ドラマ

『スペシャリスト』ドラマ第7話 あらすじ(ネタバレ)と感想!

スペシャリスト

『スペシャリスト』

犯罪者の心理を知り尽くしたスペシャリスト

草彅剛 主演

 

「スペシャリスト」

ドラマ第7話のあらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「スペシャリスト」ドラマ第7話あらすじ(ネタバレ)

 

第7話ストーリー

怪文書

「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」という怪文書が送られてくる。

宅間善人(草彅剛)、我妻真里亜(夏菜)、野方希望(和田正人)の3人が玄豊会病院を調査しに訪れる。

怪文書はすでに7通も送られてきていた。

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

撒かれる日時や具体的な金銭等の要求もなく、捜査一課は掃除係りの総合事犯対応係に捜査を任せた形だった。

 

一方同じ頃、松原唯子(芦名星)と堀川耕平(平岡祐太)は、梶村隼男(黒岩司)という男性が亡くなった事件現場を調べていた。

致命傷は後頭部を強打されたことだが、物盗りや怨恨の線も薄くトラブルに巻き込まれた形跡も無い。

被害者の近くには鍵が落ちていたが、何の鍵かは判明していない。

 

宅間は、玄豊会病院の怪文書と梶村の事件が繋がっていると言うが、そこにはどんな意味があるのか…..

調べて行くと、梶村は玄豊会病院の最新セキュリティシステムの開発者だったことが判明する。

これで、宅間の推測どおりに玄豊会病院と梶村が繋がった。

 

宅間たちは、事務長の山本茂文(袴田吉彦)と外科部長の高沢憲一(池田政典)から詳しい話を聞くことに。

山本は今までに送られて来た、6通の怪文書を見せる。

 

「整形外科でリハビリを受けると金運が下がる」

「眼科には目玉の神様がいて常に見張っている」

「産婦人科にはお産のときに亡くなった妊婦の幽霊がいる」

「消化器内科で月末に亡くなった患者は翌月生き返る」

「泌尿器科ではトイレのヤギコさんが紙を食べる」

「小児科では夜中にいないはずの子供が泣く」

 

7つ目の怪文書が、「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」

7通目の内容が違うもので、不吉な文面だったため、山本は徹底的に調べてほしいと依頼する。

だが高沢は「わざわざ警察の手を煩わせることでもない」と、警察の介入に難色を示す。

 

宅間は「天災は忘れた頃にやって来る」をたとえ、6回空振りでも7回目に大当たりすることもある。

この病院に恐ろしいものが撒かれるかも知れないと、推測する宅間。

そうならいためにも調査する必要があるのではというと、高沢も渋々承諾した。

 

病院の七不思議

病院内を調べ始めた宅間らは、案内ボランティアの・馬場小百合(小柳友貴美)と親しくなる。

宅間は7通の怪文書を彼女に見せると《玄豊会病院の七不思議》について耳にする。

 

怪文書は《玄豊会病院の七不思議》のコピーだったことが分かる。

でも、最後の「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」だけ違っていた。

七不思議では「玄豊会病院にはカルテのない患者がいる」

 

なぜ、7つ目だけ文言が違うのか??

 

宅間らは、看護士の鳥塚蕗子(逢沢りな)に案内役を頼み七不思議の調査を開始する。

 

撒かれるものとは

一方、千波(南果歩)は病院の防犯カメラの映像を調べていた。

そんな中、政財界で有名なVIP「スマートトレンドグループ」の創始者、大城滋夫(清水章吾)を見つける。

スポンサーリンク


彼はこの病院に極秘入院していたのだ。

 

そんな中、被害者・梶村の近くに落ちていた鍵は、埠頭の倉庫の鍵であることが判明した。

唯子と堀川は埠頭倉庫に向かう。

 

唯子と堀川が倉庫の中に入ると、玄豊会病院のIDカードらしきものが多数散乱していた。

勝村は、玄豊会病院のセキュリティシステムの開発者だ。

犯人は勝村から病院のIDデータを奪うことが目的だったのだろう。

 

さらに机の引き出しからファイルを見つける。

その中には、大城滋夫の記事が多数スクラップされていた。

さらに記事の中に、復讐、父の仇、ウィルスと書かれた文言が….

 

犯人は、極秘入院している大城滋夫に恨みがあり、彼にウィルスを使って復讐を企てているのか?

ひとりの男の社員証を発見!

チーフエンジニア・湊修一郎(山本剛史)のIDカードだった。

 

怪文書には「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」と書いてある。

そうなると、病原性のウィルスを病院内で撒き散らすことなのか!!

 

七不思議の解明

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

 

整形外科の七不思議

「整形外科でリハビリを受けると金運が下がる」

 

整形外科では骨粗鬆症などの治療もしており、お年寄りが多かった。

宅間は、ひとりの男がお年寄り相手に投資の話をしているのを目撃して、ピンと来る。

 

その男のバックを調べると、会話を録音しており、手帳にはお年寄りのデータがびっしり書かれていた。

この男は高齢者を狙った特殊詐欺を働いていた。

 

整形外科では、リハビリを受けると詐欺に会いやすくなるという意味があった。

所轄署の刑事を呼んで、その男を連行していく。

 

眼科の七不思議

「眼科には目玉の神様がいて常に見張っている」

 

宅間は視力検査の上に、目玉が付いた模型を見つける。

中を開けると、録画機能付きの小型カメラが入っていた。

 

メモリーカードを抜き出してパソコンで見てみると、担当医がアイドルをPCで見ていたり、スイーツ雑誌を見ていたりと…

盗撮ではなく、出入りする営業マンが担当医の好みを調べるためにセットしていたものだった。

 

産婦人科の七不思議

「産婦人科にはお産のときに亡くなった妊婦の幽霊がいる」

 

産婦人科では、臨月でとっくに予定日を過ぎているのに、毎日通院している女性を見かける。

診察予約していないのに、ずーといるから幽霊と表現。

 

真里亜がその女性のお腹を調べるとニセモノだった。

彼女は、自分の不倫相手の奥さんに見せつけるために偽装していた。

 

消火器内科の七不思議

「消化器内科で月末に亡くなった患者は翌月生き返る」

 

月末に亡くなった患者を、翌月の1日まで生きていたことにすれば、その分の年金が貰える。

担当医が遺族のために私文書偽造をしていた。

 

泌尿器科の七不思議

「泌尿器科ではトイレのヤギコさんが紙を食べる」

 

宅間は、トイレから出てきた女性を調べる。

リュックサックの中には大量のトイレットペーパーが!

 

小児科の七不思議

「小児科では夜中にいないはずの子供が泣く」

 

真里亜にソファーに座るように指示する宅間。

座ると「オギャーーーー」と赤ん坊の声が!

ソファーのクッションの下に縫いぐるみを仕込んだ悪戯だ。

 

これで6つの七不思議が解明された。

最後の7つめはすでに解けたと宅間はいうが…..

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top