ドラマ

『僕のヤバイ妻』第1話あらすじ・ネタバレと感想!

僕のヤバイ妻
『僕のヤバイ妻』

主演 伊藤英明 ・ ヤバ妻役に木村佳乃

 

男と女の恐ろしき、極上心理サスペンス!!

 

「僕のヤバイ妻」

第1話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「僕のヤバイ妻」第1話あらすじ・ネタバレ

第1話ストーリー

思い出のワイン

望月幸平(伊藤英明)は、資産家令嬢の真理亜(木村佳乃)と結婚する。

そして、彼女の両親の遺産を元手に夢だったカフェをオープンし、誰もがうらやむ生活を送っていた。

僕のヤバイ妻出典:http://www.ktv.jp/

しかし、優しくて控えめな理想の妻だが、彼は家庭に息苦しさを感じていた。

妻への愛情は冷めきっており、じんましんが出るほど受け付けない所まで来ていた。

 

ある朝、幸平はカフェを立て直すため真理亜に追加融資を頼むが、彼女は返事を保留する。

幸平は、カフェ「マスターピース」で料理長として働いている北里杏南(相武紗季)と、愛人関係だった。

杏南に追加融資を断られた事を話すと、彼女はベッドの中である物を渡す。

僕のヤバイ妻出典:http://www.ktv.jp/

それは《アドキシン》

 

漆豆から抽出されるアドキシンは、体内に入ると毒素が細胞を破壊し臓器不全を起こす。

2日ほどで、亡くなるというもの。

この毒がすごいのは、ほぼ間違いなく病気で亡くなったと判定されること。

 

2mgの摂取量なら、たとえ病理解剖されても原因は特定出来ない。

赤ワインに入れるのがいいかもと、「もう、覚悟を決めて」とそう杏南は言い、真理亜を始末する事をそそのかす。

 

意を決した幸平は「夫婦の思い出のワイン」に毒を混入し、帰宅する。

車を車庫に入れると、怪しい車が自宅を監視していたが、彼に見つかると、車は走りだす。

 

玄関のカギは開いていた。

中に入ると玄関ホールに《おびただしい血が》!!

真理亜は何処にもいなかった。

 

ダイニングテーブルの上に

「2億円用意しろ。警察に連絡したら妻の命はない」とメッセージが。

差出人は、N31。

 

妻は何者かに誘拐されていた…..

 

誘拐

幸平の通報で、警視庁捜査一課の警部補・相馬誠一郎(佐藤隆太)と巡査・矢吹豊(浅香航大)がやって来る

彼らは特殊班で、誘拐事件専門のチーム。

身なりや車は、水道業者に偽装して幸平の自宅にやって来た。

 

現場検証をする中、流しに2つのマグカップがありココアの残りが。

幸平は飲んではいなく、来客があったのか?

 

「最近、奥様に何か変わった事はなかったですか」と聞かれるが。

ネイルを変えた位ですと、幸平は応える。

帰宅されたのは、夜中の0時だが、店の閉店は夜の8時。

 

「閉店後はどちらに」と相馬は確認してくる。

店で一人で珈琲の焙煎をしていたと告げるが、相馬は幸平を怪しんでいる様子だ。

そんな時、鑑識が毒を入れたワインを手に取っている。

 

慌てた幸平は、そのワインは妻にプレゼントするために買いました。

思い出のワインなんです。

「奥様が戻られたら、一緒に飲んで下さい」と言って、そのワインを渡してくれる。

 

危ない所だった~調べられたらすべてが終わりだ。

相馬は、各部屋を見回し、特に荒らされている様子が無い事を確認していく。

犯人から連絡があるかも知れない。

 

着信があったら声を掛けますからといい、幸平の携帯を取り上げる。

「ここからは長い神経戦になります」幸平に休んでいて下さいと、相馬はいう。

 

