ドラマ

『東京センチメンタル』第7話あらすじ・ネタバレとロケ地!

東京センチメンタル

『東京センチメンタル』

吉田鋼太郎 主演

 

今週のゲストマドンナは演技派女優の

ハマカワフミエさんです。

 

「東京センチメンタル」

第7話のあらすじ・ネタバレとロケ地

ハマカワフミエさんの事を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「東京センチメンタル」第7話あらすじ・ネタバレ

 

第7話「佃島の恋 」ストーリー

DV彼氏

店を閉めようとしていた「くるりや」に、突然、佐野ゆかり(ハマカワフミエ)が駆け込んでくる。

彼氏に別れ話を切り出したところ、暴力を振るわれそうになり逃げてきたという。

 

店で彼女を保護していたが追いかけてくる様子もなく、あかね(高畑充希)が外を見たが誰もいなかった。

警察を呼ぼうとした久留里卓三(吉田鋼太郎)だったが、彼女から止められる。

 

夜も遅かったので、卓三は、ゆかりを家の近くまで送ることにした。

途中、車のクラクションに驚き、ゆかりに腕をしがみつかれる卓三。

成り行きだと思い込むが…。

 

その後、ゆかりから相談をしたいと連絡が来る。

二人は、喫茶「ふるさと」に入り話を聞くことに。

 

卓三が相談は何と聞くと、ゆかりはいきなりスカートを捲し上げ腿のアザを見せる。

最初は優しかった彼氏だが、徐々に束縛するようになりエスカレートしていった。

 

女友達と会うことすら許して貰えない。

で、その内暴力を!!

 

こんな可愛い子が彼氏の暴力で悩んでいるなんて….日本はどうなっているんだ。

ゆかりは真っ直ぐ家に帰る気になれなかった。

 

佃島の名所

卓三は、彼女を散歩に誘って佃島の名所を案内する。

東京センチメンタル出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/

佃小橋や、佃煮で有名な「天安」に行く。

(天安は老舗の佃煮屋。私も何回か買いに行きましたが、ほんとここの佃煮は美味しいです)

 

玄粋庵「KITSUNE」で食事を楽しむ二人。

この店は、手打ちの十割そばが有名です。

 

蕎麦の香り、喉越し、共に申し分なく美味しいです。

店内はシックな雰囲気で落ち着いた感じ、オススメのお店です。

 

ゆかりは新しい彼氏が出来れば、あの人も諦めてくれるかな~と意味深な発言を…

東京センチメンタル出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/

卓三は中央大橋の上で、どんなことがあってもゆかりちゃの見方だよと、彼女を勇気づける。

スポンサーリンク


別れ際、ゆかりは「卓ポン~~」と卓三は「ゆかり~」とお互いを呼び合う。

 

束縛する女

蕎麦屋店主・荒木(小栗旬)は、携帯に頻繁に連絡がくる女性は、嫉妬深く束縛されることもある。

付き合ったら大変かも知れないと、注意を呼びかける。

 

そんな中、「くるりや」にゆかりの彼氏から電話が来る。

会って話がしたいと言う。

 

越中島公園で待ち合わせすると、安藤(岩井秀人)という男に声を掛けられる。

安藤は見るからに真面目そうなサラリーマンだが、油断は出来ない。

 

安藤はゆかりに近づかない方がいいと言い出す。

卓三は、彼女に暴力振るっただろうと、いうと。

あれは自分で暴れて柱にぶつけたものだと、言い返される。

 

携帯を勝手に見て、男友達の連絡先を削除したり、女友達と飲みに行くのも許さない。

安藤は、それは彼女が僕にしたことですと、真逆の事を言い出す。

 

ゆかりは、彼に愛されてはいないのではと、いつも不安になっている。

 

自分が相手にどれだけ愛されているのか、試している。

そう安藤は真剣に言う。

 

ゆかりの話と真逆な話で、戸惑う卓三だった。

 

ほんとに彼氏はDV男なのか?

それとも彼女が嘘つき女なのか?

 

当て馬の恋

ゆかりと彼氏は、どちらが本当の事を言っているのか、あかねに相談していた時。

卓三の携帯にゆかりからメールが来る。それも1分毎に。

3分返信が遅れただけで、怒っているゆかり。

 

返事しようとしていると、会いたいとメールが来る。

越中島公園で卓三を見ると、抱きついてくるゆかり。

ゆかりは「ひとりじゃ生きていけない~」と卓三を見つめる。

東京センチメンタル出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/

ゆかりは眼を閉じて待っている。

 

卓三はドキドキしながら、これは大チャンスだ~と思ったが….

その時、安藤が現れる。

安藤の元にくるりの所にいくと、ゆかりからメーセージが来ていたのだ。

 

ゆかりはあなたが悪いのよ~と言いながら、安藤の胸に飛び込んで行く。

(あらまっ~~やっぱり嘘つき女だったんだw)

 

可哀想な卓三(。>﹏<。)

 

二人は、愛している、もう離さないよとか、熱く語ってまたしても抱き合う。

卓三はその光景を眼を丸くして見ているだけだった。

ゆかりは、あのとき逃げ込んだのが「くるりや」さんで良かったと、最後に言う。

 

卓三はお幸せに~~と言い残し、そのばを去って行く。

 

第7話 完

吉田鋼太郎主演『東京センチメンタル』のキャストやロケ地⇒

『東京センチメンタル』吉田鋼太郎主演!第8話あらすじ・ネタバレ⇒

 

第8話予告

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top