ドラマ

『火の粉』ドラマ第4話あらすじ・ネタバレと感想!

火の粉
オトナの土ドラ

『火の粉』

ユースケ・サンタマリア 主演

 

スリリングな謎解き心理サスペンス!!

 

「火の粉」

第4話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「火の粉」ドラマ第4話あらすじ・ネタバレ

雪見(優香)は、流産していた知られたくない過去を暴かれた。

そして、まどか(庄野凛)への虐待の嫌疑や浮気の疑いを掛けられ、家族から四面楚歌へ。

 

梶間家に入り込んだ狂気は、勲(伊武雅刀)や尋恵(朝加真由美)、夫・俊郎(大倉孝二)、まどか達を完全に取り込んだ。

家族は、もはや武内(ユースケ・サンタマリア)の《しもべ》になってしまった。

 

勲から「しばらく距離を於いて、夫婦の事やまどかの事を考えてみるべきだ」の一言で、異分子である彼女は追い出された。

すべては、武内の巧妙な心理作戦と緻密な計画なのか…..?!

 

第4話ストーリー

おもてなし

梶間家を追い出された雪見は、パート仲間のシングルマザー・琴音(木南晴夏)のもとに身を寄せる。

彼女は心よく受け入れるが、雪見が家を出た理由を、なぜか聞いてこない。

バツ一だから、なんとなく分かるわよ~と琴音は言う。

 

琴音が、武内に取り込まれているとは知らず、雪見は見えない不安を感じる。

そんな頃、武内家では、勲や尋恵・俊郎・まどかの梶間家の面々を招いていた。

hi4wa1出典:http://tokai-tv.com/

ようこそ我が家へと、武内は嬉しそうに豪勢な料理を振舞う。

あれっ、雪見さんは?と武内が白々しく聞くと。

実家の母親が体調を崩したので、しばらく実家にと、勲が慌てていう。

 

武内の家は、高価な調度品が飾られオシャレな家具などで、俊郎は羨ましがる。

こんな素敵な家に一人では持ったいない、誰かお相手はいないのと、尋恵が聞くと。

 

彼は、気になる人がいると言う。

明るくて優しく共通の趣味もあり、一緒にいると気が落ち着くんです。

まだ、どうなるか分からないのでと、彼は言葉を濁す。

 

そんな中「そんなに長居は出来ないので~」と勲がビールのお替りを断ると。

「お口に合いませんでしたか~」と突然、武内の顔色が変わり勲を睨み付ける。

 

しまった~と思った勲は、すぐに空気を読んで「じゃ~頂きます~」と、武内のご機嫌を取る。

《しもべ》は従順でなければいけないのである。

 

カードの暗示

一方、琴音のもとに身を寄せながら、雪見は蕎麦屋のパートは続けている。

ある日、琴音は気になる人がいるので、お客さん(酒井若菜)からタロットカードで占ってもらっていた。

 

今年の上半期は、恋愛運が好調とカードは示す。

その人と出会うために、今があるかも知れないと言われ、琴音はルンルン気分だった。

雪見は、琴音が武内と付き合い初めた事を知り、愕然とする。

 

「あなたもどうですか~」と雪見は勧められて、タロットカードで占ってもらうことに。

すると~

今、あなたは苦しい時です~長年掛けて積み上げた来たことが、崩れようとしています~

でも、あなたの力になってくれる人が、すでに傍にいます~その人に頼れば、運気は回復していきますよ~》

 

そう言われた雪見は、思いを巡らす。

その後、雪見は池本(佐藤隆太)に会う。

 

池本は、雪見が家を追い出された原因は、彼女にあると言う。

雪見が武内を邪険にした事で、邪魔者である彼女は排除されたのだ。

武内が来る前は、梶間家は平和だった。

hi4wa2出典:http://tokai-tv.com/

「あの頃に戻りたい~」と雪見は呟く。

「大丈夫~戻れますよ」

池本は、そう言うと。

 

あなたの実家から日記が盗まれた件と、水子地蔵の件は、こちらで調べます。

武内がやった証拠が掴めれば、あなたの誤解は解けます。

あいつを警察に突き出してやります。

 

「一事不再理って知ってますか?」と彼はいう。

同じ罪では二度裁かれない、刑事訴訟上の原則。

無罪判決が出た武内は、3年前の事件ではすでに裁くことは出来ない。

 

しかし、武内が今でも犯罪に手を染めていれば、裁くことは出来る。

池本は、3年前、武内によって命を奪われた妹達の無念を晴らしたかった。

その執念だけが、彼を突き動かしていた。

 

あなた方家族を守りたい~

もう一度詳しく雪見が追い出された話をして下さいと、彼は言う。

その時、雪見の携帯に勲から電話が入る。

スポンサーリンク


 

