ドラマ

『悪党たちは千里を走る』第6話あらすじ・ネタバレと感想!

悪党たちは千里を走る

『悪党たちは千里を走る』

ムロツヨシ 主演

テッペン水ドラ!!

 

「悪党たちは千里を走る」

第6話のあらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「悪党たちは千里を走る」第6話あらすじ・ネタバレ

重度の喘息持ちである巧(大西利空)の安否を気にする高杉(ムロツヨシ)ら。

亜也子(紺野まひる)に指示を出し薬を届けてもらう事にする。

 

だが、亜也子が乗ったタクシーは刑事の陰木(中村靖日)らが尾行していたとは、高杉らは知る由もなかった。

高杉たちはこのまま捕まってしまうのか?

注目の第6話です。

 

第6話ストーリー

薬のフェイク

高杉の指示を受けて、亜也子は巧の喘息を収める薬を持ってタクシーに乗った。

タクシーを尾行する陰木らは、亜也子が必ず犯人と接触すると見ている。

 

タクシーは、亜也子の母が入院している病院に着く。

指示通りに母の病室に向かう亜也子。

病院内で待っていた高杉は、病室に入る亜也子を見届ける。

 

そんな中、陰木らも病院に入る。

高杉は、刑事が病室から出てきた亜也子を尾行しているのに感づく。

 

病室に置いた亜也子の手袋を手に取り、亜也子の前に姿を現す刑事・陰気たち。

その手袋はカモフラージュだった。

薬はタクシーのシートの間に挟めと、高杉が指示していた。

 

「何しにここに来たんですか」と詰め寄る陰気に、母のお見舞いですよと平気な顔して応える。

亜也子は自分を尾行してきて疑う陰木たちを、警察に抗議しますからと開き直って言い捨てる。

 

園部が亜也子が降りたタクシーのシートを調べるが、薬は見当たらない。

 

これはどういう事なのか??

 

園部は亜也子が降りたタクシー番号を指定してタクシーを呼んだ。

運転手に聞くとワンメーターだけお婆さんを乗せていたことが判明した。

 

恐らくそのお婆さんが、手違いでシートの隙間にあった薬を持っていったのかも…..

薬は手に入れられず、失敗に終わった!

 

不可解な謎

一方、陰木たちも問題のタクシーを調べていた。

タクシーの運転手は亜也子を乗せておらず、今夜の10時過ぎは走っていないと言い出す。

そんなバカな~おかしいと言い出す陰木たち。

 

タクシーは東京無線6106号。

運転手は証拠として乗務記録を見せ、夜9時~11時までは仮眠となっていた。

 

またまた謎は深まるばかりだ!!

 

菜摘子(黒川芽以)は詐欺師としての推理を鋭く働かせる。

亜也子が降りた後、園田は6106号を電話で予約している。

その間にワンメーターだけお婆さんが乗るなんて、不可能じゃないのと言い出す。

 

恐らく、タクシーの運転手が取ったと推理する菜摘子。

 

菜摘子はその時の運転手がジョンレノンだったという。

 

その時、ジョンレノンから電話が来る。

高杉は、おまえが取ったのか~と怒鳴りまくる。

 

「チャンスを上げたのに、私の事を覚えていないとは残念です、園部さん」と至って冷静に応えるジョンレノン。

スポンサーリンク


悪党たちは千里を走る出典:http://www.tbs.co.jp/

タブレットに、薬を服用して落ち着いて寝ている巧の動画が送信されてきた。

「明日の夜9時までに、現金で1億円期待しています」とジョン・レノンはいい電話は切れた。

取り敢えず巧の喘息が収まり、泣きながら安堵する高杉だった。

 

形のある想い

菜摘子はそんな高杉を見て、いい大人が泣いたりしてバカじゃないの~とバカにする。

高杉が身代金要求で、2億の所を3億要求して自分の借金を返そうとしたことを非難する。

 

菜摘子は自分の過去を思い出し、泣いても解決しないし誰も助けてはくれないと言い捨てる。

高杉がよくいう情とか想いとか、そんなものは何にも役に絶たない。

私が信じるのはお金だけ。

 

そんな現実主義な菜摘子を見て、おまえは悲しい女だと高杉は逆襲する。

 

涙は自然に出るもの、それの何が悪いんだ~

 

形にならない想いを、形にするのが俺の仕事だと菜摘子に向かっていう高杉。

いつかおまえを泣かしてやるから、待ってろと菜摘子に対して闘志を燃やす。

 

送金

一方、陰木たちは渋井家に戻り、他の刑事達と犯人からの連絡を待っていた。

亜也子は夫・隆宏(堀部圭亮)を寝室に呼び、犯人から来たメールを見せる。

悪党たちは千里を走る出典:http://www.tbs.co.jp/

「薬を飲ませ、症状は落ち着いた」

喘息が収まり、すやすや寝ている巧の動画も見て安心する二人。

こちらは約束は守ったので、必ず朝6時までに2億円振り込めと、追加メールが来た。

 

そんな中、高杉の携帯に亜也子から感謝のメールが届いた。

その後に、警察が怪しんでいるので、具体的な指示を自宅の電話にされたほうがいいと追加メールが来た。

 

高杉は、渋井家の自宅に身代金要求の電話を掛ける。

明日の夜9時までに現金で5億円用意しろ、受け渡し方法は明日また電話する。

高杉はフェイントをかける。

 

翌朝、菜摘子が騒いでいた。

パソコンで見ると、指定口座に2億円が振り込まれていた。

その画面をじっと見つめる3人だった。

 

第6話 完

『悪党たちは千里を走る』あらすじ・ネタバレやキャスト⇒

『悪党たちは千里を走る』第7話あらすじ(ネタバレ)⇒

 

「悪党たちは千里を走る」第6話の感想

タクシーのトリックがジョン・レノンが仕掛けたものだったとは!!

ジョン・レノンの正体は未だに不明です。

そろそろ正体を現してもいい頃だと思うけど(。>﹏<。)

 

菜摘子がなんか怪しいと思う(-_-;)

高杉らは2億円を手に入れる事が出来たが、この後が問題ですね。

 

次回は高額商品を購入して、それを換金して現金化するストーリーです。

刑事役で吹越満さんが出演します。個性派俳優で、私の好きな俳優さんです。

次回が楽しみです~ヽ(^o^)丿

 

「悪党たちは千里を走る」

第6話のあらすじ・ネタバレ、感想を書いていきました。

ありがとうございました。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top