ドラマ

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第8話あらすじ(ネタバレ)と感想

臨床犯罪学者 火村英生の推理
『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

斎藤工窪田正孝 W主演

原作は、有栖川有栖の謎解き本格ミステリー!!

 

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

第8話のあらすじ(ネタバレ)と感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第8話あらすじ・ネタバレ

 

第8話 「アポロンのナイフ 」ストーリー

切り裂きヒーロー

東京地検へ移送中、シャングリラ十字軍の指導者・諸星沙奈江(長谷川京子)が脱走した。

彼女は仲間に「計画を変更する~ターゲットは火村英生」謎の司令を出したが…..

 

東京で過激派集団・シャングリラ十字軍の若者2人が、何者かによって命を奪われた。

犯人が高校生ではないかという噂が、ネットで話題になっていた。

 

噂の始まりは、都内の高校の裏サイトへの書き込みだった。

最初は悪戯かと思われたが、その少年が失踪した事でSNSで拡散した。

 

さらに、少年の顔写真がネットで拡散され。

《切り裂き王子アポロン》とアダ名が付けられ、ヒーロー扱いする者まで出ている。

 

火村(斎藤工)は以前、シャングリラ十字軍の指導者・諸星との面会を思い出していた。

彼女はその事件について「犯人は未成年だ」と言っていた。

 

さすがに顔写真はないだろうと思っていたが~

アリス(窪田正孝)は《アポロン》と呼ばれる少年・坂亦清音(小野寺晃良)の写真をネットで見つける。

その写真を見た時絵(夏木マリ)は、あれ~今日この子を見かけたと言い出す。

 

2つの事件

そんな中、高校生が刺されて亡くなる、連続事件が発生する。

被害者の尾木紫苑と座間剣介は、同じ学校の生徒だった。

 

事件の被害者・座間剣介は、喉を複数刺されており、犯行時間は昨夜の11時~午前1時。

昨夜は雨で、犯人の足跡や手掛かりは残っていない。

 

もう一人の被害者・尾木紫苑も手口は一緒で、同じナイフで刺されていた。

昨夜、11時41分に座間剣介から尾木紫苑にメールが送られている。

内容は「ごめん~いまからいくわ」

 

しかし、鑑識の調べでは、尾木紫苑は午後10時~11時の間に亡くなっている。

彼女は、座間剣介を待っている最中に襲われ、彼は待ち合わ場所に行く途中に襲われたと推測出来る。

犯人は、同一人物の可能性が高い。

 

そんな中、アポロンが京都に現れたという情報がネットで広まっていた。

この2つの事件も、アポロンの犯行らしいという噂がネットで拡散していた。

 

第一発見者

火村とアリスは、座間剣介の第一発見者・安納守之(泉谷しげる)の家を訪ねて話を聞く。

安納は、散歩に行く前、朝刊を見て尾木紫苑の事件の事は知っていた。

被害者・座間剣介を発見した時、連続事件だと思ったと。

スポンサーリンク


 

この二人は、安納が経営しているコンビニによく来ていた。

だが、最近は座間剣介一人で店に来ていたと、安納は話す。

 

尾木紫苑は、座間剣介からのメールを着信拒否していた事から、二人はうまくいっていなかったのか….

 

その時、テレビで《アポロン》の報道をしているのを安納は見ると。

なぜ、顔や名前を出さないのか、怒りで声と顔が変わってくる。

未成年なので、身長に捜査をしていると刑事が言うと。

 

ほんとうに犯罪者なら、未成年でも名前や顔を公表して指名手配にすべきだ。

未成年だからとプライバシーを守り、更生までするとは、おかしな話しだ。

 

声を大にして、安納は吐き捨てる!!

 

安納の家の中は、部屋は散らかり、布団は敷きっぱなしで荒れていた。

火村は安納の暮らしぶりを見て、何か違和感を感じるが….

 

火村らは、安納が経営するコンビニの従業員に話を聞きに行く。

安納について聞くと。

彼は妻と子供とは別居中で、一人暮らし。

 

1年前、息子がイジメに合い登校拒否になり、その後はフリースクールに通っている。

当時、安納は、学校側や加害者の保護者とかなりイジメのことで揉めたらしい。

臨床犯罪学者 火村英生の推理出典:http://www.ntv.co.jp/

新聞やテレビでは、今回の事件は《アポロン》の犯行かと、大々的に報道していた。

火村は、その事がどうも納得できない。

果たして、一連の事件は《アポロン》の犯行なのか??

 

屈折した心

一方、朱美(山本美月)は、公園で見知らぬ少年に声を掛けられる。

その少年は、《アポロン》と呼ばれている・坂亦清音だった。

 

読書の話をしていく中、意気投合する。

しかし、話の中で何かに憑かれた発言をする。

 

学生達が戯れているのを見て、僕はあいつらとは違う。

僕が神様で、あいつらには生きる価値もない~

生きていても、どうせ犯罪者にしかならない奴もいる~

 

彼の言動に不穏さを感じて、警戒心を強めるが…..

 

朱美は、彼に食べ物を買いに行かせている間に、彼のバックの中を調べてみる。

バックの中に、タオルで包まれたナイフを発見する。

それを、坂亦に見られてしまった!!

 

坂亦は自分が《アポロン》だと正体を告げる。

 

正体がバレた坂亦は、この後どうするか考えていた。

彼女をこの場で刺す、彼女に通報しないと約束させる。

人気のいない場所で、彼女を始末する。

 

大声で叫ぶ、走って逃げる。

そんな時、朱美は、坂亦の腕を掴んで通報すると言い出す…..

臨床犯罪学者 火村英生の推理出典:http://www.ntv.co.jp/

 

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top