ドラマ

『99.9-刑事専門弁護士-』第3話あらすじ・ネタバレと感想!

99.9 刑事専門弁護士
『99.9-刑事専門弁護士-』

 

松本 潤 主演

残された0.1%の可能性を追求し難事件に挑む!!

今回は彩乃が活躍します。

 

「99.9-刑事専門弁護士-」

第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「99.9-刑事専門弁護士-」第3話あらすじ・ネタバレ

第3話ストーリー

窃盗事件

刑事事件専門ルームでは、深山 (松本潤) が 藤野 (マギー) の弁当を味見していた。

素材本来の味が出ていないといい、マイ調味料で味付けをすると抜群に美味しくなる。

そんな中、新たな案件が舞い込んでくる。

 

川口建設の金庫に常備していた非常用資金1,000万円が盗まれ、窃盗容疑で吉田果歩 (山下リオ)が逮捕される。

本人は無罪を主張しており、娘を助けて欲しいと母・冴子 (麻生祐未) から依頼があったのだ。

 

被告人が女性であることもあり、自分の実力を見せたい彩乃 (榮倉奈々) が担当したいと申し出る。

佐田 (香川照之) に了承され、彩乃が担当することに。

keiji3wa1出典:http://www.tbs.co.jp/

あいつは素材そのまんまだから、上手く味付けしてやれよと、佐田は深山にいう。

 

事件の概要を刑事ルームで彩乃が説明する。

川口建設の金庫に常備していた非常用資金1,000万円が盗まれた。

経理を担当していた吉田果歩が逮捕され起訴される。

 

金庫の暗証番号を知っているのは、社長(鶴見真吾)と専務、経理の果歩の3人だけ。

犯行当日、社長と専務は出張に出掛けていたので、金庫を開けられるのは果歩だけ。

keiji3wa4出典:http://www.tbs.co.jp/

家宅捜索で、果歩のカバンの中から金庫に入れていた現金の封筒が見つかり、自宅の押入れから現金1,500万円が見つかる。

 

本人は自分で貯めたと言うが、手取り18万の彼女が貯金しても届く額ではない。

そんな状況でも、果歩は無罪を主張している。

彩乃は深山と共に果歩の接見に行く。

 

冴子からの依頼で弁護を担当することになった旨を伝えると「お断りします~私には母はいません」と果歩は拒否する。

「あんな女に助けて貰いたくありません」といい接見室から出て行く。

 

暗証番号

彩乃は深山は。果歩の母親から話しを聞くために病院に向かう。

末期がんで余命1ヶ月の冴子は、果歩が小さい頃、夫と離婚し果歩は夫が引き取っていた。

夫が亡くなった後、彼女は児童養護施設に預けられる。

スポンサーリンク


 

冴子は再婚していたので、果歩を引き取りに行く勇気はなかった。

自分の余命がもうないと分かった時、果歩に母親らしいことを何一つしていない自分に気付いた。

 

児童養護施設に問い合わせ、今回の事件を知ったと言うことである。

果歩を助けて上げたい、最後くらいは親らしいことをしたいと、冴子は訴える。

 

深山は一人で、川口建設に聞きこみに行く。

現金が失くなったのに気付いたのは、出張の日の翌朝。

出張の日、会社を出る前確認した時は、合ったという。

 

社長は大阪、専務は栃木に出張に行っていた。

金庫は社判が入っているので、社長は毎日開けている。

専務と果歩は週一位だという。

 

社長が暗証番号を決めており、1ヶ月事に変更していた。

変更した暗証番号は、専務と果歩には直接教えていない。

 

5612と1247、4桁の数字2つを紙に書いて見せ、その場で足し算をしてもらい覚えてもらう。

この場合だと、足した数字《6859》が暗証番号となる。

金庫を開けて下さいと、深山はいう。

 

専務が開けてみたが、なぜか開かない。

何してるんだと、社長がやるとすんなり金庫は開いた。

 

深山は、果歩の私物を預かって事務所に持ち込む。

私物のほとんどは、大きい三角屋根の家が載っている雑誌ばかりだった。

深山は何を調べているのか…..

 

三角屋根の家

果歩の交友関係を調べていくと、2年前から彼女は風俗で働いている事実を突き止める。

深山と彩乃は、果歩が幼少期を過ごした児童養護施設に行き、彼女の過去を調べる。

果歩はいつも、大きい三角屋根の絵を楽しそうに描いていたことを知る。

 

将来、おかあさんと一緒に住む家だと話していた。

会社にあった果歩の私物の三角屋根の雑誌、幼少期に描いた三角屋根の絵。

果歩は、母親に会いたかったのではないか?

 

彩乃は果歩と接見し、三角屋根の家の話しをするが彼女は完全否定する。

「自分を捨てた母親になんか、会いたいわけないでしょう」

あなた見たいなお嬢さんに、私の苦しみなんかわからないわよ~

 

私はあの母親を絶対に許さない~

彩乃は言おうか迷っていたが、果歩に告げる。

 

「お母さんは余命1ヶ月です」

「ガンです~もう二度と会えないかも知れません」

 

「だから~何、私には関係ない~」と言いつつも、果歩は動揺を隠せなかった。

そんな時、彩乃は、果歩の母が彼女へ宛てた手紙を読んで聞かせる。

果歩は母からの手紙を聞き、涙を流して予想もしない事を言い出す。

keiji3wa2出典:http://www.tbs.co.jp/

「罪を認めます~」

「私がやった事にしてください」

 

果歩は、取り調べて罪を認めれば、早く出られると聞いていた。

裁判になり時間が長引けば、二度と母には会えない。

お母さんに会いたい~お願いしますと、果歩は泣きながら訴える。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top