ドラマ

『99.9-刑事専門弁護士-』あらすじ・ネタバレとキャストの紹介

99.9-刑事専門弁護士-

日曜劇場

『99.9-刑事専門弁護士-』

4月17日(日) TBS系 夜9:00~スタート

 

松本 潤 主演

~巨大な権力と闘う弁護士の物語~

至極のエンターテイメント作品!!

 

「99.9-刑事専門弁護士-」

ドラマのあらすじ・ネタバレ、キャスト・主題歌を紹介します。

 

スポンサーリンク

「99.9-刑事専門弁護士-」ドラマ基本情報

【タイトル】「99.9-刑事専門弁護士-」

【主演】松本 潤

【脚本】宇田学

主な作品:「ラッキーセブン」「TOKYOエアポート」「キャビンアテンダント刑事」他

 

【トリック監修】蒔田光治

主な作品:「トリック」「トリック劇場版」「MONSTERS」「ホワイト・ラボ」他

 

【音楽】井筒昭雄

主な作品:「怪物くん」「ファーストクラス」「医師たちの恋愛事情」「民王」他

 

【プロデュース】瀬戸口克陽・佐野亜裕美

主な作品:瀬戸口「花より男子」「獣医ドリトル」「運命の人」他

主な作品:佐野「刑事のまなざし」「ウロボロス」「おかしの家」他

 

【演出】木村ひさし・金子文紀・岡本伸吾

主な作品:木村「ATARU」「警部補 矢部謙三」「安堂ロイド」「民王」他

主な作品:金子「SPEC(スペック)」「ペテロの葬列」「コウノドリ」他

主な作品:岡本「クロコーチ」「天皇の料理番」「ナポレオンの村」他

【製作著作】TBS

 

「99.9-刑事専門弁護士-」あらすじ・ネタバレ

日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―」は、ドラマ史上初の刑事専門弁護士たちが、難事件に挑む姿を痛快に描く異色の作品です。

タイトルの99.9の数字は、日本の刑事事件における裁判有罪率を示しており、その確率は99.9%とも言われ、世界一の有罪率。

 

たとえ99.9%有罪が確定していても、残りの0.1%が明らかにならないと、ほんとうの事実は見えて来ない。

たとえ99.9%だとしても、100%ではない。

最後の0.1%まで諦めずに、事実を隈なく追い求めていく姿を描いた物語が「99.9―刑事専門弁護士―」

 

主人公の深山大翔は、型破りな若手弁護士。

99.9%確定してしまった事件でも、逆転不可能な状況の中での残された0.1%の可能性。

 

そのことに拘り、自分が納得するまでとことん追及して、事実を追い求めていく弁護士の姿。

異色のドラマ・「99.9―刑事専門弁護士―」は、新感覚の痛快リーガル・エンターテイメント!!

 

1話ストーリー

深山大翔(松本潤)は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。

だが、何度も無罪を勝ち取っている実績だけは財産だった。

99.9―刑事専門弁護士―出典:http://www.tbs.co.jp/

そんな中、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)から、うちに来ないかとヘッドハンティングされる。

斑目法律事務所は、日本4大法律事務所の1つで約300名の弁護士が在籍している。

顧客は名だたる一流大企業ばかりで、その顧問弁護を請け負っている超一流法律事務所だ。

 

深山は誘いに乗り、パラリーガルの明石達也(片桐仁)とともに移籍する。

担当部署は、社会貢献の名目で新設された刑事事件専門ルーム。

 

ルーム室長・佐田篤弘(香川照之)は、数々の大企業の顧問弁護士を努め、巨額の利益を事務所にもたらす民事のトッププレーヤー。

 

今回、所長・斑目(岸部一徳)から、1年後のマネージングパートナー昇格を条件に、渋々異動を了承した。

スポンサーリンク


だが、佐田は、金にならない刑事事件には全く興味が無い様子だ。

さらにもう一人の弁護士・立花彩乃(榮倉奈々)も所長の命令により、民事から刑事事件専門ルームへ異動してきた。

 

