ドラマ

『遺産相続弁護士 柿崎真一』第3話あらすじ・ネタバレと感想!

遺産相続弁護士 柿崎真一
プラチナイト 新木曜ドラマ

『遺産相続弁護士 柿崎真一』

主演 三上 博史

 

遺産相続をめぐる骨肉の争いを、予想もつかない形で決着させていく

とんでもない弁護士の、1話完結のオリジナルストーリー!!

 

「遺産相続弁護士 柿崎真一」の

第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「遺産相続弁護士 柿崎真一」第3話あらすじ・ネタバレ

第2話のあらすじ・ネタバレはこちらです↓

『遺産相続弁護士 柿崎真一』第2話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

 

第3話ストーリー

ゴールドメダル

ある日、柿崎真一(三上博史)と丸井華(森川葵)は、

思いつめた様子の河原井正(豊原功補)に拉致され、消費者金融「ゴールドメダル」に連れていかれる。

 

その金融会社には、社長の津木野卓(清水綋治)がいて、卓の債権回収を河原井は手伝っていた。

つい先日、卓の弟・徹が亡くなって遺産があると聞かされる。

 

徹には妻の芳子(烏丸せつこ)、息子の聡(山岸門人)がいて、遺産は土地家屋が約2000万円ほどあると言う。

卓は、弟の徹に4500万円を貸している。

 

それを、遺族から回収してほしいと、卓は柿崎に頼む。

「遺族が相続放棄すれば、その借金は回収不能になります~」

 

難しいですね~柿崎はまったく乗り気でなく、社長室に飾られている金メダルを眺めていた。

卓は元プロボクサーで、オリンピックの金メダリストだった。

 

そこへ突然、芳子が乗り込んでくる。

「義兄さん、どういうこと!?店を差し押さえるって~」

 

お金に困っている芳子は、店がなくなると生活ができなくなると喚き散らしが。

そこで初めて、夫が卓に4500万の借金をしていたことを知る。

遺産を相続すれば、借金も相続されることを柿崎から聞かされた芳子。

遺産相続弁護士 柿崎真一出典:http://www.ytv.co.jp/

「じゃ~相続はしない、相続放棄する~」芳子はそう告げるが。

「残念ですが、あなたの場合はそれが出来なくなっています~」柿崎は告げる。

 

卓は、ある書類を見せる。

それは、卓の妻が経営する中古車屋に、芳子が徹の車を売却したという書類だった

芳子は卓に言われて車を売却し、葬式代に当てていたのだ。

 

この場合、民法921条で単純承認とみなされ、相続放棄は認められません~

「負債4500万も相続したとみなされます」柿崎は淡々と説明する。

 

「義兄さん、騙したのね~!」芳子は怒りに震えて帰っていく。

僕は引き受けませんよ~柿崎はそう告げると出て行く。

 

遺産と負債

河原井が追ってくる中。

「どうして自分で回収しないんですか?河原井さん、債権回収のプロですよね?」と尋ねる。

 

こういうのは弁護士の仕事だろう~河原井は言い訳するが、何か分けがありそうだった。

浮かない顔の河原井は「ラーメン食いに行こうぜ」と、あるラーメン屋に柿崎と華を連れていく。

スポンサーリンク


 

そこは芳子が営む店で、柿崎らが店を覗くと、芳子と息子の聡が口論していた

「だからさっさとあんな親父、離婚しておけばよかったんだ。」

 

河原井が声を掛けると「あんたも落ちたもんだね~金メダルの小間使いなんかしてさ~」

金メダルの手先の言うことなんか聞きたくない、さっさと帰れ~!芳子は毒づいて言い放す。

河原井と芳子は顔見知りのようだった。

 

柿崎と華も中へ入り、

息子さんにだけ相続を放棄させるのがいいと思います。

そうすれば、息子さんを金メダルの借金から守れます。

遺産相続弁護士 柿崎真一出典:http://www.ytv.co.jp/

「遺産も負債も全部あなたが相続して、その後あなたが自己破産するんです」

それで借金は帳消しですと、柿崎は芳子に助言する。

 

柿崎が事務所に戻ると、卓の妻・玲子(黒沢あすか)が来ていた。

そこへ、水谷美樹(酒井若菜)も現れて「真一、あなた一晩でババ専になったの~!」

美樹が金メダル女を罵ると、二人は修羅場になる。

 

「とにかく、ウチの人に芳子を二度と近づけないで!」と言って彼女は去って行く。

玲子は、夫と芳子ができていると思い込んでいる。

 

柿崎は、美樹から卓の弟・徹も元プロボクサーで、八百長試合をしていたと聞かされる。

オリンピック選考試合で卓と徹が戦い、徹はわざと負けたと噂になったらしい。

 

八百長試合

そんな中、柿崎は相変わらず卓の仕事を受けないで寝ていた。

河原井の命令で男達が柿崎を拉致し、ドラム缶に入れて埠頭へと運ばれる。

「4500万の回収はなんでやらないんだよ~!」

 

回収しなければ、コンクリート詰めにして海に沈めるぞ~河原井はそう脅してくるが。

柿崎は、河原井が何か事情を抱えていると悟り~

遺産相続弁護士 柿崎真一出典:http://www.ytv.co.jp/

「正直に言って下さいよ~なにかあるんでしょ~」柿崎は河原井の本心を探リ出す。

河原井は、芳子の事が好きで、気の毒で見ていられないのだった。

柿崎に、卓の依頼を受けるフリをして芳子を救ってほしいと、河原井は頼み込む。

 

柿崎は卓のことを探ると~

卓は高校時代から天才ボクサーと呼ばれ、卓に勝てるのはたった一人、弟の徹だけだった。

自分より強い徹が、なぜオリンピックの選考試合で八百長をしたのか?

 

彼はその事を理解できずに苦しんでおり、しかも、徹は亡くなったのに憎んでいた。

柿崎は、玲子が経営する中古車センターへ行ってみる。

 

そこには徹の車があり、車の中に徹のボクシンググローブを見つけて手に取る柿崎。

「その車、100万で売るわよ~」と玲子が現れる。

 

それを現金で支払った柿崎は、玲子から卓の話しを聞かされる。

芳子が最初に付き合っていたのは卓で、徹がそれを後から横取りした。

 

「もう何十年も昔のことなのに~」いまだに卓は、徹を憎んでいると聞かされる。

借金の取り立ては徹への仕返しで、卓は、芳子とよりを戻そうとしている。

 

「嫉妬してるんですね~芳子さんに…..!」と柿崎は言うが。

あんなババアにそんなわけないでしょ~と玲子は言い捨てる。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top