ドラマ

『99.9-刑事専門弁護士-』第2話あらすじ・ネタバレと感想!

99.9 刑事専門弁護士

『99.9-刑事専門弁護士-』

 

松本 潤 主演

残された0.1%の可能性を追求し難事件に挑む!!

 

「99.9-刑事専門弁護士-」

第2話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

スポンサーリンク

「99.9-刑事専門弁護士-」第2話あらすじ・ネタバレ

第2話ストーリー

正当防衛

佐田 (香川照之)は朝から機嫌が悪かった。

斑目(岸辺一徳)が、自分のクライアントに刑事専門になりましたと、告げに廻っているのが原因だった。

 

もともと刑事事件は金にならないので、やる気がなく、朝から怒りに震えていた。

そんな中、刑事案件の依頼が。

 

もみ合いの末、口論となった男をナイフで刺し命を奪ってしまった山下一貴 (風間俊介) の弁護を担当することになる。

佐田、深山 (松本潤)、彩乃 (榮倉奈々)は東京拘置所に接見に行く。

keiji2waa1出典:http://www.tbs.co.jp/

事件の概要はこうだった。

 

山下は、たまたま立ち寄った居酒屋で大騒ぎをする 木内 (岡山天音) という男が気になった。

店中に響き渡るほどの大声だったので、店長も注意する。

すると「金なら払う~文句は言うな」と木内は聞き入れない。

 

周囲の客も帰りだした頃、木内は嫌がる女の子の店員の体をセクハラ行為し出す。

山下が見るに見かねて注意すると、外に連れ出される。

木内は逆上してポケットからナイフを取り出すと、切りかかってきた。

 

そして、もみ合った末に刺してしまった。

「これって、正当防衛ですよね」と山下は主張する。

 

深山は、相手が亡くなっている事を確認しましたかと、山下に尋ねる。

彼はしてませんでしたと、言う。

でも、あなたは警察に聞かれた時、刺して命を奪ってしまったと言っている。

 

確認もせず、なぜ亡くなったと思ったんですか?深山はさらに聞く。

怖さと怒りで、下から2回刺したので…..

その後、あなたが切られた傷痕を見せて下さいと、しつこく尋問する深山を見て、佐田は止める。

 

正当防衛を主張しているんだから、関係ない事を聞くなと、深山を怒鳴りまくる。

佐田が帰った後、いつもの様に、依頼人の生年月日から詳しく聞いていく深山だった。

 

食い違い

事務所に戻ると、深谷は、依頼人の供述を照らし合わせる作業に入る。

それは膨大な量だった。

パラリーガルの明石(片桐仁)、戸川(渡辺真起子)、藤野(マギー)らも手伝う事に。

 

朝までかかり、ボード一面に資料は張られていく。

深山は、資料を作りながら、山下の供述とは食い違うことを見つけ出す。

スポンサーリンク


 

山下は2回刺したと言っていたが、実際は5回だった。

刺し傷は、お腹に集中しており背中まで達していた。

正当防衛を主張するには、大きな問題となる。

 

山下が5回刺しているとしたら、積極的に相手の命を奪おうとしたと判断されるかも知れない。

被害者・木内が持っていた、現金が入った封筒も失くなっていた。

あまりにも不可解な事が多い今回の事件、深山は更に詳しく調べていく。

 

居酒屋への聞き込み、周囲の聞き込みなど、深山はまるで刑事のように動きまわる。

収穫がない深山は、視点を変えて、被害者木内の故郷である静岡を訪れる。

木内が卒業した高校での聞き込みで、彼は卒業した後、事件を起こしていた。

 

女性を暴行した事件で、示談が成立し保護観察に。

加害者の山下は、沼津出身で2年前までこちらにいたことが明らかになる。

そんな中、佐田に来客が。

 

クライアントの一人である、朝霧インターナショナルの会長・朝霧慶一郎(国広富之)

そして事件の被害者・木内は、朝霧の孫だった。

朝霧は、一刻も早くこの事件を終わらせて欲しい。

 

ただ、この事件を調べまわっている弁護士がいると告げる。

佐田は深山に電話して、すぐに戻って来いと言うが、彼は全く聞き入れない。

 

圧力

深山と彩乃は被害者の女性に会いに行くことに。

母親に会い、事件の話しを聞いて見る。

裁判になると長引くし、結婚が近かった娘の事を考え、示談で済ませた。

keiji2waa6出典:http://www.tbs.co.jp/

だが、示談成立後、娘は自ら命を絶ってしまった。

被害者の娘は、乱暴された写真を撮られていた。

裁判になると、証拠としてその写真が大勢の目に触れて公になる。

 

それが嫌だったら示談にしろと、弁護士から言われている。

犯人は二人いたと娘は訴えていたが、警察は信用しなかった。

深山は、山下の写真を見せると、彼は被害者である娘の婚約者だった。

 

木内が襲った相手は、山下の婚約者だった。

 

山下は婚約者の復讐のために、計画的に犯行に及んだと考えられる。

正当防衛は嘘になる。

さらに犯人は、木内の他にもう一人いる。

 

なぜ、警察は木内一人の犯行だと断定したのか?

 

とんでもない圧力がかかって、もみ消されたのかも知れない。

深山は、朝霧から事件への圧力がかかっていることを知っていた。

朝霧インターナショナルは、大口のクライアントで経済界のドン。

 

「この事件の事実を明らかにしても、依頼人の利益にはならない」

とにかく余計な事をするなと、佐田は忠告するが。

「僕には僕のやり方しか出来ません」と、深山は動じない。

 

そんな時、佐田は朝霧から呼び出される。

これ以上手を引かないなら、おまえの弁護士事務所も圧力掛けて潰すぞと、脅される。

佐田は、斑目に相談して、深山を止めて下さいと言うが…..

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top