ドラマ

『不機嫌な果実』第3話あらすじ・ネタバレと感想!

不機嫌な果実
金曜ナイトドラマ

『不機嫌な果実』

 

栗原千明市原隼人

スリリングでドロドロとした大人の愛憎劇!!

 

「不機嫌な果実」

第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「不機嫌な果実」第3話あらすじ・ネタバレ

第3話ストーリー

大人の付き合い

これ以上、夫・航一(稲垣吾郎)を裏切ってはいけない~。

野村(成宮寛貴)との不倫旅行の最中に航一への思いが込み上げ、別れを決意した麻也子(栗山千明)。

 

帰る~と言い出した麻也子に、お互い家庭がある事を分かった上での大人の付き合い。

「どうして帰るの~」野村は納得出来ない。

大人の付き合いなんだから、綺麗に後腐れなく別れたいの、と彼女は言うが。

不機嫌な果実出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

でもさ~今さよならしたら嫌な思い出だけが残るだけ~楽しもうよ~

野村にそう言われ、麻也子は拒絶しきれず愛し合ってしまう。

 

そんな頃、大阪に出張すると言いながら、航一は麻也子の友達・久美(高梨臨)と不倫をしていた。

久美には、夫に離婚届を突きつけられた悲しい思い出がある。

その時、夫と不倫していた女も一緒にいて、しかも女のお腹には子供もいた。

 

航一は、久美が麻也子の友達という事で相談に乗っていたが、やがて二人は男女の中へ。

そんな自分の行為は棚に上げて調査員を雇い、航一は麻也子の不倫の証拠を集めていたのだ。

 

翌日、麻也子にもう帰ろうと言われて、東京に戻って来た野村と麻也子。

「もう連絡しちゃダメなの~」未練がましい野村に「大人の付き合いだからね」と、麻也子はもう会う気もない。

「さよなら~」と麻也子は去っていく。

 

別れ間際に言われた「もう、僕に飽きちゃったんだ~」分かっていた事だが、野村に取ってはただの遊びに過ぎない。

子供が古いオモチャに飽きると、すぐ次のオモチャが欲しくなるように。

 

目撃

自宅に帰ると、航一は戻っていた。

「随分と早かったね~」と何も詮索しない航一。

 

デパ地下でお弁当買ったから、一緒に食べましょうと麻也子が言った時だった。

母・綾子(萬田久子)から、航一へ電話が入る。

 

え~箱根で~見たの?~麻也子も行ってたよ~

航一は、わざと麻也子に聞こえるように、母の言うことを声に出して聞かせる。

 

「え~どうしよう~まさか誰かに見られたのかな~」麻也子は動揺しながら耳を傾ける。

母さんの人違いだろう~

「まさか、お母様に見られるなんて、最悪だわ~」

 

その時、麻也子の携帯も鳴る。

玲子からだった。

「あなたもやるわね~見たわよ~」

不機嫌な果実出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

東京に戻って来て二人がいる所を、運悪く偶然に、友人の玲子(橋本マナミ)に見られてしまっていた。

スポンサーリンク


「久美は不倫にうるさいからばれないようにね~」

麻也子は玲子と会話していても、航一と綾子の会話が気になる。

 

「分かった~麻也子に確認して見るね」そう言い航一は電話を切る。

偶然に母さんも友達と箱根に行ってたらしい~

 

「見ちゃったんだって~」麻也子は心臓が凍りつく。

「清純派の阿部ひろみが、有名な監督と一緒にいる所を見たんだって」

監督は既婚だから、不倫だ~って大騒ぎしてるんだよ~

 

それで、麻也子も見たのかどうか聞いてくれって言われたんだよ~

「私は見てないです~」麻也子は取り敢えず、ホッとする。

まさか、不倫の証拠の写真を撮られているとも知らずに。

 

招かれざる客

その後、航一は調査員から報告書を渡される。

そこには、麻也子と野村の不貞行為(浮気)の詳細が書かれていた。

 

二人が映っていた写真もかなり撮られていた。

中には、キスしている写真も合った。

 

これだけで浮気の証拠としては十分にありますが、継続も出来ますが、と言われるが。

「これで十分結構です」と言った航一は、獲物を捉えた目になっていた。

 

そんな頃、麻也子は玲子から話があると言われ、久美が経営するワインバーへ行く。

店に入ると、野村が来ていた!

 

気まずい麻也子だったが、玲子の話しを聞いたらすぐ帰ろうと思っていた。

そんな中、突然若い男が店に入ってくる。

玲子の不倫相手だった。

 

「どうしても、もう会えないの」と男は玲子に迫ってくる。

「当たり前でしょ~最初から遊びで付き合っていたんだから」玲子はさらりと言う。

 

そんな時、野村が助け船を出す。

「君と一緒になっても、彼女のご主人と子供は不幸になるよね~」

それが彼女が望んでいることなのか?男が言葉に窮していると。

 

「不倫は大人の付き合いなんだよ~綺麗にあと腐り無くがルールなんだ~」

 

そう野村が言うと、男は出て行く。

やっぱ不倫は既婚者がいいわね~玲子は本音を口に出す。

 

玲子は男らしい野村が気に入ってしまい「不倫とかしたことありますか?」

「お互い家庭があるし、大人の付き合いが出来ると思うのよ」

一度私を試して見ませんか、と野村を誘惑する。

 

そんな二人を見て、麻也子は腹が立ってくる。

その時だった。

 

今度は、航一が店に入ってくる。

麻也子は、昔キャンペーンガールをやっていた時、お世話になったと、野村を紹介する。

 

航一は、調査書に乗っていた麻也子の不倫の相手が、野村だとこの時知る。

野村が勧めて、航一も一緒に飲むことになる。

麻也子が久美からグラスを受け取った時、さらに衝撃が走る~

 

密かに麻也子へ思いを寄せる、音楽評論家・工藤通彦(市原隼人)までもがやって来たのだ!

 

突然の事で、麻也子はワイングラスを床に落として、割ってしまう。

どうしてこう、次から次へと秘密の男がこのタイミングで来るんだろ~「私ってほんとに付いていない~」

不機嫌な果実出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

以前、通彦は久美から、麻也子が昔の友達と不倫している事を聞かされていた。

麻也子が野村と、テーブルの下で手を結んでいるのを見てしまう。

この男がそうなのか~彼はその時思った。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top