ドラマ

『警視庁捜査一課9係 』season11第2話あらすじ・ネタバレと感想!

警視庁捜査一課9係

『警視庁捜査一課9係』season11

渡瀬恒彦 主演

本格群像刑事ドラマ!!

 

「警視庁捜査一課9係」season11

第2話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「警視庁捜査一課9係」season11 第2話あらすじ・ネタバレ

第2話ストーリー

ゴッドハンド

整体サロンの副院長で整体師・荒木田裕之(川岡大次郎)が、何者かにより命を奪われた。

このサロンは、院長が妻・律子(白石美帆)で、夫・裕之が副院長だった。

 

被害者は後頭部を殴られ、凶器は整体で使うハンマー。

荒木田は近所でも評判の、ゴッドハンド整体師で有名だった。

第一発見者は、所轄の佐藤刑事。

 

事件当夜、サロンの客・岡部理沙(川村ゆきえ)からセクハラの被害届が出されていた。

その事を調査するため、サロンを訪れると被害者を発見。

被害者の財布の中身は奪われていないので、怨恨によるものなのか?

 

倫太郎(渡瀬恒彦)は、サロンに置いてあったカクレクマノミの水槽を見つめている。

彼の家にも熱帯魚の水槽が自宅にあるが、なぜ、流水ポンプがふたつあるのか?

そのことが妙に気にかかっていた。

 

直樹(井ノ原快彦)が連絡して、裕之の妻で院長の律子がやってくる。

律子は「ごめんなさい~私が目を離したばかりに」と….

警視庁捜査一課9係出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

司法解剖では、致命傷は鈍器で殴られた事による脳挫傷。

犯行時刻は、昨夜7時~9時の間で、凶器はハンマーで間違いなかった。

9係で、事件の捜査会議が開かれていた。

 

律子が現場で言った言葉は、何を意味するのか。

彼女は夫・裕之が、セクハラの常習犯である事を知っていた。

それで監視していたかも知れない。

 

被害者・裕之は、昨夜6時半まで、サロンの客・岡部理沙の施術をしていた。

この店の閉店時間は、午後9時だが、その後の予約は入っていなかった。

 

犯行時刻は、午後7時から9時の間。

その間に呼びだされた何者かが、被害者にセクハラを受けて、ハンマーで殴った。

村瀬(津田寛治)は、話をまとめる。

 

岡部理沙以外にも、セクハラされた客がいる可能性が高い。

村瀬と志保(羽田美智子)は、理沙の聞き込み。

倫太郎と直樹は、妻・律子へ。

青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、他のセクハラ被害者をあたることに。

 

10年越しの産卵

青柳は、気になる事があった。

それはヒーリング3点セット。

 

顧客カルテには、各自の詳細が記載されている。

サロンに残されていた《アロマ・BGM・ハーブティー》の各それぞれは、理沙の好みではない。

カルテを調べていくと、現場に残されていた3つの好みに当てはまる人物を発見する。

 

ラベンダー・波音・ハイビスカスを希望していたのは、音川美波(渋谷飛鳥)だと突き止める。

二人は、彼女から話を聞きにいく。

 

一方、村瀬と志保は、理沙へ聞き込みすると。

他にも、セクハラ整体師を憎んでいる女性がいる事を確認する。

 

青柳と矢沢は、音川美波の自宅を尋ねるが、母親に追い返されてしまう。

何かを隠している感じだ。

スポンサーリンク


倫太郎と直樹は、妻・律子への聞きこみをしていた。

 

被害者の夫は、もとはといえば律子の患者で、彼に整体の技術も教えていた。

被害者にセクハラの被害届が出ている事を聞くと、律子は証拠でもあるんですかと開き直る。

私は主人を信じたいんです、という。

 

倫太郎は、気になっていたポンプが2つ在ることを聞いてみると。

カクレクマノミは、もともとは裕之の趣味で、私には分からない。

ただ、10年越しにやっと昨日産卵したのに、と律子は涙ぐむ。

 

10年前の事件

青柳らは、近所への聞き込みで、音川美波が引きこもりだった事を知る。

それも、ここに引っ越してくる以前にも、彼女はそんな状態だった。

美波が卒業した高校へ行き、当時の教師に話を聞くと意外な事実が判明する。

 

彼女は、教師からセクハラを受けていた。

その教師は、被害者・裕之だった!!

 

裕之は、美波を江ノ島に連れだし、セクハラ行為に及んだ。

彼女は陸上選手として、将来を有望視されていた。

だが、裕之のセクハラがトラウマになり、その後10年間・引きこもり状態へ。

 

彼女は、母親に連れていかれたサロンで、偶然にも裕之と再会してしまった。

美波が、自分の将来を奪った裕之に復讐したのだろうか?

 

~村瀬は推理する~

裕之は、10年前の事件をネタに、美波を呼び出した。

彼女は、人生を滅茶苦茶にされた復讐のために、サロンに向かった。

サロンの通話記録を調べると、裕之から美波へ連絡が入っている。

 

サロンの最寄駅の防犯カメラには、改札を通る美波の姿が、夜7時8分に映っている。

駅からサロンまで歩いて15分、犯行時刻と一致する。

これは決まりだ~と一同は確信する。

 

カクレクマノミの生態

美波を重要参考人として呼び出し、取り調べる。

しかし、美波はサロンには行っていないと否定する。

彼女は、10年前の悪夢が蘇り、頭を抱えて震えだす。

 

美波が犯人じゃないのか~

動機と映像の証拠もあるのに、なぜ否定するのか~

 

そんな時、倫太郎と直樹は、妻・律子に再び会いに行く。

彼女は、10年前の事件を知っていた。

 

事件後、裕之から去っていく人が多い中、味方になろうと結婚した。

世の中は強い人ばかりじゃない、その弱さを私が包み込んで上げたい。

そんな気持ちだったと、律子はいう。

 

今回のセクハラ事件も、律子は知っていた。

主人は病気なので、悪くない。

止められなかった私が悪いんですと、夫を庇う発言をする。

 

そんな中で、倫太郎はカクレクマノミにまだ拘る。

被害者・裕之は、流水ポンプを購入していた事実は掴んでいた。

 

カクレクマノミは、生まれた時はすべて中性で、オスでもメスでもない。

群れの中で、一番大きく成長した個体がメスで、その次に大きいのがオス。

グループの中で、ペアが出来るのは一組だけ。

警視庁捜査一課9係出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

メスが産卵すると、オスは卵がフカするまで、ヘラで水を送り続ける。

そうしないと、卵がダメになってしまう。

もう一つのポンプがある理由は、それがオスの代わりになるから。

 

中にいるカクレクマノミは、すべて中性。

事件当日、裕之はオスとメスを水槽から持ちだしている。

倫太郎は、律子に何処へ持って行ったのか聞くが、分からなかった。

続きは~2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top