ドラマ

『スペシャリスト』ドラマ第8話 あらすじ・ネタバレと感想!

スペシャリスト
『スペシャリスト』

冤罪で10年間服役した刑事・宅間善人

主演 草彅剛

 

「スペシャリスト」

ドラマ第8話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます

 

スポンサーリンク

「スペシャリスト」第8話あらすじ・ネタバレ

 

第8話ストーリー

京都にいる元妻・室町美也子(紺野まひる)が同窓会で上京し、宅間善人(草彅剛)は久々に再会する。

ある事件に巻き込まれた宅間は、それを明らかにするために東京に来た。

待っているからと切なそうに宅間に告げる、美也子。

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

美也子は、15年前に宅間が編集した京都府警の広報誌を宅間に渡す。

広報誌の間には、学生時代の文芸サークルの同人誌が挟まっていた。

「なぜ同人誌まで…」と思いながらも受け取った宅間だったが…。

 

3つの遺留品

宅間善人(草彅剛)と姉小路千波(南果歩)は、野方希望(和田正人)から捜査一課が追っている三件の連続事件の概要を聞く。

三件とも、拳銃で撃たれて亡くなる事件だった。

 

一人目の被害者は会社員で、いきつけのジムのシャワー室で撃たれる

二人目の被害者は、スーパーのパート店員で、帰宅途中に撃たれる。

三人目の被害者は職業不詳の男で、繁華街の路地裏で撃たれる。

 

凶器である拳銃の線条痕は三件とも一致しており、犯行時間は深夜で人目につかない場所。

この三件の被害者には、共通した繋がりもなく面識もなかった。

よって、無差別による犯行の可能性が高い。

 

「3つの犯行現場には奇妙な遺留品が残されていた」と野方は重要事項を言ってしまう。

その奇妙な遺留品とは、プラスティック製の正方形に↑みたいなものが記されていた。

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

一方、松原唯子(芦名星)と堀川耕平(平岡祐太)は、事件現場で臨場していた。

暴力団の元組長・郡司喜作(南雲佑介)が、ラブホテルの一室で刺されて絶命した事件だった。

supei8wa2出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

唯子は、現場で妙なプラスチック片を発見する。

 

奇妙な遺留品を見た宅間は「この事件まだまだ続くかも」と不吉な予言をする。

この図形のような遺留品がもっとたくさん出てくれば、共通する意味が分かるかも知れない。

次の現場にこんなのが残されていたらかなりヤバイかも…そう言いながら図形を書く宅間。

 

そんな時、唯子から奇妙な遺留品を見つけたと報告が入る。

パソコンに送られてきたその画像は、宅間がボードに書いたものと完全に一致するものだった…!

 

宅間の予言が的中する!!

 

裏サイトが暗示するもの

郡司について調べていた唯子たちは、郡司が過去に傷害で逮捕されるも不起訴処分で釈放されていたこと。

さらに三件の連続事件の被害者たちも、過去に容疑者として疑いをかけられた事件を起こしていた。

 

しかし、罪には問われていなかったことを突き止める。

 

宅間は、組長が刺された事件と三件の事件は繋がりがあると見る。

現場に残されていた《4つの奇妙な遺留品》には意味がある。

サイバー犯罪分析室に、この4つの画像が載っているサイトを検索依頼したら、あるサイトが出てきた。

 

そのサイトは裏サイトで、チェスのサイト!

 

そのチェスのサイトのTOP画面に、4つの画像と同じ記号が載っていた。

スポンサーリンク


コマは8本あり、4本倒れていた。

 

4つの記号の矢印はコマの動きを表しており、コマには数字とアルファベットが描かれている。

調べていく中、コマの数字は被害者が過去に起こした事件の日付。

アルファベットを並べ替えると、被害者の名前であることが判明する。

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

被害者のコマはすべて4本とも倒れており、8本のコマは犯行のターゲットを表わしていた。

8人の人間が過去に人の命を奪っていたのに、その罪に問われていないとしたら…

 

ネットに訪れた人間に参加者を募り、8人の人間の命を絶つように指示を出している。

達成者には賞金や賞品、名誉なども用意して、ゲーム感覚で実行させる。

 

三つの事件の犯行に使われたのは拳銃で、四つ目がナイフだった。

参加者が変わったので、凶器も変更になったと解釈できる。

 

犯人を逮捕すると言っても、この裏サイトを見た全員が容疑者になると、千波は頭を抱える

残りのコマは、あと4つ。

 

一刻も速く、犯人を捕まえないと。

宅間が服役していた時の、ひとりの男の存在が気になって来る…..

 

犯罪脚本家からの挑戦状

チェスのサイトを調べると、海外のサーバー経由からアップされており管理者は不明。

残りのコマは4つ、4人の名前と過去に起こした犯罪の詳細が判明した。

 

4人とも罪には問われていなかった。

この4人に警告しようとしたが、どの人物も行方不明になっていて連絡が取れない。

 

宅間は、刑務所仲間・銭家円蔵(田中要次)から、このサイトの管理者用バスワードを入手した。

パスワードを打ち込んで見ると、TOP画面とは違いコマにターゲットの名前が付いていた。

ターゲットのコマをクリックすると、過去に起こした犯罪が詳細に明記してある。

 

その詳細を見ると、8人のターゲットには動機があって相手の命を奪っているのに、誰ひとり罪を償っていないことが分かる。

 

8人のターゲットは、不特定多数の人間の目に触れて免罪符となる。

こんな人間は命を奪われても文句は言えない、免罪符。

このサイトは、普段は人の心の奥底に眠る悪意に、ターゲットと免罪符を与える起爆装置。

 

ゲームにエントリーさせ、この悪意に揺さぶりを掛けて表に出させる。

 

こんなこと考える人間はひとりしかいない。

元大阪府警刑事、犯罪のシナリオを書く天才・犯罪脚本家・佐神稚洋(上川隆也)

 

佐神は刑期を終えて出所していた。

彼は、この裏サイトを作り、不特定多数の人間にエントリーさせて犯行を実行させている。

宅間はこの裏サイトを、佐神から自分への挑戦状と受け取る。

 

第5の被害者

そんな中、裏サイトの管理画面に何者かがアクセスしてきた。

唯子は、サイバー犯罪分析室に連絡しアクセス元を調べてもらう。

裏サイトへのアクセスは、漫画喫茶からされていた。

 

唯子と堀川はアクセス元のブースに向かう。

扉を開けると、そこにいたのはターゲットの一人である小池智英だった。

 

小池は仲間から自分のことが裏サイトに出ていることを知る。

漫画喫茶から管理者ページにアクセスして、データを消そうとしていた。

 

そんな時、第5の被害者が発見される。

被害者は牧瀬照美。

ターゲットのひとりである。

 

過去の罪は、再婚相手の子供を虐待して命を奪ったが、不起訴で罪には問われていない。

凶器は鉄パイプのようなもので、殴られて絶命。

被害者の近くにはナイフと奇妙な遺留品が。

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

遺留品の図形は、裏サイトに出ていた牧瀬照美の図形と一致。

被害者が亡くなったのは夕刻だが、目撃者は無しで、犯人に繋がるものも何も見つかっていない。

裏サイトを見ると、いつの間にか牧瀬照美のコマが倒れていた。

 

犯人が管理画面にアクセスしてやったのか?…..

残りのコマは3つだ!!

 

小池は保護しているが、残りの二人は行方不明だった。

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top