ドラマ

『グッドパートナー』第3話あらすじ・ネタバレと感想!

グッドパートナー
木曜ドラマ

『グッドパートナー』~無敵の弁護士~

竹野内 豊松雪泰子

 

スタイリッシュで抱腹絶倒なストーリー

ビジネスドラマ&ホームドラマ!!

 

「グッドパートナー」~無敵の弁護士~

第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「グッドパートナー」第3話あらすじ・ネタバレ

第3話ストーリー

顧客トラブル

猫田純一(杉本哲太)が手がけていたベンチャー企業「ヒューガクラウド」の上場案件に問題が発生する。

猫田は、咲坂健人(竹野内 豊)を伴い話を聞きにいく。

 

この会社は商品を動画で紹介する、ネットを使った通販で業績を伸ばしていた。

「ヒューガクラウド」CEOの日向俊矢(高橋光臣)は、経緯を説明する。

 

昨年、商品撮影用の収録スタジオを作った。

そこの機材導入から撮影編集まで請け負っているのが「サンデーメディアサービス」という会社。

この会社の経営母体が山堂組だったのだ。

このままだと上場審査は通らない。

 

この会社と取引したのは、銀座のクラブのホステスからの紹介。

本当は、そのホステスに日向が手を出してしまい、紐のような危ない男が現れた。

後ろめたい事もあり、その男の知人がビジネスパートナーを探していたという話に乗ってしまった。

 

「ヒューガクラウド」CEOの日向俊矢(高橋光臣)は、まさかこんな危ない企業を紹介されるとは思ってもいなかった。

 

日向は「サンデーメディアサービス」との関係を断ち切って欲しいと言うが….

猫田は、上場が困難だと判断し、この案件からは手を引きたがる。

咲坂も、一度関係を持ってしまったので、そう簡単には断ち切れないと判断する。

 

しかし、ボス・神宮寺一彦(國村隼)は、知人に頼まれて「ヒューガクラウド」の上場のお手伝いを引き受けていた。

「私の顔を潰す気なのか~?」問答無用でこの案件を成立させるよう命じられる。

 

フロント企業

取り敢えず「サンデーメディアサービス」にアポを取り、相手の様子を見に行く事にする。

「ヒューガクラウド」と「サンデーメディアサービス」が結んだ業務委託契約書を確認すると。

goo01出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

「反社会的勢力排除条項」というものがあり、相手に山道組との繋がりを認めさせれば、契約解除出来る。

まずは、この線で攻めてみるかと、咲坂は言う。

 

翌日「サンデーメディアサービス」を訪れた猫田と咲坂、そして熱海優作(賀来賢人)。

社長・滑志田吾郎(星田英利)に会い、契約解除を申し出る。

「ヒューガクラウド」との業務委託契約を終了させて頂きたいと告げる。

 

社長の後ろでは、用心棒見たいな男が睨みを利かしている。

「どういう事ですか、理由を教えて下さい~?」と、滑志田はさらりと言う。

理由は「ヒューガクラウド」さんが、経営上につき別の会社と契約したいと言っています~

 

咲坂はオドオドしながら言うが、社長の滑志田は納得しない。

そんな頃、、夏目佳恵(松雪泰子)が顧問先の社員・岸田英樹(横田栄司)からランチに誘われる。

神宮寺法律事務所のスタッフの間でその噂が広まっていた。

 

「契約解除に伴う清算金はお支払いします」と、咲坂が言うと、滑志田は賠償金も支払って貰いますと。

「サンデーメディアサービス」は、ヒューガクラウドのために高額な機材を購入し、スタッフも雇っていた。

スポンサーリンク


損害は数千万、億を超えるかも知れないと、滑志田は高飛車な態度に出る。

 

「それで手を引いて頂けるんですか」猫田は希望に満ちて言うと。

「何かうちが悪いことをしたような言い方ですね」

 

契約解除で、うちは倒産に追い込まれるかも知れません~

「そうなると、2億や3億でも賠償金は済みませんよ」そう言いながら、滑志田の顔は凄みが増してくる。

咲坂は奥の手を出して、相手を揺さぶる作戦に出る。

 

10年前の週刊誌だった。

その記事の中に山堂組の勢力図が出ており、そこに滑志田吾郎の名前が載っていた。

だが、滑志田は全く動じないで笑い出す。

 

御社が山堂組の関連会社だと聞いています~業界ではみんな知っていますよ。

「誰がそんな事言っているんですか?」滑志田は飽くまでも冷静だった。

これが契約解除の理由ですか~?

 

「名誉毀損、営業妨害で訴えますよ~」滑志田はそう告げて余裕の表情だった。

しかし、ついに滑志田は、撒き餌さに飛びついて来た。

 

「いんですか~そんな事言って~」

法廷では嘘は付けませんよ~咲坂は相手の急所を掴みにいく。

 

御社が山堂組と関係がある事が分かったら、損害賠償どころではないです。

契約解除を受け入れて頂けないなら、御社を徹底的に調べます~

「知り合いの検事に頼む事もできますよ~」咲坂は勝ち誇った様に告げる。

 

形勢逆転!!

滑志田の顔は、悔しそうに引きつった表情に変化していく。

 

盗撮写真

その後、咲坂と猫田、熱海は「ヒューガクラウド」に行き、経過状況を報告しに行く。

あの後、咲坂らは粘ったが、山堂組との関係を認めさせるまでには行かなかった。

日向がやって来て「上場は出来るのですか~」と。

 

大丈夫です~正体を暴く方法はいくらでもありますからと、猫田は余裕で応える。

「ヒューガクラウド」が上場出来ないと大変な事になる。

上場を見込んで、オフィースの引っ越し、30人以上の中途採用も決定している。

 

その後、咲坂の知り合いの警察関係者から「サンデーメディアサービス」について連絡が入る。

サンデーメディアサービスが山堂組のフロント企業だという噂はあるが、確証は掴んでいなかった。

警察や検察のブラックリストにも載っていない。

 

「どうすんですか~先方には証明出来るって言っちゃってますよ~」猫田は焦りまくる。

 

そんな時だった。

事務所に匿名の手紙が送られてくる。

 

中を開けると、娘・みずき(松風理咲)を盗撮した写真が!!

娘の携帯に電話すると、本人は家で勉強中だった。

今日は絶対に外に出るなと、みずきに念を押す。

咲坂と佳恵は、取り敢えず安心するが…

 

ボス・神宮寺一彦に相談すると、これは脅しだ。

これ以上「サンデーメディアサービス」の件にクビを突っ込むと、娘がどうなるかわからないぞ、という脅しだ。

 

写真に映っている娘・みずきの服装は、一昨日着ていたもの。

咲坂らが「サンデーメディアサービス」に行ったのは、一昨日の午前中。

あの日の午後、彼らは咲坂の娘を調べて、この写真を撮ったものと思われる。

 

「それだけ痛いところを突いて、相手を窮地に追い込んだと言うことだ」と、ボスは言う。

「みずきに何かあったら、どうすんのよ~」佳恵はヒステリックに喚き散らす。

 

咲坂はこの件から降りると、ボスに伝える。

「じゃ~俺も降ります~」と猫田はボスに言うが、おまえはダメだよ~と言われてしまう。

 

そんな時にも関わらず、猫田は婚活相手のプロフィールをパソコンで見ていた。

彼は独身なので婚活サークルに加入していて、毎月希望のお相手がメールで送られて来る。

ボスにパソコンの画面を見られてしまい、現実に戻れと怒られる始末だ。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top