ドラマ

『ラブソング』あらすじ・ネタバレとキャストの紹介!

ラヴソング

月9ドラマ

『ラブソング』

4月11日(月)フジ系 夜9:00~スタート

 

福山雅治 3年ぶりの連ドラ主演!

今までにない、感動のヒューマン&ラブストーリー!!

 

「ラブソング」

あらすじ・ネタバレとキャスト・主題歌を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「ラブソング」基本情報

【タイトル】ラブソング

【主演】福山雅治

(主な作品は人物紹介へ)

 

【脚本】倉光 泰子(第26回ヤングシナリオ大賞『隣のレジの梅木さん』)

 

【音楽】菅野 祐悟

主な作品「アイムホーム」「HEAT」「ヒガンバナ 警視庁捜査七課」他

 

【プロデュース】鈴木 吉弘・草ケ谷大輔

主な作品:鈴木「ガリレオ」シリーズ、「HERO」シリーズ 他

主な作品:草ケ谷「探偵の探偵」「独身貴族」「極悪がんぼ」他

 

【演出】西谷 弘・平野眞

主な作品:西谷「昼顔」「ガリレオ」シリーズ 他

主な作品:平野「5→9~私に恋したお坊さん~」「医師たちの恋愛事情」他

 

【制作】フジテレビドラマ制作センター

 

「ラブソング」あらすじ・ネタバレ

4月11日スタートするフジテレビの王道月9ドラマは『ラブソング』

主演は、連続ドラマ主演は2013年4月期『ガリレオ』以来3年ぶりとなる、福山雅治さん。

福山雅治出典:http://www.fujitv.co.jp/

あらすじは、福山さん演じる元プロミュージシャン《神代広平》が、藤原さくらさん演じる《佐野さくら》に出会います。

彼女は、人とコミュニケーションを取るのが苦手で、ある孤独を背負った女性です。

 

そんな中、神代広平は音楽を通して彼女と心を通わせ、失いかけた人生を取り戻す物語です。

いままでにない、感動のヒューマン&ラブストーリーです。

 

第1話ストーリー

神代広平は、元プロのミュージシャンだったが、今は音楽とは距離を置いた仕事をしている。

音楽業界を去ってから、20年。

彼は、音楽への情熱を完全に断ちきれぬまま、企業カウンセラーとして働いている。

 

私生活でも、真剣に向き合える女性とは出会えず、独身で定住を持たない。

持ち前のルックスを活かして、女性の家を転々とする生活をしていた。

 

一方、佐野さくら(藤原さくら)は、大型車販売店の整備工場で整備補助として働いている。

愛想は良いがまともな返事が出来ず、上司の滝川文雄(木下ほうか)にいつも注意されていた。

彼女は影がある孤独な女性で、仲間たちともあまり会話をしない。

 

そんな時、滝川が先生と呼んで挨拶したのが神代だった。

彼は企業カウンセラーとして、この会社に週2日で勤務していた。

 

仕事を終えた神代は、ライブハウス『S』へ。

オーナーの笹裕司(宇崎竜童)は、神代が女性と別れた事を即座に見抜いてしまう。

 

当面の寝場所を笹に頼むが、断られる。

神代の元バンド仲間たちも、みんな結婚しているので頼みにくい。

どうしたものかと考え込んでしまう。

 

そんな時、宍戸夏希(水野美紀)に頼めば良いよと、笹は神代に促す。

夏希に頼むのは気がひける神代は、マンガ喫茶に泊まる事に。

だが、居心地が悪いので、結局夏希の家に転がり込むことになる。

スポンサーリンク


 

そんなある日、さくらは職場でミスをしてしまう。

上司の滝川は、さくらが仲間とのコミュニケーション不足を感じていた。

 

彼女を神代に診てもらうことにする。

神代は、人と話すのが苦手なさくらに優しく対応していく……

 

『ラブソング』ドラマ第1話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

 

第1話予告

 

「ラブソング」見どころ

神代は唯一のヒット曲はあったが、その後はヒットに恵まれずレコード会社との契約も打ち切りに。

自らの才能の限界を知り、音楽業界を離れて20年の時が流れた。

 

しかし、音楽への情熱を完全には絶ち切ることが出来ずに、音楽への想いを秘めている。

ルックスがいいので多くの女性と付き合うが、真剣になれる女性と出会えず40代に突入し、しかも独身。

ラブソング出典:http://www.fujitv.co.jp/

そんな時、彼は佐野さくら(藤原さくら)に出会います。

彼女の歌声を耳にした神代は、その歌声に音楽への情熱が再び目覚めていきます。

もう一度自分を試したい、認められたいと考えるようになって、彼の人生が色付き始めます。

 

フジの月9には原作がなく、ストーリーは月9ドラマオリジナル脚本です。

西谷弘監督のもと「ガリレオ」のスタッフが再結集していますので、ドラマは期待出来る作品になると思います。

 

ヒロイン役の藤原さくらさんは《歌唱力》《表現力》《感受性》の選考基準をクリアして、オーディションで選ばれています。

 

ネットでは一部で、年の差がありすぎるのではと、批判の声も上がっています。

ドラマの設定では、神代広平44歳、佐野さくら21歳で、年の差は23歳あります。

 

私はあまり気にしてませんね~別にいいと思いますよ~その分、演技と歌で感動させてくれれば、まったく問題ないです。

さくら役の藤原さくらさんは、プロのミュージシャンなんです。

彼女の歌声をYouTubeで聴いて見たんですけど、大人っぽい歌声でびっくりしました。

スモーキーでソウルフルな感じですね。

美声ですよ~!でも、演技の経験は0みたいです(-_-;)

 

彼女が新たなステージに立って、福山雅治さんと何処までリンクしていくのかが、見どころの一つではないでしょうか!

 

二人とも歌手なので、リアルティな演奏シーンも用意されている見たいです。

二人が、どんな「ラブソング」を奏えてくれるのか、また演じてくれるのか、楽しみですね~ヽ(^o^)丿

 

二人を取り巻くキャスト陣も、実力派揃いで素晴らしいです。

夏帆さん演じる中村真美、菅田将暉さん演じる天野空一と、藤和さくらさん演じる佐野さくら。

この3人は、同じ児童養護施設仲間なんです。

ラヴソング出典:http://www.fujitv.co.jp/

そして、増村泰造(田中哲司)、宍戸夏希(水野美紀)と神代公平(福山雅治)が、かつてのバンド仲間です。

それぞれのヒューマンドラマも、描かれていくのではないかと思います。

夢あふれる物語の、ヒューマン&ラブストーリーに期待していきましょう。

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top