相馬は、妻が誘拐されたのに、夫に何か不自然なものを感じていた。

事件を疑う中、夫にアリバイを確認したのに、彼は他人事のようだった。

下駄箱の中を見ると、幸平のジョギングシューズがないことを、相馬は確認する。

 

幸平は呑気にシャワーを浴び、部屋でくつろいでいた。

このまま、金を払うこともなく犯人が捕まり、真理亜が亡くなる事を望んでいた。

 

公開捜査

翌朝

着信はありませんでしたといい、相馬は携帯を返してくれる。

簡易判定だが、血痕は妻のものである可能性が高いと告げる。

 

食器棚を見ると、来客用のカップはたくさんある。

なぜ、妻は夫のカップを使ったのか?

それを使うような相手に心あたりは?と聞かれたが、幸平には分からなかった。

 

そんな時、向かいに住む噂好きの鯨井有希(キムラ緑子)・和樹(高橋一生)夫婦が訪れに来た。

うちのポストにお宅の郵便物が入っていました。といい手渡される。

 

差出人はN31。

彼は慌てて相馬に渡す。

 

中を開くと、

「警察に連絡しましたね。お望み通り、あなたが愛していた妻は亡くなりました」

メッセージと一緒に、血の付いた真理亜の爪も入っていた。

 

妻のものですと、幸平は愕然とする振りをする。

犯人のN31は、世間の注目を集めるためか、マスコミに誘拐事件のことを伝えていた。

よって、警視庁上層部は公開事件に切り替える。

 

誘拐事件が公開されると、望月邸にはマスコミが殺到した。

本格的な鑑識調査も始まり、ラジオ・テレビでも誘拐事件のニュースが流れる。

そんな中、自らの手を汚さず望みが叶った幸平は、一人ほくそ笑んでいた。

スポンサーリンク


 

幸平は、家にいてもしょうがないので、店に向かう。

そんな頃、幸平が金に困っていた事を、刑事が突き止める。

 

相馬は、2億も用意できるのになぜかと聞くと。

預かった預金通帳は妻・真理亜の名義で、すべて彼女のもの。

真理亜は遺産相続で、5億円相続していた。

 

幸平は広告代理店に勤務していた。

真理亜の遺産が入ると会社を辞めて、カフェを立ち上げた。

遺産を自宅の購入と開店費用に使っていた。

 

だが、店の経営状態は悪く自転車操業が続いていて、毎月の資金繰りに苦労している。

相馬は、それを聞いて「やっと見えて来たな~」と目を輝かせる。

 

一方、幸平は店の事務所で、愛人と祝福の乾杯をしていた。

「これで、遺産はすべて俺のもの~」

 

綻び

捜査本部内

鑑識のDNA鑑定の結果、送られてきた爪は、真理亜のものだった。

手紙は昨夜投函されたと思えるが、目撃情報はない。

 

通報してきた幸平が、犯人である可能性もある。

一同が驚く中、

彼の車から、微量だが血痕を採取している、今鑑定中だと、相馬は報告する。

 

相馬は、幸平を呼び出す。

あなたは、ジョキングシューズを持っていますよねと写真を見せる。

実は、このシューズの靴跡が見つかったんです。

 

場所は玄関を上がったすぐの床からで、一部消えている。

サイズはあなたの靴と一致します。

「シューズクローゼットから、あなたの靴は消えていました」

 

幸平は、誰かが僕の靴を履いて、妻を襲ったんです。

彼は動揺しながら言うが、今日は結構ですと帰される。

 

相馬は、幸平から女の香水の匂いを嗅ぎ取り。

「嫁さんが亡くなっているかも知れないのに~飛んでもないクズかも知れない」と吐き捨てる。

 

自宅に帰り、シューズクローゼットを確認すると、たしかに靴はない。

誰かが俺を犯人に仕立てあげようとしているのか?

