ドラマ

『ドクターカー』ドラマ第3話あらすじ・ネタバレと感想!

ドクターカー
プラチナイト木曜ドラマ

『ドクターカー』

 

剛力彩芽 主演

絶体絶命を救え~エンターテイメントドラマ!

 

「ドクターカー」

ドラマ第3話のあらすじ・ネタバレを書いていきます。

 

スポンサーリンク

「ドクターカー」ドラマ第3話あらすじ・ネタバレ

第3話ストーリー

VIP患者

病院にドクターカーの緊急出動要請が入る。

家族からの連絡で、患者は意識不明の昏睡状態。

自宅に着くと患者の田宮はソファーに座っていた。

 

聞くと、ただの二日酔い~

 

本人は飲み過ぎただけと言っているが、妻がドクターカーを呼びつけたのだ。

患者のお爺さんはVIPで、地元の有力企業の会長でかなりの権力者。

ドクターカー出典:http://www.ytv.co.jp/

朝城勇介(中村俊介)は「会長にもしもの事があったら、この街、いやこの国の大きな損失になります」

大げさにヨイショして点数稼ぎをする。

念のため検査しますといい、ドクターカーで病院に搬送することに。

 

田宮をドクターカーに載せようとした時、病院からドクターカーに緊急出動要請が入る。

「建設現場で事故発生~重傷者2名~ドクターカー出動して下さい」

勇介は「患者を搬送中だと伝えろ」会長を優先する命令をする。

 

納得の出来ない天童一花(剛力彩芽)は怒り出す。

先生、緊急事態です~と伝えるが、勇介は「こちらも緊急事態だよ~おまえは患者を選り好みするのか?」

病気に重いも軽いもないんだよ~これが朝城病院の理念だ~と会長にアピールする。

 

一花の耳元で「ここでもし会長を降ろして何かあった場合、おまえに責任が取れるのか」と彼女を言い含める。

一花らは仕方なくリーダーに従う。

勇介はドクターカーの車内で会長に訴える。

 

ドクターカーは経費が掛かるので、廃止しろという声が多いんです。

それを何とか、僕は必要性を訴えて戦っているんです。

田宮会長は、わしに任せろと勇介に賛同する。

 

建設現場の重傷者2名は救急車で運ばれ、医師・安住紗那(笛木優子)が対応して処理した。

その後、勇介の思惑通りに、田宮から病院へ多額の寄付の申し入れがあった。

そんな勇介は、新たなプロジェクトを始めようとしていた。

 

ドクターカー待機室で、一花は草野(久保田磨希)に今回の件はおかしいと告げる。

朝城勇介は自分の事を正義の味方だと思っている~「あなたも退治されないようにね~」と草野は警告する。

 

新プロジェクト

ある日、一花はドクターカーを掃除していた。

ついに勇介のプロジェクトが始動した。

彼は地元の市議会議員・神蔵(小宮孝泰)や名士達を集めて、ドクターカーを見学させる。

車内に入り、見学している名士達に呼びかける。

 

一人でも多くの市民を助け、ドクターカーを存続させるには、皆様のお力添えが必要です~

ご支援頂いた方は、優先的にドクターカーをご使用頂けます~

病院長の田所(木下ほうか)は、寄付は税制上の控除を受けることも出来るとアピールする。

スポンサーリンク


 

そんな中、神蔵が医療機器を弄り回しているのを見て、一花は辞めて下さいと抗議する。

「なんだ~おまえ~この私が誰だか分かっているのか~」神蔵は権力をかざす。

「誰であろうと乱暴に触れて欲しくないんです」一花は動揺もせず言い放す。

ドクターカー出典:http://www.ytv.co.jp/

「無礼者~~~」神蔵は激怒し、帰ると言い出す。

慌てた勇介は「お待ち下さい~このものはすぐに首にします」

「おまえは首だ~すぐに出て行け」一花を睨んで言い捨てる。

 

神蔵や名士たちが帰る際。

「本当に申し訳ありませんでした~」と、勇介と一花、田所の3人は頭を下げてお詫びする。

寄付は前向きに検討するといい、彼らは帰っていく。

 

勇介は神蔵らが帰ると、一花に告げる。

「ああいう奴には適当に頭下げておけばいんだよ~」

神蔵は市議会議員で、父親が築いた地元の有名スーパーの二代目。

 

父親は人望が厚かったが、あいつはダメな男だ。

「いるんだよ~ああいうどうしようもない二代目が~」

一花は、おまえもそうだろうが~と言いそうになる。

 

自損事故

神蔵はいつもの様に愛人宅に向かっていた。

運転手の一ノ瀬は、腰の痛みを我慢しながらハンドルを握っている。

 

一花は、神蔵がドクターカーを見学に来て帰る時、一ノ瀬の腰の痛みが気になっていた。

心配になった一花は、神蔵の屋敷まで行き病院に来てくださいと告げるが。

そんな事したら、自分はこの仕事を失ってしまうといい、突っぱねられていた。

 

そんな忠告を無視していた一ノ瀬の腰は、痛みがついに爆発する~

痛みでハンドル操作を誤り、事故を起こしてしまう。

「何やってんだよ~おまえは~」と罵られる中、一の瀬は救急車を呼ぼうとする。

 

愛人宅に向かう途中、事故を起こして警察沙汰になるのはマズイ状況。

幸い軽症だったが、神蔵はドクターカーを呼べと命令する。

連絡を受けた勇介は、ドクターカーの出動を要請する。

 

メンバーは、患者が神蔵だと知ると「またお客さんかよ~」と愚痴をこぼしながら出動する。

現場に着くと、神蔵は首がちょっと痛いだけだった。

勇介は大事を取って、彼をドクターカーに搬送する。

ドクターカー出典:http://www.ytv.co.jp/

そんな時、一花は一ノ瀬の事が気になり優しく声を掛ける。

一ノ瀬をその場に残し、ドクターカーは病院に向かう。

神蔵は軽症で済んで車内で安心する。

 

警察や救急車を呼んで騒ぎになると、選挙前の私の名前に傷が付く~

この件はくれぐれも内密にしてくれと、勇介に釘を刺す。

一花は、一ノ瀬が運転中居眠りして事故を起こしたことを、神蔵から聞かされる。

 

まさか~居眠りではなく意識を失ったのでは~彼女はそう思うと。

もしかしたら、一ノ瀬さんは~

 

大動脈解離!!

 

大動脈解離とは・・大動脈の壁に亀裂が入り、壁が内膜と外膜とに分離されてしまう病気

症状は・・突然の激しい胸や背中の痛み、手足の動脈への血流が悪くなり、手や足の激しい痛みが突然に現れてくる。

どんな人に・・解離は、高血圧がある人に起こりやすいといわれている。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top