ドラマ

『警視庁捜査一課9係 』season11あらすじ・ネタバレとキャストの紹介

警視庁捜査一課9係

「警視庁捜査一課9係」season11

4月6日(水)夜9:00~スタート!!

渡瀬恒彦 主演

 

新たに野際陽子さんがメンバーに加わり、パワーアップしました。

9係メンバーの人間ドラマも濃密に、本格群像刑事ドラマです。

 

「警視庁捜査一課9係」season11の

あらすじ・ネタバレとキャスト・主題歌を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「警視庁捜査一課9係」season11 基本情報

【タイトル】「警視庁捜査一課9係」

【主演】渡瀬恒彦

(主な作品は人物紹介へ)

 

【脚本】深沢正樹・岡崎由紀子・真部千晶・瀧川晃代・徳永富彦・ハセベバクシンオー・保正和之・大川俊道

主な作品:「警視庁捜査一課9係」「ST赤と白の捜査ファイル」「科捜研の女」「相棒」「ハンチョウ~警視庁安積班」他

 

【音楽】よしかわ きよし

主な作品:「刑事7人」「出入禁止の女」他

 

【監督】杉村六郎・新村良二・長谷川康・田村孝蔵・細川光信・吉田啓一郎

主な作品:「警視庁捜査一課9係」「花嫁のれん」「遺留捜査」「相棒」「スペシャリスト」「鬼平犯科帳スペシャル」他

 

【ゼネラルプロデューサー】松本基弘(テレビ朝日)

主な作品:「警視庁捜査一課9係」「相棒」「TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部」他

 

【プロデューサー】峰島あゆみ(テレビ朝日)・金丸哲也(東映)

主な作品:警視庁捜査一課9係」「遺産争族」「ドクターX」「大奥」他

 

【制作】テレビ朝日

 

「警視庁捜査一課9係」season11あらすじ・ネタバレ

「警視庁捜査一課9係」は2006年4月にスタートし、昨年、記念すべき10年目のアニバーサリーを迎えました。

「相棒」「科捜研の女」とならんで、お茶の間の人気作品に成長したドラマです。

 

加納倫太郎係長(渡瀬恒彦)のもと、それぞれの熱い正義感ある個性豊かな6人の刑事たち。

捜査中に対立はするが、最後はひとつにまとまり難事件を解決していく…..

先の読めない事件捜査の中、刑事たちの人間模様も描き、濃密な人間ドラマを展開していきます。

 

第1話ストーリー

《前編》

警視庁捜査一課9係出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

とあるマンモス団地で、クマの着ぐるみを着た男の屍が発見された。

被害者は、年商100億円のイケメン社長として有名な浜中(坪倉由幸)という男。

彼は「金と女にしか興味がない奴」と仕事仲間からも嫌われていた。

 

だが、なぜ団地で、クマの着ぐるみを着て亡くなっていたのか?

 

倫太郎(渡瀬恒彦)は団地内を捜査していると、花壇を手入れしている女性から声をかけられる。

そんな彼女は、倫太郎の亡き元妻の従姉の静香(野際陽子)だった。

この団地では、自治会長をしていた。

 

静香のトゲのある毒舌な物言いに、倫太郎は辟易してタジタジに….

直樹(井ノ原快彦)はそんな倫太郎を見て苦笑いしてしまう。

だが、静香自身も何か秘密を握っている感じがした。

 

浜名の交友関係を調べていくと。

彼は、数年前に多くの被害者が出た、投資詐欺グループの主犯だったことが判明する。

倫太郎は、静香から友人がその投資詐欺被害にあったと、相談を受けたことを思い出す。

 

静香は、浜中が詐欺グループの一人だと気付いていたのではないか?

そうすると、彼女にも浜中の命を奪う動機が発生するが….

 

着ぐるみのクマは、人気のアニメキャラクターだった。

スポンサーリンク


青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)が、そのぬいぐるみを持っていた子どもの母親・好美を問い詰めていく。

すると彼女は、子供の父親は浜中だと証言する。

 

浜中は、息子のためにクマの着ぐるみを着ていたのだろうか……?