私も言い過ぎたので、心配になって電話したと勲は言うが。

彼が心配していたのは、他にあった。

「まさか、あの男が近づいていないだろうね」と、池本の事を言い出す。

 

もし、池本が近づいて来ても、絶対に相手にしないように、と勲は釘を刺す。

俊郎達の事は、私が説得するからと、餌を投げて雪見に言い聞かす。

 

電話を切ると、雪見の態度は豹変する。

勲の餌に食いついた雪見は、梶間家の問題ですからと言い、その場を去っていく。

 

白かグレーか

勲は、尋恵と俊郎に「雪見さんを家に戻してやってもいいだろう」と、話す。

二人はまだ早いと言うが、このままだとまどかのためにも良くない。

もう一度、雪見さんと話し会ってくれと、説得する。

 

その後、勲は雪見と会うことに。

家に戻って来なさい~、尋恵と俊郎はもう一度話がしたいと言っている。

勲がそう言うと、雪見は感謝して頭を下げる。

 

お互い非を認めて、謝り合えば理解される~君も十分反省しただろうし。

だが、雪見は話がおかしい事に気付く。

 

「なんで私が謝らなければいけないんですか~」

「私は虐待も浮気もしていなく、誤解なんです」

 

謝ったら私が悪いことを認めた事になる。

雪見は、食いついた餌が《擬似餌》だった事に気付く。

hi4wa3出典:http://tokai-tv.com/

勲は「真実はともかく、君が家に戻ってくることがなによりなんだ」と、苦し紛れの弁解をする。

「元裁判官とは思えない言葉です」と彼女は呆れる。

 

とにかく「私は謝るつもりはありません」と雪見は言い放す。

雪見は今までずっと心に引っかかている事を、勲に聞く。

 

それは、どう思って武内に無罪の判決を下したのか~

確実に白なのか~グレーだが立証出来ないから無罪にしたのか?

武内は、一度犯行を自白している。

 

それなのに、なぜ!!

 

武内は無罪で、白もグレーもない。

自白したのは、警察の取り調べが過酷で、楽になるためにしたもの。

武内は、典型的な冤罪のパターンだと、勲は告げる。

 

雪見は、勲が武内と意識して距離を置いていると感じている。

「ほんとは、何となく怪しいと思っているんでしょ~」と誘導してみるが。

 

何の疑いもないと勲は言うが、核心を突かれた内心では動揺していた。

武内とは、元判事と被告人で、距離を置く必要がある。

それ以上でも以下でもないと、彼は断言する。

 

狂気の原因

雪見は、蕎麦屋でパートの仕事をしていた。

そんな中、池本から電話が入る。

彼に会うと、雪見の無実を証明できるかも知れないと。

 

池本は都内の石材店を調べて、発注先を調べあげていた。

武内だった~

武内が発注したものと、梶間家の墓に建てられた水子地蔵は同じものだった。

 

「これで奴の化けの皮を剥がせる」と、彼は意気込む。

 

一方、琴音は子供と一緒に、武内の家に遊びに行っていた。

そんな中、一通の手紙が。

差出人は、的場洋輔~武内の事件で亡くなった被害者だった。

 

中身を開けると《俺の命を奪ったのは、おまえだ~素直に認めろ》

その後、次々に武内の家に嫌がらせの手紙が届く~

 

その後、自らの潔白を証明したい雪見は、梶間家を訪れる。

武内の正体を家族に暴くため、池本も一緒だった。

池本は語り出す。

hi4wa4出典:http://tokai-tv.com/

「あなた方は、武内の本性を知らない」

あいつが、異常なまでに親切なのは、自分の居心地いい場所を作るため。

「自分に取って邪魔な人間は、排除する」

 

自分になびいた相手でも、自分の行為が無下にされると逆上する。

武内はそういう人間で、2年前の判決は間違っていたんですと、池本は訴える。

肝心の勲は外出して、その場にいなかった。

 

尋恵や俊郎は、勲が下した判決を信じている。

「今更、終わった判決の事を言われても力になれません」と言うが。

池本は、あなた方に警告しに来たと、告げる。

 

黙って聞いていた雪見が言い放す。

「私がこの家を出るようになったのは、すべて武内が仕組んだ事」

 

うちの墓に水子地蔵があったことや、実家から日記が無くなったこと。

俊郎の前の会社の社長の失踪、マキコ叔母さんの音信不通、お婆ちゃんが亡くなったこと。

「全部~武内の仕業なのよ~」

 

雪見は言い捨てると、尋恵はいい加減にしなさいと怒り出す。

「あなたの偏見じゃないの~」と、しもべは簡単には動じない。

俊郎は、こんなに言われて黙ってられるかっと、本人を交えて話そうと言い出す。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top