ドラマ

『遺産相続弁護士 柿崎真一』あらすじ・ネタバレとキャストの紹介!

遺産相続弁護士 柿崎真一プラチナイト 新木曜ドラマ

『遺産相続弁護士 柿崎真一』

7月7日(木)日テレ系 夜11:59~スタート

主演 三上博史

 

遺産相続をめぐる骨肉の争いを、予想もつかない形で決着させていく

とんでもない弁護士の、1話完結のオリジナルストーリー!!

 

「遺産相続弁護士 柿崎真一」の

あらすじ・ネタバレとキャスト・主題歌を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「遺産相続弁護士 柿崎真一」ドラマ基本情報

【脚本】林 誠人ほか

主な作品:「ケータイ刑事シリーズ」「ストロベリーナイト」「ドクターX 第2・3期」ほか

 

【演出】白川 士(ザ・ワークス)ほか

主な作品:「崖っぷちのエリー」「検事・鬼島平八郎」「三匹のおっさん」「マルホの女」ほか

 

【音楽】井筒 昭雄

主な作品:「怪物くん」「家族のうた」「医師たちの恋愛事情」「民王」「99.9-刑事専門弁護士-」ほか

 

【制作協力】ザ・ワークス

【制作著作】ytv

 

「遺産相続弁護士 柿崎真一」ドラマ見どころ

三上博史さん演じる、主人公の遺産相続専門の弁護士・柿崎真一。

彼が、遺産相続をめぐるトラブルを型破りな方法で解決していく、1話完結のオリジナルストーリー。

 

主人公の柿崎真一は、以前は、ヤリ手の辣腕弁護士だったが、ある案件が弁護士法に抵触したことから信頼を失います。

そして、膨大な借金を抱えている柿崎の元に、セレブ老人の遺産相続問題の依頼が舞い込んで来る。

 

彼は、法廷に出ることなく多額の報酬を得る事に成功する。

スポンサーリンク


その後、美味しい味をしめた柿崎は、遺産相続専門の弁護士として生きていくことになる。

 

柿崎真一は、弁護士ではあるが世の中からちょっとズレているというか、だらしのない男。

その分、人間くささもあり、どこか人に対してスキがあるような人間。

 

そんな主人公を三上博史さんが、遺産を巡る骨肉の争いの渦の中で、遺産に隠された本当の価値を探り出し

故人の想いを遺された人々に、どのようにつないでいくのか、見所のひとつだと思います。

 

同じ法律事務所の新米弁護士役・丸井華役には、森川葵さん。

柿崎との彼女に、歯科医・水谷美樹役で酒井若菜さん、闇金会社の社長・河原井正役を豊原功補さんが演じます。

 

「遺産相続弁護士 柿崎真一」ドラマあらすじ・ネタバレ

 

第1話ストーリー・あらすじ

主人公・柿崎真一(三上博史)は、遺産相続専門の弁護士。

資産家である故・山岸の遺産相続をめぐり、妻の淳子(奥菜恵)から依頼を受ける。

isanbengoshi01出典:http://www.ytv.co.jp/

だが、彼女は山岸が亡くなる6時間前に入籍したという《6時間妻》だった…。

どう見ても、遺産目当ての入籍妻であることは、ミエミエだった。

 

山岸の娘・倫子(紫吹淳)は、淳子は遺産目当てで父を騙したと言い張って、柿崎に訴える。

彼女は、憎悪丸出しで、婚姻は無効で遺産は渡さないと主張するが………,?!

 

第1話のゲストは、奥菜恵さんと紫吹淳さんです。

※ ドラマを見終わったら、第1話の詳細なあらすじ・ネタバレを書いていく予定です。↓

※追記 『遺産相続弁護士 柿崎真一』第1話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

 

キャスト・主題歌は、2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top