ドラマ

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』第1話あらすじ・ネタバレと感想!

スポンサーリンク


恋愛弱者の初デート

早く結婚を願う、みやびの母・昭子(夏木マリ)。

母からも背中を押され、みやびは勇気を出して桜井と2人で会う約束をする。

 

恋愛本を読んで、シュミレーションはバッチリ。

女子力アップのメイクと服装で完全武装。

 

デートの当日、

高級レストランでみやびは桜井を待っていたが、仕事でドタキャンされる。

でも、夜遅くなってもいいなら会えるとメールが入る。

 

今から店を探すのは面倒なので、仕方なく和風割烹「とくら」で桜井とデートすることに。

店主・十倉は、二度と来ないと思っていたと、嫌味を言う。

そうこうしていると「遅くなってごめんね~」と桜井が現れる。

 

店主・十倉が横目でチラチラ見ている中、みやびは恋愛本のマニュアルにそって桜井をもてなしていく。

空になったグラスに気付く~相手が気持ちよく喋れるように聞き役に徹する。

デートは、彼女の予定通りに進行していく。

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです出典:http://www.tbs.co.jp/

「桜井くんといると緊張しちゃって~こんな気持ちは久しぶりだわ」と、それとなく想いも伝える。

だが、桜井が電話で席を外した時、十倉は告げる。

 

「終わったな~」っと。

 

「え、なんで~なんなの」と状況が分かっていないみやび。

そんな時、桜井は接待の場に顔を出す事になってしまったという。

みやびは桜井を途中まで送る中、イタリアンの美味しいお店があるから、とまた彼を誘うが….

 

桜井から返された言葉は、悲しい言葉だった。

「俺、橘とは友達でいたい。お互い変な期待はしないで、ご飯食べる位の関係がいい」と、彼は告げる。

そんな風に言われて、動揺して会話がシドロモドロになる彼女だったが。

 

「私は友達なんて思っていないの、出来れば付き合いたい」と自分の想いを伝える。

みやびの言葉を遮るように、桜井は「もう遅いから気を付けてと」と言い残し去って行く。

(冷たすぎるわ~こんな態度は酷すぎる~(-_-メ))

 

涙をこぼしての帰り道、「とくら」の前を通ると。

「ほ~ら俺の言った通りだろ」と店主・十倉からダメ押しの一撃が!!

 

マンションンに戻ったみやびだが、待っていたのはフレンチブルドックのワンちゃんのみ。

彼女は泣きながら、悔しさと寂しさでやり切れない思いだった。

皮肉にも、十倉と同じマンションに住んでいることは、彼女は気付いていなかった。

 

恋愛アドバイザー

翌日、みやびの気持ちはドン底状態。

そんな中、デリバリーに来たカフェ店員・諒太郎に抱きしめられる。

慌てて突き放す彼女だったが、十倉の差し金で諒太郎が抱きしめに来た事を知ってしまう。

 

もう、怒り心頭、まだ準備中の「とくら」に乗り込んでいくみやび。

「私は、誰でもいいからなんて思った事は一度もないのよ~」とマシンガントークを撃ちまくる。

昨夜のデートの話になり「私の何がいけなかったのよ~」と、みやびは十倉に問いただす。

 

「じゃー、教えてやろう~プレ更年期のうぬぼれ女ドクター」

 

たしかにおまえは頑張っていた。頑張れば報われると信じて、今まで生きてきたと思うが。

恋愛ではそれは意味をなさない。

頑張っているおまえを見て、男は思うんだ。

 

「この女、ひっしじゃねっ」はっきり言うとキモいんだよ。

 

おまえは、男のニーズを満たしていないんだ。

では、どうすればいいのか~

 

男のニーズを満たすには「突っ込みを入れること」だ。

十倉の演説が始まる。

夜のクラブでたいして可愛くもないホステスの中に、上客を常に捕まえている彼女たちがいる。

 

彼女たちには共通するものがある。

それは「ツッコミマスター」である事。

常に予定調和を崩すこと。

 

