ドラマ

『警視庁捜査一課9係 』season11第5話あらすじ・ネタバレと感想!

警視庁捜査一課9係
『警視庁捜査一課9係』season11

渡瀬恒彦 主演

 

伊東四朗さんがゲスト出演します。

本格群像刑事ドラマ!!

 

「警視庁捜査一課9係」season11

第5話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「警視庁捜査一課9係」season11 第5話あらすじ・ネタバレ

第5話ストーリー

Aのポーズ

若い女性に人気のヨガスタジオで、花形インストラクター・姫川マヤ(白羽ゆり)が亡くなる。

彼女はこのヨガスタジオの経営者で、ホットヨガの第一人者だった。

奇妙な恰好で亡くなっており、彼女が開発したヨガのポーズ「Aのポーズ」だという。

 

彼女は最近考え事が多く、悩んでいた見たいだ。

その他にもレッスン生の数も伸び悩んでおり、経営的にもあまり良くなかった。

マヤは毒物を飲んで、生涯を捧げた「Aのポーズ」を取って自ら命を絶ったのかと思われたが。

9k5wa1出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

ベテラン鑑識課員・猪狩(伊東四朗)の見立ては違っていた。

手に指紋があるように、足にも足紋がある。

 

被害者はマットの上では裸足だが、マットの周りの床には足紋がないし、指紋も付いていない。

犯人は、姫川マヤが自ら命を絶ったように見せかけて、命を奪った。

被害者が「Aのポーズ」を取っている事から、マヤの事をよく知る人物の犯行の可能性もある。

 

青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、マヤが開発した「Aのポーズ」は盗んだ物だと聞きこむ。

半年前、マヤと一緒にホットヨガを教えていた友人・蘭子(佐藤康恵)の「Aのポーズ」を盗む。

二人は揉めて、それが原因で蘭子はここを辞めていた。

 

蘭子は、事件の夜7時頃、スタジオの外で目撃されている。

スタッフと目が合うと逃げるように立ち去ったという。

 

倫太郎(渡瀬恒彦)は、猪狩や直樹(井ノ原快彦)とスタジオを調べている最中。

飾られていた地区大会のメダルが1つ足りないことに気づいた。

それは、マヤがはじめてもらった思い出の品らしい。

 

志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)が、マヤの婚約者であり、共同経営者でもある藤堂に話しを聞くと。

彼は事件当日、大阪に行っていたアリバイがあった。

 

青柳と矢沢は、蘭子に話しを聞きにいく。

9k5wa3出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

蘭子はマヤと喧嘩別れした後、フリーのインストラクターとしていろんな場所でヨガを教えていた。

彼女はマヤを恨んでいたが、私はやっていませんと否定する。

 

昨夜スタジオの外で目撃されたのは、その日の昼間にマヤから電話をもらっていた。

特に要件もなかったが、唐突に思い出話をされて気になったから、様子を見に行ったという。

犯行時刻の午前2時頃のアリバイはなかった。

 

2つの疑問

監察医の真澄(原沙知絵)の所見では、犯行時刻は午前2時~3時頃。

深夜何者かが、マヤをマットまで運んで、青酸性の毒物を飲ませた物と思われる。

そして犯人は、マヤに「Aのポーズ」を取らせた。

 

9係捜査会議

志保と村瀬の捜査で、藤堂はギャンブルで多額の借金を抱えていたことが判明した。

スポンサーリンク


スタジオの売却も考えていて、その事でマヤとは揉めていた。

 

藤堂が借金をしていた相手は、クリスタル金融という闇金。

そこの代表・尾崎からスタジオの売却もけしかけられていた事実を知る。

尾崎は過去に、青酸性毒物の事件を起こしていた。

 

藤堂は毒物を尾崎から入手したのでは~

だが、事件の夜、藤堂には大阪にいたアリバイがある。

しかし、藤堂と尾崎の体格と背格好はよく似ている。

 

尾崎が藤堂に成りすましホテルにチエックインする。

藤堂は大阪から引き返して東京に戻り、マヤの命を奪うことは可能だ。

「Aのポーズ」にしたのも、蘭子の犯行に見せかけるため。

 

そんな時、ベテラン鑑識課員・猪狩と監察医の真澄が入ってくる。

猪狩は、こんな物がスタジオの床から見つかったと見せる。

9k5wa4出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

「猫の毛」だった。

スタッフが外で猫を飼っている。

 

その猫の足跡を、マヤが亡くなったマットの近くで見つけたが。

なぜか、帰りの足跡しかなかった。

猫はどうやってマットまでいったのか??

 

今度は、真澄が疑問を投げ掛ける。

紫斑の位置がおかしいという。

「Aのポーズ」で亡くなっていたマヤの紫斑の位置になっていないと言う。

 

マヤは最初は違う恰好で亡くなり、4,5時間経過した後「Aのポーズ」を取らされたと考えられる。

最初のポーズを推測すると、右手を斜めに伸ばしたようなポーズになる。

なぜ、犯人は「Aのポーズ」に変えたのか?!

 

指を刺すポーズ

調べて行くと、藤堂が大阪のホテルでチェクインした時に書いた名前~

その筆跡が本人ではないことが明らかになる。

尾崎を張り込んでいた青柳と矢沢は、逃げようとした尾崎を連行する。

 

志保と村瀬は藤堂を取り調べていた。

藤堂の部屋からは、青酸性の毒物が見つかっていた。

尾崎は藤堂に渡したと自供している。

 

大阪のホテルで、藤堂に成りすましてアリバイ工作をした事も認めた。

「姫川マヤさんは、あなたがスタジオを売り払おうとしている事に気付いた」

 

だから、あなたは邪魔なマヤさんを毒物を使って命を奪った~

しかし「俺はやっていない~」と藤堂は否定する。

 

彼の言い分は~

たしかに始末しようと思って、東京に戻った。

マンションに行ったが留守で、深夜スタジオに行って見ると、彼女は毒を飲んで亡くなっていた。

 

しかも飾ってある俺の写真を指差していた。

このままだと疑われると思い、足カバーをして彼女に近づき「Aのポーズ」を取らせた。

 

「おまえは嘘を付いている」村瀬はキレる。

彼女は自から絶命した訳ではないんだよ~

9kakari5wa8出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

マットの周りには彼女の足跡が、一切ないんだ。

「どうやって、マットまでいくんだよ~」

「おまえが担いでマットまで運んで、そこで始末したんだろう~?」

 

取り調べを見ていた倫太郎は、マヤはどんな恰好で亡くなっていたのか、藤堂に聞く。

机をどかし、藤堂はそのポーズを倫太郎に見せる。

 

さらに倫太郎はおかしな事を質問する。

マヤが地区大会で優勝した時のメダルは知らないかと、それと猫は見ていないか?

どちらも藤堂は知らないと答えると、倫太郎は取調室を出て行く。

 

一体、倫太郎は何に気付いたのか??

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top