ドラマ

『僕のヤバイ妻』第5話あらすじ・ネタバレと感想!

僕のヤバイ妻
『僕のヤバイ妻』

主演 伊藤英明 ・ ヤバ妻役に木村佳乃

 

男と女の恐ろしき、極上心理サスペンス!!

 

「僕のヤバイ妻」

第5話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「僕のヤバイ妻」第5話あらすじ・ネタバレ

第5話ストーリー

強奪

焙煎した豆の中から、ついに2億円を見つけ出した幸平(伊藤英明)。

だが、後ろからスタンガンで横路(宮迫博之)に襲われる。

僕のヤバイ妻出典:http://www.ktv.jp/

横路が2億円を奪って行こうとした時、彼は目を覚まし二人は取り合いに。

バックを取り合って、2億円は床にバラ撒かれた。

 

「ここは仲良く最初の約束通りに、折半にしよう~」と、横路が提案する。

こんな関係はさ~と言いながら、隙を見つけてバックを奪って逃げて行く。

横路は、何処までも金に執着する男だった。

 

そんな時「幸平君、大丈夫?」と、愛人の杏南が駆けつける。

杏南は「やった~ついに2億円だー」と喜ぶが。

 

床に散らばった紙幣を数えていた幸平は「だめだ~9000万位しかないよー」

横路に半分持って行かれたと、杏南に告げる。

その時だった。

 

「幸平いるの~?」真理亜(木村佳乃)が店にやって来る。

「ヤバイ~金を隠さないと」慌てた幸平だが、再び気絶させされる。

咄嗟に判断した幸平は、俺を気絶させ金を持って逃げろと杏南に指示する。

 

やって来た真理亜に「焙煎しようとしたら誰かに襲われた」と、嘘をつく幸平。

焙煎した珈琲豆が散乱する中「あなたが無事でよかった~」と、真理亜は幸平を抱きしめる。

 

「大丈夫よー私が仇を取って上げるわ~」彼女はそう言い、手掛かりを探し出す。

ゴミ箱に捨てた宅配便の送り状を思い出す。

 

ゴミ箱は空になっていて、ゴミ置き場に行って探すが見つからない。

幸平は急いで2階の事務所に身を潜めていた、杏南(相武紗季)の元へ。

「ごめんねー痛かったでしょ~」彼女はそう言うが、金をばら撒いて浮かれ気分。

 

真理亜に見つかったら、横路は消される。

「緒方をやったのも、真理亜だーこのままだと自分たちも危ない~」

自分も金を盗んだと真理亜に知られる前に、杏南と海外へ逃げようと思いつく。

 

嘲笑う元刑事

その頃、真理亜は、珈琲豆を買った店に行き、横路が調べに来たことを突き止めていた。

自宅に帰り、玄関の大きな植木鉢に隠していた毒入りワインを取り出す。

「私の大切な物を奪う人間は、容赦なく潰す~」と心に決意する。

 

真理亜は復讐の準備に入る。

アドキシンを口にした人間は、12時間以内に臓器不全に陥り、命を落とす。

飴にアドキシンを塗り、この毒で2億円を取り戻す計画だ。

スポンサーリンク


 

一方、相馬(佐藤隆太)は、緒方(眞島秀和)の転落事件を調べていた。

防犯カメラの映像の中に、緒方が転落した日の朝、ビルから逃げる女の姿を発見する。

女が履いていたハイヒールから、杏南ではないかと推測する。

 

数時間後、真理亜は横路の事務所を訪れ「2億円返してください」と単刀直入に告げる。

宅配便の送り状の事や、市場の珈琲店での聞き込みのことなどを、横路に話す。

シラを切る横路だが「犯人を捕まえるには2つあるんだよー」

僕のヤバイ妻出典:http://www.ktv.jp/

決定的な証拠を示すか、脅して吐かせるか、君はどちらもできていない。

仮に僕が2億円を奪っていたとしても~

「元刑事の僕には勝てない~所詮、君は単なる主婦だー」横路は勝ち誇った様に真理亜に告げる。

 

「残念です~」そう言い、真理亜は辞退する。

横路は、真理亜が2億円を返せと、事務所に押しかけて来た事を、幸平に電話する。

「もしかしたら、幸平君の事もバレているかもよ~」と、横路は幸平を不安がらせる。

 

能面の魔女

営業を再開したカフェ「マスターピース」だが、幸平は横路からの電話で仕事所ではなかった。

彼は杏南を連れて、海外に逃げようと店を出ようとした、その時。

相馬ら刑事たちが立ちはだかる。

僕のヤバイ妻出典:http://www.ktv.jp/

「今日は彼女に用が合ってきましたー」相馬は杏南をじっと見つめる。

緒方が亡くなった時間、レンタルルームのビルから逃げていく、女性の画像を見せる。

この時間、杏南は自宅で寝ており、アリバイは立証されなかった。

 

事件は、緒方の遺書が決定的な証拠となり、記者会見で終焉したかと思われたが。

相馬は、緒方は誰かに消され、さらに誘拐事件も緒方の単独犯行ではないと見ている。

彼は、幸平と杏南が何かを隠していると、確証を掴んでいた。

 

相馬らが帰ると、幸平と杏南は急いで駐車場へ行き、金を持って逃げようとするが。

だが、またも障害が!!

 

真理亜が車に向かって歩いて来る。

「うぁーどうしよう~」慌てる幸平だが、私に任せて~と杏南は冷静だった。

「何処に行くの?」真理亜の顔は能面のようで冷ややかだった。

 

「得意先と打ち合わせに行きます」杏南はそう言い~

弁護士から渡された幸平との手切れ金100万円を「もう必要ありませんから」と言い、真理亜に返す。

「じゃーいってらっしゃい」と真理亜は車を見送る。

 

魔女は如何にして2億円を奪い返すのか、そして次のターゲットは….

一方、店では、夫婦で食事にきた和樹(高橋一生)が、なぜか杏南あてにこっそり手紙を残していた。

 

幸平は、杏南と車の中でホットしていた。

車のGPSの追跡装置の暗証番号を変えて、尾行出来ないようにする。

「いってらっしゃい~だって、もう二度と戻ってこねーよ」幸平は毒付いていた。

 

自宅にパスポートを取りに寄る。

テーブルの上に置いてある飴に目が止まる…

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top