ドラマ

『ゆとりですがなにか』第2話あらすじ・ネタバレと感想!

ゆとりですがなにか
『ゆとりですがなにか』

岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥

 

笑いあり涙ありの人間ドラマ~アラサー男子3人の物語!!

 

「ゆとりですがなにか」

第2話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「ゆとりですがなにか」第2話あらすじ・ネタバレ

第2話ストーリー

罪悪感

駅で若いサラリーマンの人身事故に遭遇した正和(岡田将生)。

部下の山岸(太賀)が飛び込んだのと思い込み、焦りまくって大パニックに!!

 

正和は現場の駅に向かい、駅員に聞いて搬送された病院に向かう。

医者から、残念ながら間に合わなかったと聞かされる。

確認して下さいと言われる中、母親が確認しに来る。

 

そんな中、山路(松坂桃李)から携帯に連絡が。

正和は「どうしよう~部下が電車に飛び込んで、今亡くなっちゃったよ~」

え~~~山路は驚くが「テレビのニュースで見たけど、間違いないの?」と正和に聞く。

yutori2wa8出典:http://www.ntv.co.jp/

「絶対、山岸だよ~携帯も繋がらないし~どうしよう」と正和はオイオイと鳴いている。

そんな時、営業課の山岸の上司・早川(手塚とおる)からキャチが入る。

 

「見つかったよ~山岸、さっきフェイスブックが更新された」と彼は言う。

山岸は呑気に水族館にいた。

「嘘~~」と、ひとまず正和は安心する。

 

山岸は、正和からのパワハラによる苦痛を理由に辞職するという連絡をしていた。

それもLINEで、茜(安藤サクラ)や、上司の早川を含む関係者に一斉に流していたのだ。

 

そんな時、正和は亡くなった男の上司に間違われる。

母親がオイオイ泣く中、正和はどうしていいやら~

やがて、飛び込んだ男の会社の人間が来て、母親に次から次へと挨拶する。

 

彼らはマニュアル通りに対応している感じだが、一人だけ涙を流していた男がいた。

たぶん自分と同じ上司で、見ていて切なくなる正和だった。

山岸じゃなくてよかったと思う反面、罪悪感に襲われやり切れない思いだったと、山路に話す。

 

レンタルおじさんの正体

そんな中、山路は《レンタルおじさん》の麻生(吉田鋼太郎)と、まりぶ(柳楽優弥)が一緒にいる所を目撃したと話す。

スポンサーリンク


まりぶも《レンタルおじさん》を使っている。

そうなると、そこから個人情報が漏れたかもと、山路はいう。

 

なぜなら、最初にあの男に出会った時、山路の出身地やスキーの事を知っていたからだ。

《レンタルおじさん》は、まさか情報を売ってたりして、と不安が広がる二人は彼を呼び出す。

 

《レンタルおじさん》に会うと、彼はいきなり土下座する。

なんと、まりぶとおじさんは親子だった。

 

妻と離婚してからは会っていないが、たまに小遣いをせびりに来ていた。

その時、山路の個人情報が漏れたらしい。

なるほど~と二人は納得するが、もっと聞きたいです~おじさんの事がと、問い詰める。

 

おじさんの麻生は偽名で、本名は道上。

元不動産屋で、今は企業カウンセラーとレンタルおじさんに登録している。

息子の名前は、道上まりぶ。

yutori2wa2出典:http://www.ntv.co.jp/

まりぶも正和らと同じ年で、ゆとり第一世代だった。

道上おじさんは、これ受け取って下さいと、いくらか包んだお詫びのお金を渡そうとするが。

自分で方付けるので、彼の連絡先を教えて下さいと言っても、道上おじさんは教えない。

 

正和はエスカレートしていき、あんな奴クズですよ~俺達もクズです。

みんなクズだけど違うクズなんです。

ゆとり世代とかで括らないで下さいと言い残し、彼は去っていく。

 

サービス券を使う男

正和は山岸の件で、会社から呼び出されていた。

立会人は、茜と山岸の上司の早川だ。

ビデオカメラが回っていた。

 

正和は、山岸の営業マンとしての姿勢に、疑問を持つと話し始める。

問題は、誰も注意しない~出来ない~教育しない、そんなムードは良くない。

僕らもゆとり世代だが、叱られた経験のあるギリギリの世代。

 

しかし彼らは、叱られた経験がない。

叱られるための方法しか学んでいないので、叱られたら終わりなんです。

宮下から、次世代バッシングだ~と非難されるが。

 

取り敢えず、1週間ほど休んでくれと、早川から告げられる。

謹慎処分だった。

会社が何も対処していないと思われないように、形だけだからと。

 

正和は、彼女である、茜のマンションで落ち込んでいた。

そんな時、「鳥の民」から連絡が入り、まりぶが店長を呼べと居座っていた。

正和は慌てて「鳥の民」高円寺店に向かう。

 

まりぶは、正和からもらったサービス券を使い、焼き鳥2本とビール1杯で帰っていく。

その翌日も、翌々日もやって来る。

まさか、上げたサービス券100枚を全部使うつもりなのか…..

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top