ドラマ

『ゆとりですがなにか』第8話あらすじ・ネタバレと感想!

ゆとりですがなにか
『ゆとりですがなにか』

岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥

 

笑いあり涙ありの人間ドラマ~アラサー男子3人の物語!!

 

「ゆとりですがなにか」

第8話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「ゆとりですがなにか」第8話あらすじ・ネタバレ

第8話ストーリー

兄の我がまま

正和(岡田将生)は、夜中に家族全員を叩き起こし、重大発表をする。

結婚し、さらに会社を辞めて、兄・宗貴(髙橋洋)と一緒に酒屋を継ぎたいと宣言する。

ゆとりですがなにか出典:http://www.ntv.co.jp/

せっかく営業に戻ることが出来たのに、なにも会社を辞める必要はないんじゃないの~

ゆとり(島崎遥香)と和代(中田喜子)はそう言うが、宗貴とみどり(青木さやか)は賛成する。

 

宗貴は「会社を辞めておまえに継いで欲しい」~職人からの受けもいいしおまえなら出来る。

「俺は社長の器じゃないんだ~」辞めて、北海道で農業をやりたいと重大発表をする。

それを聞いた和代は、呆れ返る。

 

「あんたね~これから農業なんて出来るわけないでしょ~そんな甘くないわよ~」

いいよ母さん、俺やるから大丈夫だよ~正和は言うが。

 

「いいよやるよじゃないでしょ!やらせてくださいでしょ~」火に油を注ぎ、和代は激怒する。

「いやいや続けるくらいなら、私の権限でこんな酒蔵潰しますよ!~冗談じゃないわよ~!」

そう和代は吐き捨てると、その場を後にする。

 

そんな頃、ホテルに入った茜(安藤サクラ)と早川(手塚とおる)。

茜は、緊張もしていなく既婚者とは初めてですと言うが、早川は緊張しまくり。

 

「同期の坂間と別れたばっかで、今度は上司とこれとはね~」オロオロしながら彼は言うが。

何言われても平気です~どうせ仙台行っちゃうんですから~

「だから連れ込んだんでしょ~1回だけですよ~」茜はドライな感じで平気に言う。

 

そんな中、鳥の民「高円寺店」では、茜のアイデアでランチを検討する事になる。

山岸(大賀)と引き継ぎ中の正和が、仕込みやメニューをバイトリーダー村井(少路勇介)に指示するが。

 

取り敢えず、親子丼がいいかな~と正和が提案すると、村井らは大賛成する。

しかし、来たばっかの山岸は、定規で図りながらネギを切る中「絶対無理です~」と早くもやる気がない。

 

童貞の誇り

小学校では、先生方や保護者、生徒たちにまで及び、山路(松坂桃李)が童貞であることが知れ渡っていた。

そんな山路が、性教育の授業をすることに。

 

大丈夫ですか~?と、先生方から突っ込まれる山路だが「出来ますよ~大丈夫です」

先生方から、口を揃えて無理ですね~と笑いものにされて、山路は動揺しながら怒りに満ちてくる。

 

知れ渡った原因は、佐倉悦子(吉岡里帆)の彼氏・静磨(北村匠海)が学校に乗り込んで来た事。

「うるせぇ~童貞は黙ってろ~!!」彼は学校中に響き渡る、木霊する声で暴露したのが原因。

(このストーリーは第4話で詳しく書いています、良かったらご覧ください)

 

山路は《レンタルおじさん》麻生(吉田鋼太郎)に相談する。

スポンサーリンク


「道は2つありますね~子供たちと同じ目線で性教育の授業をするか~」麻生は言うが。

それは無理ですよ~下手すると自分より詳しいですから~

 

「もう一つは、手っ取り早く童貞を捨てちゃうか~」

ゴミみたいに捨てるっていうけど、ここまで来たら自分にとって宝物ですよ~

今時いないと思うが、山路は貞操観念に誇りを持っている。

 

「素晴らしい~山路さんの十分の一でも、息子にそれがあれば不倫なんてしないな~」

麻生はポロッと、息子・まりぶ(柳楽優弥)がゆとりと不倫している事を口走ってしまう。

山路は心配になり、正和の店に行く。

 

「ゆとりちゃん大丈夫なの~」と正和に聞くが、それはもういいからと話しをそらす。

植木屋職人として働き始めたまりぶも、、親方や仲間と飲みに来ていたのだ。

そんな時、静磨が店に入ってくる。

 

彼は、浮気してもう悦子とは別れていたが、ラインで悦子にメールを送っていた。

悦子がこの店でバイトしているのを知り、一人で飲みに来たのだ。

山路と静磨は二人で飲むことになる。

ゆとりですがなにか出典:http://www.ntv.co.jp/

「ひょっとして、女性に振られたことないの?」山路は聞くと。

静磨は「ね~よ~引く手あたまだから~!」あまただよ~~山路は間違いを修正する。

※豆知識「引く手あまた」・・凄い人気、多くの人に誘われるなどの意味です。

 

付きまとっていないで、現実をみなよ~頑張っても動かせないものがあるし、もっと勉強しなよ~

「童貞の方が詳しいことだってあるんだよ~威張んなよ!このファッションメガネ野郎~」

山路は、酔った勢いで静磨に説教する。

 

傷つきながらも

まりぶがアパートで寝ていると、外の階段で怪しい物音が。

妻・ユカ(瑛蓮)は怖がり、娘のセレブは泣き叫ぶ。

 

様子を見に行くと、山路が酒の缶をばら撒いて、階段下でうごめいていた。

「何してんの~こんな所で?」

山路は、まりぶの不倫の事が気にかかり、本人に確認しに来たのだ。

 

「こんな夜中に、それも酒を持参で、非常識にもほどがあるわよ~」ユカは中国語で捲し立てる。

こいつは、メチャメチャ歓迎しているから大丈夫だよ~まりぶはいいように訳して山路に伝える。

 

「ゆとりちゃんの事なら、こいつは知ってるよ~」

むしろ、ゆとりちゃんがこいつの事を知らないで、もう終わったよ~まりぶはそう告げる。

 

まりぶは、正和との約束を守り使命を果たした~まさか振られるとは思っていなかった。

「エッ~終わったの~!」心配した自分は何だったんだろうかと、肩すかしを食った山路。

 

まりぶは「坂まっちはカッコいいよ~自分にとって大事な物をちゃんと分かっている」

そのために、ハードな状況でズタズタに傷つきながらも、闘っている。

まりぶは、あの店での坂まっちの働きっぷりが好きだと言う。

ゆとりですがなにか出典:http://www.ntv.co.jp/

それを職場の人間に見せたくて、飲みに連れて行った。

あんなに、ゆとりのない坂まっちも《ゆとり》なんだよ~

色んな所でぶつかって、皿割ってバイトに怒鳴られ、焼き鳥のタレと塩を間違えて水道で洗う~

 

「あんな奴いね~よ、でもカッコいいじゃん!あの姿見てると、俺も何かやらなきゃって思うよ」

 

自分を探してる場合じゃね~なと、まりぶは感じていた。

「だからオッパイも辞めて、参考書も売ったよ~」彼は、植木屋職人として自分の居場所を探したのだ。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top