ドラマ

『そして、誰もいなくなった』第3話あらすじ・ネタバレと感想!

スポンサーリンク


過去の想い

その後、はるかは救急車で病院に搬送され、連絡を受けた小山内も駆けつける。

「どうしてこんな事に、何があったんだよ~?」小山内は新一を責める。

 

新一は成りすましの事件に、はるかが関係していた事を小山内に告げる。

「そんな事、あるわけがないだろう~」小山内は激怒する。

「俺だって、何がなんだか分からないんだよ~」新一は泣きながら本心をいう。

 

はるかは大学卒業後、研究室に残りたかったが、諦めて地元で就職した。

研究室に残れるのは極僅かな人間で、新一のために彼女は辞退していたのだ。

 

だが、新一は気が変わって研究室には残らず、さっさと東京の一流企業に就職した。

はるかの気持ちは、全て無駄になった。

はるかが就職したのは、ブラック企業で彼女は2ヶ月で退職を余儀なくされる。

sosite3wa4出典:http://www.ntv.co.jp/

「おまえは、はるかと付き合っていたのに、何にも分かっていなかったんだよ~」

新一は何も知らなかったので、呆然とする。

 

「俺も斉藤も、はるかから、よくおまえの愚痴を聞かされていたんだ~」

小山内は、新一を見て吐き捨てる様に言う。

 

「そんな、おまえの事が大好きだった彼女が、今回の事件に関与しているとは思えない」

好きだったおまえから疑われて、そのショックである事無い事言ったに決まってるよ~

 

「新一、おまえもう帰ってくれよ~はるかが可哀想だ~」と小山内は告げるが。

「でも俺、はるかの意識が戻ったら、あいつに聞きたいことがあるんで~」

新一がそう言うと。

 

「おまえ、こんな時でも自分の事ばっかだな~見底なったよ~」

その身勝手な発言に怒りまくり、小山内は新一を殴りつける。

 

記者会見

そんな頃、公安部の鬼塚は、新一が逃げた監禁場所に来ていた。

『藤堂新一』は、自宅にも母親の介護マンションにも、姿を現していなかった。

 

部下から報告を受ける鬼塚だが、あくまでも任意での連行で、本人が帰ったとされる。

「証明できるものはまだ何もないんだぞ~」と鬼塚は告げる。

鬼塚は、新一の母親を訪ねて写真を見せたが、万紀子は本物の『藤堂新一』を指差していた。

 

スプリンクラーが作動した件は~

外部からビザの配達人の女がこのビルに入り、女子トイレに火を放った。

防犯カメラで確認すると、髪の長い色白の若い女だった。

 

ピザ屋に確認したが、従業員の中にはこの女はいないとの事だった。

「面白くなって来たな~!」鬼塚はその場を楽しんでいるようだった。

 

終わりの日から4日前

その頃、病院を出た新一は、放心状態で街を歩いていた。

小山内が言い放った言葉が頭を駆け巡り「俺はどうかしていたんだ」と反省する。

 

「黒髪のロングで色白の女なんていくらでもいる、俺は、はるかを傷つけてしまった」

取り返しの付かない事をしてしまったと、彼は後悔していた。

sosite3wa5出典:http://www.ntv.co.jp/

そんな新一の後を、黒髪のロングで色白の若い女(桜井日奈子)が尾行していた。

そんな時「ガキの使い」から電話が入る。

 

「今すぐに、首都テレビのニュース番組を見ろ~」そう言って電話は切れる。

新一は定食屋に入ると、注文もしないで「首都テレビ見せて下さい~」と大声で叫ぶ。

 

画面が映し出されると、先日釈放された《藤堂新一》が記者会見を開いていた。

彼は自白を強要されたと訴えており、隣には弁護士の西条も助言している姿が!

 

「あの~ご注文は?」店員が痺れを切らすと。

「黙ってろ~!!」新一はテレビにかぶりつく。

 

冤罪で《藤堂新一》は、警察・検察を告訴すると発表する。

「違う~違う~~俺が『藤堂新一』だ~ワッァ~~~~~~~~!!」

新一は、狂ったように叫び続ける。

 

そんな頃、手術を終えた長崎はるかは、命を落としていた。

第3話 完

 

『そして、誰もいなくなった』第4話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

『そして、誰もいなくなった』ドラマあらすじ・ネタバレとキャストの紹介!⇒

 

「そして、誰もいなくなった」第3話の感想

面白くなってきました。

黒髪のロングで色白の女はもう一人いたんです。

でも、はるかも新一を探っていました。

 

そして命を落としてしまいました。

謎は深まるばかりです。

そして偽・藤堂新一の謎の記者会見~

 

小山内も怪しい感じです~ワザと新一を泳がさせて、何かを探っています。

第3話は、ワクワクして見応えがありました。

次回がどうなるのか楽しみですねヽ(^o^)丿

 

「そして、誰もいなくなった」

第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top