ドラマ

『ゆとりですがなにか』第1話あらすじ・ネタバレと感想!

ゆとりですがなにか

『ゆとりですがなにか』

岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥

 

「ゆとり第一世代」~アラサー男子3人の物語!!

 

「ゆとりですがなにか」

第1話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「ゆとりですがなにか」第1話あらすじ・ネタバレ

第1話ストーリー

ゆとり第一世代

食品会社「みんみんホールディングス」に勤める坂間正和(岡田将生)は《ゆとり第一世代》と呼ばれる29歳。

マイペースな彼も、30歳を前に悩みが増える毎日だった。

 

そんな中で、入社2年目の後輩・山岸(太賀)は《ゆとり第一世代》の正和にも理解できない超マイペース。

彼は飲み会があっても、だるいですよね~と参加しない。

最近正和は、そんな後輩に振り回されてばかりいた。

 

さらには、会社が営業不振のため、本社勤務から系列の居酒屋チェーン「鳥の民」へ出向を命じられる。

彼の悩みがまた一つ増えて、ストレスはたまる一方だ。

 

ある日、正和はバスの車内広告を見て連絡する。

派遣サービス「レンタルおじさん」の麻生(吉田鋼太郎)に相談し愚痴をこぼしていた。

yutori1wa4出典:http://www.ntv.co.jp/

だが、時間が来てしまい、延長したいが次の常連客の教師・山路一豊(松坂桃李)が来ていた。

山路はオイオイ泣きながら、愚痴をこぼして麻生を困らせる。

元々山路は言うだけ言うと、いつもそれで満足して帰ってしまうのだ。

 

バス停で山路とバッタリ会った正和は、レンタルおじさんの話で会話が始まる。

正和は、自分の送別会を欠席して、レンタルおじさんの元へ愚痴をこぼしに来ていた。

今度良かったらと、店のサービス券を渡す。

二人は、同い年の《ゆとり第一世代》だった。

 

正和は、1987年東京生まれで坂間酒造の次男。

実家暮らしで、母・坂間和代(中田喜子)と兄・宗貴(髙橋洋)、

その嫁・みどり(青木さや)、妹・ゆとり(島崎遥香)の5人で暮らしている。

 

実家の坂間酒造は、父が亡くなった後は兄・宗貴が継いでいた。

一方、山路は1987年福島生まれで、阿佐ヶ谷南小学校4年2組の担任教師。

教育実習生として、彼のクラスに佐倉悦子(吉岡里帆)が来ていた。

 

彼女に教育の仕方などをアドバイスするが、中々聞き入れてくれない。

話についてこれないのか、彼女は動揺して泣き顔になる。

それ見ていた他の教師は、これはパワハラだと、ヤジを飛ばす有様だ。

 

戦力外

「鳥の民」高円寺店で、店長として働き始めた正和は、慣れない仕事で失敗ばかりで、仕込みもろくに出来ない。

運悪く、同期のエリアマネージャー・宮下茜(安藤サクラ)店舗調査で高円寺店にやって来る。

正和は、彼女にも叱られてばかりで、何をやっても上手く行かない。

 

そんな中、店長として初めてのお店が開店。

カウンターに立つが、焼き鳥もろくに焼けずに塩・タレ間違えて、全く戦力にならない。

もう、頼むから何もしなくていいからとバイトリーダー・村井(少路勇介)に叱られてしまう。

スポンサーリンク


 

そんな時、正和の店に山路ら教師達が飲みに来る。

もう散々な目に会い嫌気がさす中、店は閉店する。

正和は、割ったジョッキ代、廃棄した料理代、合計2万円払わされる。

 

店を締めて帰ろうとすると、階段の下で山路が待っていてくれた。

正和は、山路と二人で飲みに行くことになる。

 

《ゆとり第一世代》の二人は、お互いに悩みを打ち明けて意気投合する。

ベロンベロンに酔っ払った正和は、山路に支えられて歩いていると。

そこに「おっぱいいかがっすかー?」と客引き・道上まりぶ(柳楽優弥)が現れる。

yutori1wa3出典:http://www.ntv.co.jp/

まりぶは「あれ~山ちゃんじゃないの」と、客引きは山路の学生時代の友達だという。

いい店があるから、先に行って待っててと言われ、勢いで、彼に勧められた店に行くと。

 

店内は暗く如何にも怪しい店。

山路はラインで確認すると、客引きは友達ではなかった。

そんな時、女の子が請求書を持ってくる。

 

見ると12万の高額な料金が!!!

うは~ヤバイ~

ビール1本とジャスミン茶1杯、ツマミ一皿の注文だけなのに~

 

この店はボッタクリバーだったのだ。

店の奥では、何やら怖そうなお兄さんが待機している。

払わないと学校に知られると、マズイよと、山路は動揺する。

 

二人の所持金集めても、ぜんぜんお金が足りない。

そんな中、正和は、同期の宮下茜に電話して店まで来てもらう。

 

茜は、12万即金をテーブルに叩き付ける。

山路を置いて、正和は彼女のマンションに行く。

正和と茜は付き合っているのだ。

 

茜は、正和の事が気になって仕事にも恋愛にも打ち込めないと、いう。

正和はこんなタイミングで「結婚しよう~」と想いを告げるが。

今言われても嬉しくないよと、彼を突き放す。

 

超自分主義

翌朝、正和は営業時代お世話になっていた、仕出し弁当屋の社長・野上(でんでん)から呼び出される。

先日、自分が異動になるので、後輩・山岸に引き継いだばかりだ。

正和は、山岸があれから一度も顔を出していないと聞かされる。

yutori1wa2出典:http://www.ntv.co.jp/

媚を売りに来いとは言わないが、顔を出して冗談でもいいながらの中で、じゃ~買ってみようかとなる。

「それが営業なんじゃないの」と社長から最もなことを言われる。

正和は、山岸にその事を聞いてみると。

 

あえて、顔を出さない強みもある。

逆にいつも顔出して媚び売って、ノルマ達成する奴って痛々しいですよ。

 

彼は、なんと、得意先に毎日一斉メールで挨拶していた。

用もないのに得意先回りするなんて「泥仕事ですよ~」とヘラヘラ笑う。

てゆうか、先輩は何しに行ったんですか?

 

自分の事気にかけてくれるのはいいが、何か内偵されている感じで、気分悪いです。

山岸は、正和の話にはまったく耳を傾けず、最後は先輩にダメ出しする最悪の後輩だ。

 

山岸はまた「レンタルおじさん」の麻生の所に愚痴をこぼしに行く。

説教も行き過ぎると、パワハラ・モラハラだの難しいですよね~この時代。

そういう中で「泥仕事を外された俺の立場はどうなるんですか~」と正和は激怒する。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top