ドラマ

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第6話あらすじ(ネタバレ)と感想

臨床犯罪学者 火村英生の推理

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

斎藤工窪田正孝 W主演

原作は有栖川有栖の本格ミステリー!!

 

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第6話あらすじ(ネタバレ)

 

第6話「朱色の研究」ストーリー

幽霊マンション

火村(斎藤工)は大学の教え子の朱美(山本美月)から、2年前に知人が亡くなった事件を調べてほしいと頼まれる。

犯人は未だに逮捕されず、事件は迷宮入りになろうとしていた。

 

ある日の朝、火村(斎藤工)宛に声を変えている怪しい電話が掛かってくる。

有栖(窪田正孝)が電話を受ける。

 

怪しい電話は「今すぐオランジェ橘の806号室へ行け」と言って切れた。

オランジェ橘は、火村が朱美から依頼された事件の関係者が住んでいるマンションだった。

 

火村は、怪しい電話が自分に対する挑戦状だと受け取り、有栖と一緒にオランジェ橘へ向かう。

オランジェ橘は、近所では幽霊マンションと言われていて不気味だ。

 

火村と有栖がマンションに入ろうとした時、若い男とすれ違う。

有栖は、その男が付けている香水の香りが気になった。

オランジェ橘に入ると空き部屋が多かった。

 

エレベーターの中で謎の張り紙が…「ペットのフクロウが逃げました」

 

806号室はロックされておらず、二人は中へ入る。

有栖は少し前まで誰かいたと思われる、部屋の中で残り香が漂っているのを嗅いだ。

その匂いは、マンションに入る時にすれ違った男から匂った香水と同じものだった。

 

2つの事件の繋がり

火村は部屋の中を探っていると、浴室で男の亡骸を発見する。

鑑識の見解だと、身元は不明で亡くなってから5,6時間経過、犯行時刻は午前0時頃。

外傷はなく後ろから首を絞められて絶命、犯行現場はここでなく、別の場所から運ばれてきた。

 

京都府警の鍋島(生瀬勝久)は、謎の怪しい電話・謎の被害者・謎の香水男と謎だらけで頭を悩ます。

 

そんな中、火村には心当たりがあった。

火村は朱美を事件現場に呼び出した。

 

この事件は、朱美が火村に調査を依頼した2年前の事件と関係していると見られた。

2年前の事件とは、黄昏岬事件と呼ばれる未解決事件だった。

 

女性ピアノ教師・大野夕雨子(上野なつひ)が何者かに襲われ、黄昏岬という崖の下で亡骸となって発見された。

スポンサーリンク


被害者の夕雨子は、頭部に致命傷となる傷、崖の上から石を落とされた傷の2ヶ所があった。

 

彼女は別荘に遊びに来ていた。

捜査の中、彼女と別荘にいた人々に容疑がかかるが、全員に確実なアリバイも動機もなかった。

その別荘に来ていた人々の中に、このマンションの住人がいた。

 

事件の6人

朱美が被害者を確認すると、朱美の叔父・山内陽平(大高洋夫)だった事が判明する。

山内も2年前の事件の関係者だった。

2年前の事件の3人目の関係者は、このマンションの住人。

 

朱美の従兄弟・宗像正明(鈴之助)に話を聞きに行く。

火村が朱美から捜査の依頼を受けた事を、正明は他の関係者に話していた。

その人間は、亡くなった叔父の陽平、正明の母で陽平の姉・宗像真知(高橋ひとみ)、正明の後輩・六人部四郎(山本裕典)。

 

謎の怪しい電話の正体は一体誰なのか??

 

正明には、犯行時刻の午前0時のアリバイがなかった。

そんな中、正明の母・真知が事情聴衆に呼ばれてやって来る。

真知は、2年前の事件の時、事情聴衆を散々されて嫌な思いをした事を毒づく。

 

火村は、真知からマンションの前ですれ違った男と、同じ匂いを嗅ぐ。

その男は六人部と判明する。

その香水は真知が2年前、別荘に来た人達にプレゼントしていたものだった。

 

オレンジの封筒

六人部が事情聴衆に呼ばれる。

六人部が言うには….

 

昨日の夜、差出人不明の手紙がきた。

今夜、深夜1時にオランジェ橘に行き、非常階段を登りながらオレンジ色の封筒を探せ~指示はその中にある。

従わなければ事実を公表する。

 

その事実とは、六人部が秘密にしている誰にも知られたくない内容だった。

 

指示通りに階段を登ると、13階で封筒を見つける。

内容は、エレバーターで806号室へ行き、中に入り連絡を待て!朝の6時までに連絡がない場合は、帰っていい。

 

監視されているかも知れないので、指示通り806号室へ入った。

朝6時まで待ったが連絡はなかったので部屋を出た。

 

結局指示して来た人間は、何がしたかったのか?

さっぱり分からない事だったと言う。

 

鍋島は、話がほんとうならば、あなたは事件の容疑者となる。

被害者の亡骸のあった部屋に一晩中いたことになります。

だが六人部は、封筒がまだあるのではないかと部屋中を探したさい浴槽も見たが、その時は何もなかったと言い張る。

 

六人部の話が嘘だと疑われる中、火村は六人部が嘘を付く根拠はないと断言する。

そんな時、エレベーターに張ってあった「迷子のフクロウ」のチラシは、住人は張っていない事が調べた刑事から報告される。

 

迷子のフクロウのチラシにはどんな意味があるのか??

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top