ドラマ

『OLですが、キャバ嬢はじめました』最終回あらすじ・ネタバレと感想!

OLですが、キャバ嬢はじめました
『OLですが、キャバ嬢はじめました』

ドラマイズム(全4話)

 

元AKB48 倉持明日香 連ドラ初主演!!

地味OLの成長物語~

 

「OLですが、キャバ嬢はじめました」

最終回のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「OLですが、キャバ嬢はじめました」最終回あらすじ・ネタバレ

第3話のあらすじ・ネタバレはこちらです↓

『OLですが、キャバ嬢はじめました』第3話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

 

最終話ストーリー

仕事へのやり甲斐

菜奈子(倉持明日香)は、彼氏の横山(橋爪遼)から、キャバ嬢をやめるように言われる。

「客に媚売ってさ~体とか触られて~最低だよ」

彼の言葉が脳裏を駆け巡り、どうしようか悩んでいた。

 

そんな中、新人の菜奈子とカズミ(筧美和子)には、あと1ヶ月で指名ノルマが発生する。

達成できないと罰金となるが、菜奈子はお客様に営業メールとか電話は、全くしていなかった。

営業メールはキャバ嬢の基本で、毎日日常化する事で指名に繋がる。

 

営業メールにもコツがあり、自分の事を一方的に話してはいけない。

「◯◯さんはどう思いますか?私はこう思いますが、あなたはどうですか?など~」

必ず、お客様を巻き込んで、相手に合わした内容にすることが大切である。

 

菜奈子は早速営業メールを送るが….

「もう、ヤダ~~何なのよ~!」

 

店が休みの時、食事に行こう~お店は何時に終わるの~二人だけで飲みに行こうよ~

やらせてくれるなら、店に行くよ~そんなメールばっかで菜奈子は嫌気が差してくる。

 

「キャバクラはね~大人の幼稚園見たいな所なのよ~」小梅(天乃舞衣子)が呟く。

男の人はいくつになっても、ワガママで女好きで自分中心、しかもシモネタが大好き。

kyabaewa1出典:http://www.mbs.jp/

菜奈子は、キャバ嬢を始めたのは、最初お金のためだった。

しかし今では、お金のためというより、この仕事を続けていきたいとやり甲斐を感じていた。

 

その夜、菜奈子は彼氏の横山に別れようと切り出す。

「エッ~~どうしてよ~」横山は動揺するが。

「キャバ嬢の仕事を続けたいから~」と菜奈子は告げる。

 

どんなお客様とも向き合える力が養われ、仲良くなる力が身につき、精神力も鍛えられる。

そのせいか、会社でチョットした事でも、へこまなくなった。

女子力アップのメイクや、オシャレの楽しさも知ることが出来た。

 

キャバ嬢をやって見て、初めて働くことの楽しさを感じて、やり甲斐を見つけた。

「だから、もう少しこの仕事を続けていきたいの~」菜奈子は横山に訴える。

「じゃあさ~結婚しようよ~」横山は、いきなり話が飛躍する。

 

「貯金もないし、やり甲斐のある仕事もないけど、君を必ず幸せにするよ~」彼はそう言うが。

それでは、キャバ嬢になる前の菜奈子と一緒だった。

 

「貯金0で、やり甲斐のある仕事がないって最悪でしょ~もっとしっかりしてよ~!」

菜奈子は彼にキチンとして欲しいので、キツイ事を口走ってしまう。

 

「なんだよ~偉そうに~キャバ嬢やってる女なんて、こっちから願い下げだよ~!」

横山はブチ切れて言い捨てる。~こうして横山との恋は終わった。

 

チームプレイ

菜奈子は、特に悲しくもなく、前向きな気持ちが芽生えてくる。

そんな中、月が開けて~カズミが10回、菜奈子が7回の指名ノルマが発生する。

 

キャストルームには、菜奈子とめぐみ(奥仲真琴)だけが残っていた。

めぐみは菜奈子の事を嫌っており、バツの悪い空気が流れていた。

 

そんな時、めぐみに指名が入る。

彼女はお客様を見ると、表情が曇りだす。

めぐみを指名したお客様は、結構前に来ていて、手帳を見ても誰だか分からなかった。

 

「伊藤様です~前にヘルプで付いた時メモしときました」菜奈子はそう教える。

あっ~昨日お誕生日だった見たいです~菜奈子は手帳を見て言う。

黒服は慌ててケーキを買いに行く。

 

めぐみは、ケーキにロウソクを灯しお祝いして上げる。

スポンサーリンク


1日遅れちゃったけど、伊藤さんお誕生日おめでとうございます~と言うと。

彼は涙を流し、感激して喜んでくれる。

 

