ドラマ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう!第7話あらすじ・ネタバレと感想

itukoi7wa1

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

有村架純×高良健吾 W主演

衝撃の第7話~真実は明らかにされるのか?

 

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

第7話のあらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第7話あらすじ・ネタバレ

すっかり変わってしまって別人のようになってしまった練!

明かされる真実~いったい彼に何があったのか?

注目の第7話です。

 

第7話ストーリー

隠れた想い

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)からプロポーズされる。

朝陽が婚約指輪を音の指にハメようとしたら、床に落ちる指輪。

(これってかなりショックだと思いますよ(。>﹏<。)

 

朝陽の想いを受け入れなかった音は、考えた事なかったからと、その場の空気を和らげる。

朝陽は、動揺する中、気を取り直し「返事はいますぐでなくてもいいよ」

「君を幸せにする自信はあるんだよ~」と自分の想いを伝える。

 

音は、帰ろうとしていた朝陽に、練(高良健吾)と会ったことを話す。

練には助けてもらったから、力になってあげたいという気持ちが音にはある。

朝陽はそうしてもいいよと言うが、内心では…..

 

失った希望

ある日、音は、柿谷運送の佐引(高橋一生)に会いに行く。

佐引から、練の祖父・健二(田中泯)が亡くなった時のことを教えられる。

 

佐引は会津に帰った時、練と健二の生活を目の当たりにして見ていた。

健二は倒れて病院に入院した後は、人が変わっていた。

怒りと憎しみだけの老人になっていて、それが練に向けられていた。

 

誰なのかも分かっていないで、練のことを毎日罵しり続ける健二。

俺の畑を返せ、山を返せ、おまえのせいでこうなったんだと。

健二は病気でおかしくなっていたので、仕方がない事だった。

 

しかし、練は健二の言うことをすべて受けとめて、ひとりで想い悩んでしまう。

健二は病院を抜け出し、駅のトイレで亡くなっている所を発見された。

怒り・憎しみ・孤独が健二の最後の姿だった。

 

夢も思い出も、帰る場所も、練を支えていたすべてが消えて亡くなった。

 

閉ざされた想い

音は練の事務所を訪れる。

練は相変わらず、「何か用ですか」と冷たい言葉を投げる。

 

音は静恵(八千草薫)が心配して会いたがっていることを伝える。

スポンサーリンク


大きくなったサスケの事、佐引も心配している事も話すが、練は心を開いてくれない。

 

追い出されそうになった音は、健二の話をする。

健二は練の事が好きで、恨んでないかいないと思いますと、知ったかぶって言ってしまう音。

会った事もなく、何も知らないくせに….

 

練は、健二の遺品を音に見せる。

それは、健二がトイレで亡くなったとき着ていたパジャマだった。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

憎しみ・恨み・孤独が染み付いている、薄汚れたパジャマ!

 

「何にも知らないくせに、勝手な事いうな」と吐き捨て、練は事務所を出て行く。

 

5年前の責任

一方、練の所にいる小夏はデザイナーを目指している。

いくつも専門学校を受けているが、どれも長続きしていない。

 

小夏は、カタログを指さし、前期分学費68万を今日中に振り込んでと練に指示する。

(高すぎるw~だいたいなんで言いなりになるのよ~(-_-メ)

 

小夏はデザイナーになれるよと、笑顔で了承する練。

5年前、練が健二の家に帰った時、小夏が訪れたがそれを追い返した。

(その時、小夏は何日もひとりで何処かにいたらしい~)

 

5年前の責任とはなんなのか?

(まだ、具体的な説明はないですね~)

 

そんな中、音は、練がゴミ箱に捨てた健二のパジャマを持って帰ってきていた。

洗ってシミを取り、パジャマにアイロンを掛けて綺麗にしていく。

ポケットに何かレシートが…..

 

非情な仕事

朝陽は社長室に入り、父・征二郎(小日向文世)の跡継ぎとして仕事をするまでになっていた。

次期社長も夢ではなく、経済的には恵まれている環境にいる。

 

そんな時、父から結婚の話がでる。

知り合いにいい女性がいるが、会って見るかと言われる。

朝陽は結婚を考えている人がいると告げる。

 

今度、家に連れて来なさいと言われる中、仕事の指示が出る。

資料を渡し、今月中にこの会社を整理して、社員全員解雇しろという非情な命令だった。

 

朝陽はその会社に寄った帰り、「春寿の杜」の音の所に立ち寄る。

近くまで来たので寄って見たという中、そこに兄・和馬が現れる。

 

和馬は「おまえが今潰している会社から、何人も路頭に迷う社員が出るんだよ~」

そう言いながら、朝陽の頭に水を浴びせかける。

変わり身の早いおまえのような奴が、出世するんだな~と嫌味を言いに来たのだ。

 

朝陽も負けじと「再就職困っているなら、仕事紹介するよ」と動じない態度でいる。

朝陽の兄・和馬は(福祉誠治)は、この非情な仕事に嫌気が差し、移動願いを出したら父にリストラされた。

リストラを告げたのは、弟・朝陽。

 

朝陽は、当時の兄と同じ道を進んでいる…..

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top