恋愛本に書いてある相槌を打ったり、関心してみせる事は、20代なら効果はある。

だが、アラフォーのおまえには無理。

とにかく突っ込んで絡みまくる、そして急に話題を変えて揺さぶりを掛ける。

 

これが《吊橋トーク》

 

たとえば、何気なく時計を見て「因縁を付けたり」男をホスト扱いに突っ込む。

女に貢いで貰うくらい魅力的な男だと「男を勘違いさせる」

男の会話を止め、口を塞いで「シャラップツッコミからのソフトタッチ」

 

これでグッと来ない男は、まずいない。

十倉は勝ち誇った様に、ニコニコする。

 

そんなハイリスクなこと出来ないよ~とみやびが言う中。

相手を怒らせない、ギリギリのラインを見極めて突っ込むには、技と経験が必要。

だから小娘には出来ない、大人の女がやるテクニックだ。

 

そして最も大事なのは「男の上に立つ」こと。

 

男は、手が届きそうで届かない女を求める。

突っ込みをビシバシ入れて、男の上に立つ。

 

女の価値

おまえは、あの夜、常に男の下にいた。

そんな女と一緒にいても、男は楽しくないし、どうでもよくなる。

みやびは、十倉の言うことを理解し、だから、友達宣言されんたんだと、後悔する。

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです出典:http://www.tbs.co.jp/

十倉は桜井にメールしろと、みやびにいう。

「今度は友達として、飲み友になって下さい。友情の証として割り勘で」と。

あの後、桜井はもう一度池田と共に「とくら」を訪れていた。

 

彼は高校生の時、みやびに好意は抱いていたのだ。

だが、担任の先生にラブレターを出したみやびにショックを受けていた。

十倉は、そんな会話を耳にしていた。

 

だから、桜井はおまえに気があるはずだから、いけるはずだとみやびを勇気づける。

そんな話しを彼女は聞かされるが、あのラブレターは渡す相手を間違えていたのだ。

もう一度、あの頃に戻りたいと願うみやびに、十倉は言い放す。

 

「俺はブサイクな女は許すが、退屈でつまらない女は許さない」

 

女の価値は、時間が立つほど劣化していく。

立ち上がるなら、今しかない。

「女の価値が一番高いのは、常に今だ~」

 

そんな時、桜井からメールがくる。「友達として、また飲みにいきましょう」と。

「ほらな~俺の言ったとおりだろ~」と十倉は自信満々だ。

これから私はどうすればいいのか、教えてくださいと、みやびは十倉を頼ると。

 

「教えてやろう~まずは仮氏を作れ~」と彼はいう。

仮氏?………なにそれ?!

 

第1話 完

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』あらすじ・ネタバレとキャスト!⇒

『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』第2話あらすじ・ネタバレと感想!

 

第2話予告

 

「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」第1話感想

藤木直人さんのマシンガントークが凄いわね~

早口で、セリフも長いし、さすが役者さんです(^^)

恋愛アドバイザーの彼の言うことも一理あると思いますね。

 

たしかに突っ込むのも必要だと思うけど、うるさい女も問題です。

相手を怒らせない、ギリギリのラインはほんとに難しいです。

ミステリアスな女って結構もてます。

 

全部~さらけ出しちゃうと、なんだ~こんなもんかと

男は冷めてしまいます。

それでも、結婚して子供が出来ると、冷めちゃうけど(。>﹏<。)

 

今後の展開が面白そうです。

その内、十倉の唯一頭が上がらない、

入江千波役の長谷川京子さんも出てくると思います。

そうなると、また新たな展開になるかも知れない。

 

ドラマの中で流れていた曲は、

松任谷由実さんの「春よ、来い」です。

 

もう、20年以上の前の曲ですが、私が中学生の頃です。

あの頃の、切ない思い出シーンが目に浮かんじゃいました(^^)

 

「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」

第1話のあらすじ・ネタバレと感想を紹介しました。

ありがとうございました。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top