ドラマ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう!最終回あらすじ・ネタバレと感想

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

有村架純×高良健吾 W主演

 

病院に運ばれた音は大丈夫なのか….

感動の最終回「永遠の約束」!!

 

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

最終回のあらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」最終回あらすじ・ネタバレ

 

第9話 後半あらすじ

練(高良健吾)は、「杉原さん、好きです」と自分の想いを音に伝えた。

音(有村架純)は、そんな彼の気持ちを受け入れようとした時に、朝陽(西島隆弘)がアパートに来た。

 

朝陽は、練の家に行き、「僕たちは結婚を前提にお付き合いしています」と彼に言う。

常識の範囲内で行動してくださいと、強く告げるのであった。

朝陽は、音の練への想いは前から気付いていた。

 

彼は音に、君の前ではいつも笑顔でいる~君だけを好きでいる。

一緒に生きようと、再び彼女に想いを伝える。

 

そんな中、木穂子(高畑充希)が音の元を訪れる。

木穂子は、音と練は、すでに同じ船に乗っているので進むしかないよと話す。

 

だが、音は朝陽を裏切れなかった。

今の自分があるのも、彼のお陰。

彼とはもう、2年も付き合っている。

 

朝陽を傷つけてまで、練の所に行くことは出来ない。

練とお別れしてくると、木穂子に話す。

きっと練は分かってくれる。

 

木穂子は、絶対に後悔するよと音に告げるが….

 

音は最後の別れを告げに、練の会社に向かった。

途中、バックを引ったくりされて困っている明日香(芳根京子)に会う。

 

犯人の少年を探しだしてバックを取り返したが、少年は逃げていく。

通行人や、彼女たちが少年を追う。

 

そんな中、事故が発生する。

音は歩道橋の階段から突き飛ばされて、転倒してしまう。

救急車で病院に運ばれる音、何も知らないで彼女を待ちつづける練。

 

最終話 ストーリー

綴られた気持ち

音は意識不明で、病院に運ばれた。

朝陽と木穂子は知らせを受けて、病院に駆けつける。

木穂子から連絡を受けた練も、病院に急いでいく。

 

音は、脳の神経に小さな傷が出来て、意識不明だった。

命に別状は無いので、意識の回復を待ちましょうと、医師から告げられる。

 

練と朝陽は心配しながら待っていると、やがて明日香がやって来る。

彼女は事情を説明し、犯人の少年はあやまったので悪くないんです。

通行人が少年を追いかけて、騒動になって….

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

朝陽は、こんな時に呑気な事を言っている明日香に。

「彼女は、意識がないんだよ~」と怒りを露わにする。

 

明日香は自分のせいでこんな事になってと、泣きながらお詫びする。

朝陽は、明日香が持ってきた音のバックから、手紙を見つける。

 

一つは亡き音の母が、彼女に書いたものだった。

(第1話で北海道までいき、練が音に届けた手紙です)

そして、手紙はもう一つあった。

 

表には「母へ」と書かれていた。

スポンサーリンク


そんな時、木穂子が朝陽の近くにくる。

 

朝陽は、この手紙は音が最近書いたもの。

この中に、彼女の想いが綴られているような気がする。

 

「僕か曽田さんか、どちらを選んだのか」

 

それを聞いた木穂子は、心配しなくていいと言い。

「彼女は、朝陽さんを選んでいました」と告げる。

 

木穂子は、恋人として無事を祈ってあげるのがいいと思いますと。

そんな会話を、柱の陰で練が聞いていた。

 

一方、小夏(森川葵)と晴太(坂口健太郎)は3体の縫いぐるみ作りをしていた。

連絡がなく、何も知らされていない二人だった。

 

突き放された想い

朝になり、音の意識は回復した。

彼女は、明日香は悪く無いと呟く。

 

朝陽と木穂子、練は病室に向かった。

看護士が先に中に入り、待たされていると。

音の笑い声が….

 

練は、それを聞いてここで失礼しますと言い、彼は音に合わずに帰っていく。

昨夜、柱の陰で音の想いを知ったので、彼は自ら去る決心でいた。

 

朝陽と木穂子が病室に入ると、音は元気に笑った。

音は、犯人の男の子はどうなったのか、しきりに気にする。

あの少年はちゃんとバックを返したので、悪く無いと~

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

自分がこんな姿になりながらも、明日香や少年を守る音の姿があった。

 

数日後、練の仕事場に明日香と少年がお詫びに来る。

練はあの後、明日香と一緒に警察に行っていたのだ。

そこで、音を突き飛ばしたのは少年でないことを伝えに。

 

二人は病院に行ったが、音はすでに退院していた。

練は音の連絡先を、二人に教える。

 

そんな中、音は朝陽に連れられて、アパートに戻ってきた。

彼は、音が亡き母に宛てた手紙を読んでいた。

 

彼は父・征二郎(小日向文世)からお見合いしろと言われている事を話す。

結婚となると、一人では決められないと、彼はいう。

 

朝陽は、別れようかと言い出す。

(この間と全然違うじゃない~なんて身勝手な男なの(-_-メ)

 

音は、私がそんな嘘を付かせているのと言う中。

彼は「僕はもう、君のことが好きじゃない」と平気な顔して言う。

音は、私はもう決めたのに…

 

彼は「恋愛は決めることじゃない、いつの間にか始まっているものだと」

訳の分からない事を言い出し、音を突き放す。

 

朝陽は、音に、2番めでいいから、一緒に生きていこうと言っていた。

やはり、練への嫉妬が彼を許さなかったのか?!

 

(朝陽が音と別れる決心をしたのは、彼女が亡き母に宛てた手紙を読んだからです)

(手紙の内容は、1ヶ月後のストーリーをご覧ください)

 

これでは、練を見捨てた音が余りにも惨めで、可哀想すぎます(。>﹏<。)

音が涙を流している中「君のことが好きじゃない」とダメ押しをする朝陽。

木穂子が音に告げた「絶対後悔するから~」と言った言葉が、現実となってしまった。

 

あまのじゃく

小夏と晴太は劇団に提供した、縫いぐるみを回収していた。

子供が嘘を付くのは、本当のことを言って信じて貰えなくなった時から。

 

晴太もよく嘘を付く。

彼女は私には嘘を付かないでと、彼にいう。

 

小夏は晴太の嘘も本当の事も、すべて信じてあげると、彼を受け入れる。

晴太は縫いぐるみを着て、小夏を抱きしめる。

彼は泣きながら「小夏ちゃんの事が好きです」と、正直に告白する。

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top