーの上には、口にキャンディーを突っ込まれ、早坂の無残な姿が!!

 

それと同時に、比奈子は厚田から連絡を受ける。

早坂が刺されて命を落とした事、犯人は少女を始末した久保である事を。

 

中島が姿を眩ましている事を聞かされると、

彼は久保を始末するために、5年前の事件の現場にいると比奈子は告げる。

 

衝動

厚田らと比奈子は、その現場に急いで向かう。

久保は比奈子の目の前で~

突然、何かのスイッチが入ったかのように自分の体にナイフを突き立て、絶命する。

hna02出典:http://www.ktv.jp/

それはまさに、殺人衝動が自分に向く瞬間だった。

比奈子は中島の腕時計こそが、そのスイッチだと気付く。

 

中島は、心療内科医として犯罪者と向き合っている内に殺意が芽生えた。

そして、犯罪者の絶命する姿を見ることに喜びを感じたと笑みを浮かべる。

 

「僕にもあったんです~そのスイッチが」

「彼らは自ら命を絶った分けじゃない~僕がやったんです~」

 

そして中島は、比奈子に告げる。

「あなたの内面がどうであれ、その手はまだ汚れていない」

 

彼はそう言い残し、拳銃を自分の頭に突きつけて引き金を引こうとするが。

次の瞬間、東海林が窓の外から発砲して、中島の拳銃を撃ち落としていた。

厚田らが部屋に駆けつけて、中島は逮捕される。

 

比奈子は、連行される中島に向かって最後に言葉を投げ掛ける。

「私は、あなたのその顔だけは見たくなかった~」

 

その後、中島の身柄は、精神鑑定で病院に移される事になる。

~どんな人間も加害者になる事も、被害者になる事もある~

第5話 完

 

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第6話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』あらすじ・ネタバレとキャストの紹介!

 

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」第5話の感想

衝撃的な結末でした。

神の裁きは、中島によるものだったとは!

実際にはあのような装置はないと思いますが、怖いですね~

 

また、キャンディーを口に突っ込まれた少女が出てきました。

何回見ても、あれ気味が悪いです~(。>﹏<。)

猟奇的なテーマがメインなので、異様な雰囲気を作り出しています。

 

次回からはまた新しいストーリーですね。

今度はどんなストーリーなのか注目です。

 

比奈子の過去をもっと知りたいです。

今後、明らかにされていくのか楽しみです。

 

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』

第5話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top