そんなチームのもとへ、怨恨事件の弁護依頼が舞い込む。

依頼人の赤木義男は、運送業の経営者。

 

赤木は、メディアを賑わせたネットショップ社長が、何者かによって襲われ、命が奪われた事件の犯人として逮捕された。

だが、本人は酒に酔っていて事件当日の記憶がなかった。

しかも、事件の関与を否定し、無実を訴えている。

 

検察庁の調べによると、指紋のついた凶器や防犯カメラの映像などの、動かぬ物的証拠がある。

動機に関しても、赤木は被害者から仕事の契約を一方的に打ち切られており、それが十分な動機となる。

誰が見ても、赤城が犯人であることは明白だった。

 

検察は有罪確実な案件しか起訴しない。

それにより、日本の刑事事件は起訴されると99.9%有罪になる。

 

検事出身の佐田は、今回の案件は情状酌量しかないと言い切る。

容疑者に罪を認めさせ、反省を示した上で情状酌量を探る道を探す。

それが弁護士の仕事だと、深山に告げる。

 

しかし、深山は反論する。

 

「肝心なのは調書より事実」

「99.9%有罪が確定していても、0.1%に事実が隠されているかもしれない」と諦めない。

そして、事件の状況を検証する深山の脳裏には、ある可能性が浮かんでくる。

 

それを探るためには、佐田の力が必要だった。

深山たちは、残された可能性にかけ、果たして事件の真相を明らかにすることができるのか…….?!

 

もっと詳しく第1話を書いていますので、よければご覧下さい。↓

 『99.9-刑事専門弁護士-』第1話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

 

「99.9-刑事専門弁護士-」見どころは?

99.9―刑事専門弁護士―出典:http://www.tbs.co.jp/
若手弁護士役には、日曜劇場初主演となる松本潤さん。

TBS連続ドラマ出演は、2009年に放送した「スマイル」以来、実に7年ぶりの出演。

 

松本潤さんが演じる深山大翔は、たとえ99.9%確定してしまった案件でも、残された0.1%の事実を納得のいくまで追求していく。

そんな、超型破りな若手弁護士とチームを組むことになるのが、ルーム室長・佐田篤弘役を演じる、香川照之さん。

 

佐田は、民事のプロとして、勝ちにこだわってきた凄腕敏腕弁護士。

まったくの真逆のスタンスのお二人が、ぶつかり合いながら難事件に挑んでいきます。

 

このドラマが初共演となる松本さんと香川さんですが、どんな化学反応で掛け合いを演じてくれのかも見どころのひとつです。

 

そしてもう一人、嫌々民事から異動してきた、立花彩乃を演じるのは榮倉奈々さん。

民事ではエリートだったが、畑違いの刑事事件では悪戦苦闘していきます。

 

榮倉さんが、二人のいいスパイスとなってくれるような気もします。

時には程よいスパイスとなり、時には火に油を注いだりして、変化に色を付けてくれると、面白い存在になると思います。

 

3人を取り巻く、個性あるキャスト陣も目が離せません。

斑目法律事務所の所長・斑目春彦役を演じるのは、岸部一徳さん。

役者としては、個性派でなおかつ実力派なので、存在感が大きい俳優さんです。

 

豪腕でやり手の大友検事正に奥田瑛二さん。

検事正ですから理路整然として、深山達を苦しめていくでしょう。

この演技も見応えがありそうです。

 

物語が二転三転する逆転劇の末、事件の真相が暴かれていく。

謎解きの要素とサスペンスの要素もあると思います。

 

日曜日のお茶の間にふさわしい、エンターテイメント作品です。

異色の弁護士ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」に期待していきたいですねヽ(^o^)丿

※ パラリーガルとは・・・・弁護士の業務をサポートする法律事務専門職です。

キャスト・主題歌は、2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top