そんな疑心暗鬼が、幸平の頭をかすめる。

 

その時、杏南から電話が。

彼女は「早くテレビを付けて~」と。

テレビでは、近所に住む鯨井有希が、大勢のマスコミに囲まれている。

 

マイクに向かって「真理亜さん、旦那さんが浮気してるかも知れない」って悩んでいたんです~

え~~幸平は愕然とする!!

電話の向こうの杏南は、「なんでバレてるのよ~」とキレまくり。

 

「私の事は警察に言ってないよね~バレたら私たちは終わりよ~」

アドキシンをワインに入れた事を知ると「早く捨てて~」と叫ぶ。

 

これからは私と距離を取って、電話やメールもダメよ。

履歴もすべて消して~と杏南は幸平に告げる。

 

一方、相馬がいる捜査本部もテレビを見ていた。

これで、嫁を消す動機がまた一つ増えたといい、相馬はテレビを睨みつける。

 

謎の男の正体

焦った幸平は、元・義兄で興信所を経営する横路正道(宮迫博之)に相談に行く。

「君がやったの?」

妻が亡くなって一番得をするのは、遺産が入る君だと横路はいう。

 

「僕はやっていません、信じて下さい」と、幸平はいう。

浮気していることは、彼は認めた。

元刑事だった横路は、それとなく事件の事を昔の仲間に聞いて見ると。

 

幸平が容疑者としてダントツ候補で固いと、告げる。

 

どうすればいいですか?と彼は聞くと。

真犯人を見つけるしかないよ~

事件の日、来客がいて、そいつは僕のマグカップでココアを飲んでいたんです。

 

「たぶん、そいつが犯人です」と幸平は必死に訴える。

そんな中、興信所のビルを監視する男がいた。

その男は、前に幸平の家を監視していた男だった。

 

幸平はビルを飛び出し、男を追って捕まえる。

男は、緒方彰吾(眞島秀和)で真理亜の美大時代からの後輩だった。

「おまえか~俺のマグカップを使ったのは~」

 

俺は、あなたが想像しているようなゲスな事はしていない、浮気の相談を受けていたんだ、と彼はいう

真里亜は、幸平と杏南が浮気していることは気付いていた。

彼女は、息苦しかったかも知れない、私にも原因があると。

 

真理亜は、杏南が遺産目当てで幸平に近づいて来たのではと、心配していた。

「あんたは真理亜さんの事を何も分かっていない」

幸平が杏南と会っていたことも知られていた。

 

「あんた見たいな男に、真理亜さんを愛する資格はない」と彼は吐き捨てる。

幸平は自責の念に駆られていく。

 

罪の意識

そんな時、幸平は、妹の香織から呼び出される。

真理亜は、幸平の実家の母が寝込んだ時、クリーニング店を営む店を手伝ったり、看病もしていた。

幼い娘の面倒を見たり、プレゼントまで持って来たり、ちょくちょく顔を出していた。

 

「あんなによく気が付くお嫁さんはいないよ」と香織は真理亜の事を褒めまくる。

香織の娘・楓は、真理亜からある物を預かっていた。

もし私が先に亡くなったら、これを幸平に渡してと、楓は彼女と約束していた。

 

それは何かの鍵だった。

 

自宅に戻り、鍵の付いた引き出しを探すと、真理亜の部屋で見つける。

引き出しを開けると、分厚いBOOKが。

 

それはレシピだった。

 

真理亜が、幸平のために今まで作った料理が書かれている。

各ページには料理の材料と作り方、幸平の評価と真理亜の感想が綴られていた。

彼はそれらを1ページづつ見ていくと、次第に涙が浮かんでくる。

 

真里亜は俺のために、こんな事までしていたんだ~。

と、感じると同時に、猛烈な罪の意識に苛まれていく。

 

そんな矢先、幸平の車から検出した血痕は、真理亜の物と一致する。

幸平は、真理亜を誘拐した重要参考人として、連行されていくことに。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top