 

志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)が捜査していく中。

投資詐欺で妻を失った団地の住人・広木(森下哲夫)が浮かび上がる。

しかも、静香の友人とは、亡くなった広木の妻だという事が判明する。

 

妻の命を奪った浜中を恨む、広木の犯行なのか…..?

そして、静香も事件に関与しているのか?

事件の謎を解く鍵は、クマの着ぐるみが握っていた!

《前編ゲスト》
広木琢也・・森下哲夫
浜中勇次・・坪倉由幸

 

《後編》

元業界紙記者でプラントハンターの原田(斉藤陽一郎)が、ケアホーム前の花壇で亡くなっていた。

原田は過去に、高額の植物を盗む窃盗事件を起こしていた。

だが、ケアホームの花壇に高額な植物があったとは思えない…。

 

志保と村瀬は、原田の知人で園芸家の黒木(堀内正美)を訪れた。

黒木は、チューリップの新種開発で一財産を築いた男。

警視庁捜査一課9係出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

彼は原田が、植物を専門とした産業スパイのような仕事をしていたと証言する。

新種の植物は、それほどのビッグビジネスになり儲かるらしい。

 

青柳と矢沢は、園芸用植物の新種開発の研究をしている三沢教授の助手から、ブラックな事を聞き出す。

それは、三沢教授が原田に植物サンプルの盗難や、非合法な仕事も依頼していたことだった。

 

三沢が新種開発していたのは….「青い花」!?

 

事件の第一発見者は、元園芸家の里中(山本圭)という男。

倫太郎と直樹は、彼から「昔、青いチューリップを作ったことがある」と聞かされる。

 

しかし、世界的な華道家だった静香に直樹が確認すると「青いチューリップはまだこの世に存在しない」という。

さらに直樹は、静香の部屋で意外な人物と会った…..

 

倫太郎は、20年前の新聞記事を見つめていた。

その内容は「里中園芸が開発に成功した青いチューリップを展示会に出品する」という記事だった。

 

記事を書いたのは、記者をしていた頃の原田だった。

里中の娘・祥子(西尾まり)からの聞き込みで、里中はファンだった女優・越美晴にそれを贈呈していた。

 

果たして「青いチューリップ」は、今でも存在するのか?

原田はなぜ、命を奪われたのだろうか。

幻の植物をめぐる、事件の意外な結末とは…….?

《後編ゲスト》
里中洸・・山本圭
谷村祥子・・西尾まり
黒木陽一・・堀内正美

『警視庁捜査一課9係 』season11第2話あらすじ・ネタバレと感想!⇒

 

「警視庁捜査一課9係」season11見どころ

「警視庁捜査一課9係」season11では、これまで以上に謎の多い難事件が7人のメンバーの前に立ちはだかります。

本格的なサスペンスドラマにより、スピード感溢れるストーリー展開で物語は進行していきます。

 

さらに、9係のもう一つの魅力でもある、人間ドラマにもスポットが当てられていきます。

その中で注目すべきは、season11からセミレギュラーとして出演が決まった野際陽子さんの存在です。

野際陽子出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

彼女の役どころは、加納倫太郎の亡き妻の従姉、倫太郎にとっては唯一頭が上がらず苦手の人物です。

倫太郎と野際陽子さんが演じる亡妻の従姉とのシーンは、新たな化学反応を起こし奥深い人間ドラマとなっていくでしょう。

 

そして、前シーズンの最後で倫子(中越典子)にプロポーズをするため、パリへと発った直樹(井ノ原快彦)。

二人の恋の行方にも注目したいです!!

 

その他、羽田美智子・原沙知絵・吹越満・田口浩正・津田寛治さんといった個性的なキャスト。

9係メンバー、それぞれが抱える人間ドラマもさらに深まっていきます。

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top