ドラマ

『わたしを離さないで』第7話あらすじ・ネタバレと感想!

わたしを離さないで

『わたしを離さないで』

綾瀬はるか 主演

第7話から最終章突入です~

 

「わたしを離さないで」

第7話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「わたしを離さないで」第7話あらすじ・ネタバレ

第6話で真実が亡くなり、悲しみと悔しさが交差する中、恭子は決意する。

すべてを諦めた、運命に従う天使になることを!

 

第7話から、物語はいよいよ最終章に入ります。

3人は過酷な運命を受け入れるだけなのか?

それとも….

 

第7話ストーリー

限られた時

恭子(綾瀬はるか)は珠代(馬場園梓)と一緒に、真実が亡くなった場所で花を添えていた。

珠代から友彦(三浦春馬)の介護人をやったらといわれる。

彼も恭子にリクエストを出して待っている。

waatsi7wa1出典:http://www.tbs.co.jp/

真実が最後に言い残した言葉、「生まれてきてよかったと思えることを何か見つけてほしい」

真実からの宿題をやることになるのではと、珠代はいうが。

 

恭子には美和(水川あさみ)がいる。

やっと美和が心を開いてくれてうまくいっていた。

珠代は別れ際、私ももうじき提供が始まるので恭子に介護人をやってほしいと言い残す。

 

そんな中、自宅に帰るとポストに「提供開始通知」が来ていた。

不安で動揺する恭子。

今、提供者になってしまったらすべてが終わってしまう。

 

翌日、市役所の担当者に確認すると通知は間違いだったことが分かる。

今回は間違いだったが、私に残された時間はそう長くはないと実感する恭子だった。

 

介護人の定め

恭子は美和の介護人をなんとか無難にこなしているが、未だに過去の想いは拭いきれていない。

それは美和も同じことだ。

 

ある日、美和からレンタルDVDを返却して欲しいと言われ、店で返却したら中身が違っていた。

スポンサーリンク


美和がわざとやっていることは恭子には分かる。

このまま残りの時間を、美和の介護人として費やしていいのだろうか….

 

恭子は、そんな想いが心を埋め尽くしていく。

 

そんな中、恭子はいつもの様には回復センターに行くと、職員から美和の次の提供の資料を受けとる。

介護人は提供を告知する努めもある。

 

中身を見ると、肝臓・小腸・膵臓の《3種同時提供》だった。

恭子は即時解体に等しいこの提供に、職員に詰め寄るが。

 

美和は回復が遅くお金が掛かっており、前回の提供からも時間が経っている。

通常ならとっくに3回の提供は終えているので、仕方がないですと職員から事務的に言われる。

それにしてもひどすぎる! 呆然とする恭子….

 

美和がこの提供通知を見たら、ブチ切れて何するか分からないかもと想像していたが。

美和の病室に行くと。

 

今更ながら、ごめん間違えてCD入れたと詫びる美和。

恭子は返し忘れていたと相手に合わせる。

(こんな関係って疲れますよね~(。>﹏<。)

 

恭子は、次の提供が決まったと言って資料を見せる。

予想に反して、美和はそれを見て冷静に受け止める。

恭子が驚いている中~

 

「ひどいよね~別に何かをやらかした分けでもないのにさ~」と、ある程度本人もこの事態を予想していた。

 

学苑の想い

恭子に掃除をお願いして、ティーラウンジに向かう美和。

美和は《もう時間がない》と想いにふけていた。

掃除を終えた恭子が声を掛けると、美和は陽光学苑に行きたいと言い出す。

 

しかし、陽光学苑は潰れていた!

 

美和は知っていたが、それでも提供の前に行きたいと強く願う。

それも友彦を入れた、3人でと。

 

「恭子は私の介護人でしょ~私の最後の望みを叶えようとしてくれないの?」

そう詰め寄る美和に押され、恭子は承諾する。

 

恭子は美和の外出許可を職員にお願いするが、提供が近いので許可出来ないと言われる。

美和は3種同時提供で動揺している。

外出許可が下りないと、ヤケを起こして提供できなくなるかも知れないと、職員を脅す。

 

恭子は、友彦に手紙を書いてと美和に言う。

だが、なんであたしが~と嫌がる。

もう最後なんだから、自分の意思を伝えようよと励まして書かせる。

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top