ドラマ

『怪盗山猫』亀梨和也主演!第8話あらすじ(ネタバレ)と感想

怪盗山猫
『怪盗山猫』

亀梨和也・成宮寛貴・広瀬すず 出演

怪盗エンターテイメント!!

 

「怪盗山猫」第8話

あらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「怪盗山猫」第8話あらすじ・ネタバレ

 

第8話ストーリー

3年前の約束

ついに、山猫(亀梨和也)の前に現れた《ユウキテンメイ》

細田は知りすぎたのでカメレオンに消された。

ユウキは「山猫、おまえには失望した」と。

 

山猫が殴りかかると姿を消すユウキは、ホログラムだった。

「貴様は何も変えられない」といい残し…..

 

都知事・藤堂(北村有起哉)は逮捕されたが、自ら命を絶ってしまった。

その責任は関本(佐々木蔵之介)の謹慎処分で幕を閉じた。

謹慎が解けて北浦署に行っても、部下から白い目で見られて居心地が悪い。

 

そんな折、彼はある日本屋敷に向かう。

そこにいたのは《ユウキテンメイ》だった。

 

《藤堂を失脚させた罪は重いぞ、これ以上山猫を野放しにするな~始末しろ》と、命令が下る。

関本は、山猫を呼び出す。

怪盗山猫出典:http://www.ntv.co.jp/

廃工場でユウキテンメイと何を話したのか聞くが、山猫は話をそらす。

山猫に銃口を向け、「ユウキテンメイを恨めよ」と言って引き金を引くが弾が出ない。

あっとゆうまに拳銃を奪われて、形勢が不利になる。

 

弾は山猫がアジトで抜いていた。

関本の上着のポケットには、山猫ライター(発信機&盗聴器)が入れられていた。

関本の行動と情報は、山猫に筒抜けだったのだ。

 

関本がユウキテンメイとつるんでいたことに驚く、山猫。

家族を人質に取られていると関本は話す。

妻と子供はユウキテンメイが監視している。

 

3年前、関本は山猫と約束してユウキテンメイを追い始めた。

ユウキとの接触に成功した関本だったが、ユウキは山猫の能力を高く評価していた。

そこで関本の家族を人質に取り、ユウキが排除したい人間の悪事を山猫に暴かせた。

スポンサーリンク


 

隠し財産

山猫は、関本に向けていた銃口を下ろし、これからどうするんだよ~と関本に聞くと。

ユウキの所にはもう戻れない、奴を葬り去る~まずは隠し財産を奪うと言い出す。

再び、二人は手を結ぶ。

 

関本は、山猫のアジト・ストレイキャットにメンバーを集めて、隠し財産のことを話す

数兆円ともいわれるている、旧日本軍の金塊がフィリピンの奥地に眠っている。

都市伝説となっている話だが、それは実在している。

 

その財産が日本にあると、関本は話す。

 

山猫が細田の工場で見つけた一枚の金貨は、その隠し財産かも知れない。

あの工場は戦後すぐに建てられていた。

その立案者は戦後最大のフィクサー《ユウキテンメイ》

 

ユウキは隠し財産を隠すために、その工場を建てた。

細田は、それを知ってしまい消されたとも考えられる。

 

すでに隠し財産は、別の場所に移されていると思われる。

隠し財産はユウキの政治資金、それを盗めば奴を失脚させる事ができる。

 

隠し部屋

関本の調べで、警察歴史館にユウキに関する資料が保管されているということが判明する。

しかし、その資料が建物のどこにあるかは、極わずかの関係者しか分からない。

金塊を見つける手がかりは、その資料にある。

 

チーム山猫は、警察歴史館からユウキに関する資料を盗み出す作戦を開始する。

真央(広瀬すず)は、警察歴史館の見取り図を分析する。

6階までは奥に部屋があるのに、7階だけは奥が壁になっているのを発見。

 

7階の廊下には防犯カメラが10台、奥の壁に付いているブレーカーBOXが指紋認証の出入り口となっている。

 

奥の壁の部屋が、ユウキに関する資料が保管されている隠し部屋に違いない。

山猫と勝村(成宮寛貴)は、警備員に扮して建物の中に侵入する。

真央がブレーカーBOXの指紋認証を解除すると、壁が開いて隠し部屋が!!

 

部屋の奥には、セキュリティーでロックされた金庫室を発見する。

勝村が部屋に入ると、矢が飛んで来るトラップが発動。

 

そんな時、犬井(池内博之)ら警察が、山猫たちを追って建物に侵入してくる。

山猫は、トラップを警戒して勝村を先に行かせると、彼は足が粘着して動けなくなる。

そこへ、犬井(池内博之)が現れるが、山猫はいなかった。

 

山猫はどこだ~~!!

 

犬井は金庫室に山猫がいると判断し、セキュリティーロックを解除して金庫を開けた、その時。

天井に隠れていた山猫が、催眠スプレーで犬井らを眠らせる。

 

作戦大成功!!

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top