ドラマ

『お迎えデス。』ドラマあらすじ・ネタバレとキャストが気になる!

お迎えデス。

『お迎えデス。』

4月16日(土)日テレ系 夜9:00~スタート

福士蒼汰土屋太鳳 W主演

 

人気少女漫画が、実写ドラマ化!!

 

「お迎えデス。」

ドラマのあらすじ・ネタバレ、キャスト・主題歌を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「お迎えデス。」ドラマ基本情報

【タイトル】「お迎えデス。」

【主演】福士蒼汰・土屋太鳳

(主な出演は人物紹介へ)

 

【原作】「お迎えデス。」(著者 田中メカ)

【脚本】尾崎将也

主な作品:「梅ちゃん先生」「ブラック・プレジデント」「オトナ女子」他

 

【音楽】高見優

主な作品:「JIN-仁-」「図書館戦争」「S-最後の警官-」他

 

【プロデューサー】高明希・大塚英治(ケイファクトリー)

主な作品:高明「らんま1/2」「最高のおもてなし」「偽装の夫婦」他

主な作品:大塚「悪夢ちゃん」「Woman」「Dr.倫太郎」他

 

【演出】南雲聖一・塚本連平

主な作品:南雲「ホタルノヒカリ」「花咲舞が黙ってない」「学校のカイダン」他

主な作品:塚本「都市伝説の女」「匿名探偵」「ダブルス 二人の刑事」他

 

【制作協力】ケイファクトリー

【制作著作】日本テレビ

 

「お迎えデス。」ドラマあらすじ・ネタバレ

ドラマ「お迎えです。」は、人気少女漫画家・田中メカの連載作品を実写ドラマ化したものです。

月刊『LaLa』(白泉社)で、1999年~2002年にかけて連載され、全22話。

 

コミックスは「花とゆめコミックス」から既刊5巻が出版されています。

人気漫画で『LaLa』2016年4月号より、続編の連載が開始されています。
お迎えデス。出典:http://www.ntv.co.jp/

原作では、主人公・堤円(つつみまどか)が高校3年生からのスタートですが、ドラマでは20歳の大学生という設定です。

物語は、感情希薄な理系オタク・堤円(福士蒼汰)感情むき出しの猪突猛進女子・阿熊幸(土屋太鳳)は、同じ大学の学生。

二人は水と油の相性で、まったく合わない仲。

 

だが、不思議なバイトを通して生きていくとは何かを学び、共に成長していく物語です。

そのバイトとは、この世に未練を残した霊を成仏させて、あの世に送る仕事!!

何か怖そうな~テーマですが…..(私は幽霊嫌いなんです(。>﹏<。))

 

霊を成仏させる会社《GSG(極楽送迎)》のバイトに、二人は無理矢理スカウトされてしまう。

笑いや涙、ラブコメディの要素もある、熱い幽霊ストーリーです。

 

1話ストーリー

大学生の堤円(福士蒼汰)は、高校時代の同級生・千里(門脇麦)が亡くなって、その通夜に行きます。

その帰り道、ピンクのウサギの着ぐるみを着た人物を目撃する。

 

そのウサギは、初老の男・陽造(伊東四朗)と取っ組み合いのケンカをしている異様な光景。

陽造は、昨日亡くなったばかりの幽霊。

ピンクのウサギは、彼を「お迎え」に来た死神・ナベシマ(鈴木亮平)だった。

 

たぶん幻覚なので無視して行こうとする円に、ウサギが声を掛けてくる。

彼は、ゆずこ(濱田ここね)という少女を連れていた。

円はいつの間にか、霊や死神が見える能力を身に着けていた。

 

幽霊と死神を見ることができる円に、適性を見出したナベシマは放って置かない。

ナベシマは円に、自分の仕事を手伝ってほしいと頼むが、円はスカウトを振りきっていく。

円が家に帰ると、ナベシマとゆずこが待っていた。

スポンサーリンク


お迎えデス。出典:http://www.ntv.co.jp/

ナベシマは、自分の仕事を説明する。

その仕事は、この世に成仏出来ないでいる霊を、あの世に送り届ける仕事だった。

 

それからというもの、円はナベシマとゆずこにつきまとわれるようになる。

彼が、ナベシマとゆずこを連れて歩いていると、同じ大学に通う・阿熊 幸(土屋太鳳)に出会う。

幸は霊が見える事が出来るので、ナベシマの仕事を手伝っていたのだ。

 

ナベシマは、円と幸に「これからコンビを組んでもらう」と一方的に告げる。

あまり乗り気ではなかったが、円は幸に連れられて仕事を手伝わされる羽目になる。

 

成仏させる相手は、ウサギと取っ組み合いのケンカをしていた陽造だった。

彼は、娘・玲子(菅野美穂)のことが気になって成仏出来なかった。

 

陽造の娘・玲子は恋人の正道(矢柴俊博)と結婚する気だったが、陽造が反対していた。

正道はフリーターで、安心して娘を任せられない。

しかも玲子はすでに妊娠していて、陽造は大激怒したが、玲子は反発する。

 

その後、二人は音信不通になっていた。

そんな中で、陽造は突然倒れて亡くなってしまったのだ。

玲子と正道を別れさせてくれという陽造の願いを聞き、円と幸は、玲子に会いに行くが…..!!

 

第1話ゲスト

馬場陽造(幽霊)・・伊東四朗

佐野玲子(陽造の娘)・・菅野美穂

佐野正道(玲子の夫)・・矢柴俊博

※ドラマを見た後、第1話の詳しいあらすじ・ネタバレと感想を書く予定です。

よかったら見に来て下さいね~(^^)

 

 

「お迎えデス。」ドラマ見どころ

お迎えデス。出典:http://www.ntv.co.jp/

「お迎えデス。」ちょっと重いテーマですが、面白い設定ですね~(-_-;)

現実には、ほんとにこんな仕事があるのかどうか、分かりませんが(たぶんないと思うけど)

実写化ドラマで何処まで映像表現できるか、見応えはあると思います。

 

前回、この時間の放映は「怪盗山猫」(主演 亀梨和也)でした。

当ブログでも、全話あらすじ・ネタバレと感想を書いています。

興味がある人は、過去記事をご覧下さい。

 

ドラマ「お迎えデス。」のあの世には、送迎一課と送迎二課があります。

鈴木亮平さんが演じる・ナベシマが所属するのは送迎二課で、成仏出来ない霊を納得させて《あの世》に送ります。

かたや、野間口徹さん演じる・シノザキがいるのは送迎一課。言うことを聞かない霊には、強行手段で《あの世》に送る。

 

この二つの組織は、ライバル関係にあり対立しています。

面白すぎる!!~あの世にも対立があるのねw~何処の世界でも組織は大変そうです。

 

ドラマの見どころは、堤 円役の福士蒼汰さんと阿熊 幸役の土屋太鳳さんが、どんな風にラブコメディを演じるか!!

すごい注目したいです。

 

そして、GSG送迎一課と送迎二課が、ドラマにどんなスパイスを与えてくれるのか?

鈴木亮平さんや野間口徹さんの味わい深い演技、そしてそれらに絡んでくる他のキャスト。

毎週ゲスト出演する俳優さんも、ドラマの重要なポイントになってきます。

 

ドラマでは《人と人のつながり》や《どう生きてゆくか》という人の成長が描かれるということなので、これもまた期待したいですね。

ドラマを通して視聴者にも、それらがメッセージとして発信されるのではないかと思います。

 

幽霊を成仏させるという型破りなテーマの作品で、笑って泣ける、そして感動するドラマにして頂きたいと感じます。

キャスト・主題歌は、2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top