キャストルームに戻ってくると、めぐみは菜奈子にお礼を言う。

今度、私の似顔絵を名刺に描いて欲しいと、彼女はお願いする。

 

「菜奈子ちゃんの事、宣伝してあげるから~でも1回だけね~」

さっきの借りを返したいからさ~めぐみはそう告げると店内に行く。

 

店長・織田(福士誠治)がその光景を見ていて、菜奈子に近寄ってくる。

めぐみさんへの対応は素晴らしかったですよ~

kyabaewa2出典:http://www.mbs.jp/

「キャバ嬢の仕事は、チームプレイでもあるんですよ~」

 

ヘルプはやる気が出ないなと~モチベーションが下がるキャストもいますが。

でも、それは違います。

「ヘルプでいいフォローをすれば、逆の立場になった時、必ず自分に返ってきます。」

 

相性のいい女の子を同じ席に付けたり、ヘルプに付けたりする。

それを見極めるのは、黒服の仕事です。

キャバ嬢の仕事って、知れば知るほど面白いですね~と菜奈子は感じる。

 

キャバ嬢のテクニック

そうした中、菜奈子は指名が入りテーブルに着くと、お客様はスティーブだった。

菜奈子が取った初めての指名はスティーブで、彼には感謝していた。

今夜は、仕事仲間も同席していた。

 

彼はスティーブから、菜奈子が上手にイラストを描くことを聞いていた。

僕の顔を描いて下さいと言われ、菜奈子は描いて上げる。

 

「菜奈子さん、今度マンガも描いて見ませんか?」そう彼は言うと、名刺を渡す。

彼は、出版社のマンガ編集部に勤めていた。

「描いてみたらどうですか?」菜奈子はスティーブにも言われ、夢を膨らましていく。

 

店も閉店間近になろうとした時、酔っ払ったお客様が一人騒ぎはじめていた。

「気が利かない女ばっか付けやがって~こっちは客だぞ~」

 

神セブンNO.1の姫乃(石川梨華)が、テーブルに向かう。

「こんな店じゃなくて~外で飲もうよ~いつも外でもサービスしてるんだろ~」

菜奈子や他のキャストは、姫乃の対応をじっと見つめる。

 

「何時でも何処でもサービスするほど、キャバ嬢はおバカじゃないんですよ~」

まずはお店でサービスします~

姫乃がそう言うと、男はニヤニヤして彼女の身体に触ろうとする。

kyabaewa3出典:http://www.mbs.jp/

姫乃はすかさず、両手で男の手を握りしめる。

「サービスして欲しいなら、私を惚れさせてくれないとね~」

次は、指名してくれますよね~姫乃は男の手を握りながら、笑顔で男の目を見つめる。

 

「じゃ~飲みましょうか~」男は大人しくなる。

さすがNO.1キャバ嬢の上級テクニックが、至る所に散りばめられていた。

 

キャストルームに戻ってきた姫乃に、菜奈子はカッコ良かったです~と言う。

姫乃も、最初ここに来た時は「ジャガイモ」と呼ばれていた。

 

それが悔しくて彼女は努力し、わずか1ヶ月でNO.1の座まで登りつめたのである。

「菜奈子ちゃんも頑張れば、そうなるわよ~」と姫乃に言われて勇気付けられる。

 

『新しい道へ進めば、いろんな困難がある。

でも、その中にはたくさんの宝物を見つける事が出来る。

もっと冒険して、自分を成長させたい』

 

~小泉菜奈子、26歳~昼はOL・夜はキャバ嬢~

菜奈子の冒険は、これからはじまろうとしていた。

最終話 完

 

『OLですが、キャバ嬢はじめました』あらすじ・ネタバレとキャスト⇒

 

「OLですが、キャバ嬢はじめました」最終回の感想

遂に終わってしまいました。

4話あらすじを書いてきましたが、

正直言って、もっと見たかったですね~

 

内容は面白かったです。

キャバクラの世界がよく描かれていたと思います。

菜奈子だけじゃなく、他のキャストの日常も知りたかったです。

 

群像ストーリーになると、4話だと厳しいかも知れませんけど。

主人公の倉持明日香さんは、可愛らしくてとても良かったです。

是非、続編を期待したいですねヽ(^o^)丿

 

来週からは「闇金 ウシジマくん~season3」が始まります。

山田孝之さん主演の人気シリーズです。

このブログでも、あらすじを書いていく予定です。

 

「OLですが、キャバ嬢はじめました」

最終回のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

では、また会いましょうヽ(^o^)丿

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top