ドラマ

『グッドパートナー』第2話あらすじ・ネタバレと感想!

グッドパートナー
木曜ドラマ

『グッドパートナー』~無敵の弁護士~

竹野内 豊松雪泰子

 

スタイリッシュで抱腹絶倒なストーリー

ビジネスドラマ&ホームドラマ!!

 

「グッドパートナー」~無敵の弁護士~

第1話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「グッドパートナー」第2話あらすじ・ネタバレ

第2話ストーリー

2つの案件

神宮寺法律事務所の顧問契約先「シンヨーメディカル」という会社が、元社員から不当解雇で訴えられた。

咲坂健人(竹野内 豊)と熱海優作(賀来賢人)がこの案件を担当することになる。

 

元社員・小西勝也(野間口徹)を解雇した理由は、1年間で契約を1件も取れず期待外れだったから。

自分から売り込んで来た小西の採用条件は、年俸1200万円の3年契約+インセンティブで契約した。

小西は契約も取らず、会社の金で飲み食いばかりで、その金額は500万を超えていた。

 

小西が言うには、契約を取るための接待費だと断言する。

小西の代理人・宮前克美(モロ師岡)は「労働契約法」に反する不当解雇だと言ってきた。

小西側の言い分はもっともで、熱海は勝ち目がないと判断する。

 

だが、咲坂は大事な顧問先である「シンヨーメディカル」の依頼を引き受けることにする。

さっそく小西の代理人・弁護士の宮前克美(モロ師岡)に連絡し、交渉を開始する。

 

一方、夏目佳恵(松雪泰子)と赤星元(山崎育三郎)は顧問契約先の「チドリ電工」の合併案件を扱っていた。

合意を目前にして、合併相手の「唐松物産」から白紙にしたいという申し出があった。

佳恵は「唐松物産」側の代理人に連絡し直接交渉を試みる。

 

「シンヨーメディカル」は医療機器メーカー、営業の仕事は病院を回り自社製品を売り込んでいくこと。

小西は採用面接で、自分は今までいた会社では営業成績はトップ、医師の先生も大勢知っているとアピールしている。

しかし、いざ採用して見ると取ってきた契約は1年間で0。

 

そんな咲坂の言い分に、宮前は反論する。

営業は種まきが重要で、成果はこれから出るはずだったのではと、言い返す。

goo2wa1出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

小西が接待に使った金額は500万を超えていた。

「小西さんは随分と種まきはしていたようですけどね~」と咲坂は相手の出た方を見る。

窮地に陥った宮前は「労働契約法」では、不当解雇です~と正論をぶつけて来る。

 

そして宮前は逃げ道も用意していた。

小西さんは首でもいいと言っています。

その代わり3年契約ですから「残り2年分の給与・2400万円を支払って下さい」と奥の手を出した。

 

そんな時、佳恵と赤星が現れる。

「何しに来たんだ」と咲坂が咎める中、私も約束が合って来たのよ~と佳恵は言う。

なんと「唐松物産」側の代理人も宮前だったのだ。

 

咲坂と佳恵は、別々の案件で同じ代理人と戦うことに…….!!

 

遊ばれる二人

ボスの神宮寺一彦(國村隼)は、絶対に勝ってくれよ~

「一人の弁護士に二人とも負けたりしたら、ウチはレベルの低い事務所だと思われる~」と咲坂と佳恵に発破をかける。

 

ライバル心剥き出しの二人は、自分の案件だけは負けまいと、お互いを牽制し合う。

そんな中、熱海が宮前のホームページをネットで見つける。

 

泣き寝入りはダメ~労働者の味方、人の良さそうなオジサンって感じが滲み出ていた。

赤星も宮前のホームページを見つける。

スポンサーリンク


こっちは、企業の味方弁護士~人員整理はお任せ下さい~

 

宮前はホームページを2つ持っていて、正反対の事を主張していた。

とんだコウモリ野郎だな~と九十九(大倉孝二)が毒づく。

節操がなく、金になればどちらでもいいって感じが受け取れる。

 

佳恵は宮前に電話して、そもそも合併の話を持ちだして来たのは「唐松物産」です。

話し合いの余地があるはずですと言うと「話し合いね~お待ち下さい」と保留で待たされる。

同時に咲坂も宮前に電話していた。

 

宮前は「こっちは裁判に持ち込んでも構いませんよ~」と告げると。

まずは話し合いましょうよ~と咲坂は穏便に行こうとする。

「夏目先生も同じ事言ってますよ~」保留にして、彼は佳恵と話す。

 

この合併が破談になったら「チドリ電工」は倒産するかも知れないんです。

宮前は「今、咲坂先生とも揉めているんですよ~」と保留にする。

goo2wa2出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

佳恵は事務所で咲坂を見つけると「邪魔しないでよ~もお~」

「そっちこそ邪魔するな~」と電話が通じた状態で二人は口喧嘩に!!

お互い電話に戻ると、両方とも切られていた~

 

面接得意男

そんなある日、咲坂は宮前を通さず、小西勝也と直接交渉する作戦に出る。

咲坂は、宮前の同僚と言って適当に誤魔化し、小西と喫茶店で会うことに。

小西は、宮前先生にすべてお任せしていますからといい、帰ろうとする。

 

「今日、四葉メディカル医療機器に行って来ました」咲坂は獲物を逃がさない。

四葉メディカル医療機器は、小西が以前勤めていた会社。

咲坂はそこで、小西の勤務態度を聞き込んでいた。

 

「シンヨーメディカル」の採用面接では、営業成績トップと豪語していたが、実際は違っていた。

小西は全然仕事しないし、挙げ句の果てには、給料泥棒と言われていた事実を突き止める。

そのことに触れても小西は動じない。

 

咲坂も次の手を出す。

最初だけいい顔して、入社したら仕事もしないで会社の金で飲み食いする。

首だと言われたら「労働契約法」を盾に先々の給料を受け取ったら逃げる。

 

「これ、あなたの常套手段ですよね~」小西を追い詰める。

 

だが「嘘ついて僕を呼び出して、随分とひどい事をいいますね~」またしても、彼は動じない。

「では、一人の人間として話します」といい、咲坂は弁護士バッジを外す。

 

小西さんがどうして働かないのか~興味があります。

その年齢で再就職先を見つけるのはかなり難しいです。

せっかく採用された会社を首になってもいんですか~

 

誰だって会社の金で飲み食いしたいですよ~

でもね、ちゃんと仕事をして結果を出して評価された方がいいでしょ~

家族がいたらこんな事出来ないですよね~

 

あ~独身ですか~

小西は、咲坂の毒舌トークに水をさす。

「簡単だよ~俺、面接得意だから、何処だって潜り込めるんだよ~」小西は言い放す。

goo2wa4出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

なるほど~あなたは詐欺師だ~咲坂は小西の発言に呆れ返る。

フン~と小西は鼻で笑い「法律は俺の味方なんだよ~」そう言い捨て席を立つ。

「あんな奴に2400万も払うのかよ~ふざけるな~」咲坂は怒りが込み上げてくる。

 

しかし、小西の言い分には正当性がある。

彼に何を言っても全く動じないし、動揺もしない。

咲坂は今後、どう戦っていくのか…..?!

 

その後、ボスの神宮寺一彦に、宮前からクレームが入る。

「お宅の弁護士は、勝手に私の依頼人と会うとはどういう事ですか~」

二度とこのような事は致しませんと、ボスは謝る。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top