ドラマ

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第5話のあらすじ・ネタバレと感想

臨床犯罪学者 火村英生の推理

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

謎解き上質ミステリー!

斎藤工×窪田正孝 W主演

 

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」

第5話のあらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第5話あらすじ・ネタバレ

第5話「ショーウインドウを砕く」ストーリー

トラウマ

有栖川(窪田正孝)は、推理小説の犯人の動機で悩んでいた。

怨恨、口封じ、報復などがあるが理由なき犯行で、サイコパスが浮かんでくる。

 

ある日、火村(斎藤工)は、大学の教え子の朱美(山本美月)から相談を受ける。

火村が准教授室に朱美を迎え入れて話を聞こうとすると、朱美は部屋に差し込む夕陽を見て怖がる。

朱美の脳裏の中では火炎が渦巻き、慌てて窓のブラインドを閉める。

 

火村は、朱美が火に対してトラウマを持っている事を言い当てる。

朱美は、15歳の時に暮らしていた親戚の家が真夜中に火事になった。

 

家が焼け落ちながら、叔父が炎に包まれて逝くのを目の当たりにしたことを打ち明ける。

放火で、今でも犯人は捕まっていない。

 

朱美は火村に調べてほしい事があるという。

2年前の夏、知人が何者かに襲われて亡骸となったが犯人が分からず、事件が迷宮入りしそうなのだという。

火村は事件の概要を詳しく聞き、調べておくことを朱美に約束する。

 

偽装工作

そんな中、タレントの愉良(小島梨里杏)が自宅で亡骸となる事件が起きた。

第一発見者は、恋人だった夕狩正比古(宅麻伸)で愉良の所属事務所の社長だった。

臨床犯罪学者 火村英生の推理出典:http://www.ntv.co.jp/

正比古によると、愉良の部屋を訪ねたが返事がないので合鍵を開けて入った。

部屋に入ると、ソファで愉良が亡くなっているのを発見したと言う。

 

火村と有栖川は、京都府警の刑事・鍋島(生瀬勝久)から連絡を受け現場に向かう。

部屋の鍵は、愉良が2つ、正比古がスペアキー1つを持っており全部で3つだった。

 

愉良は亡くなる2日前に、買い物途中で鍵を落とし失くしていた。

スポンサーリンク


(実際は、正比古を呼び出して一緒に部屋に入り、愉良がバックの中を探すと鍵は見つかっており、失くなっていない)

 

犯人は、鍵を落とした愉良の後をつけて部屋を突き止め、侵入して愉良を始末し金品を奪った。

鍋島らは強盗犯の犯行と見る。

正比古の事務所は資金繰りがうまくいかず、不渡りを出す寸前で倒産しそうだった。

 

(ドラマの冒頭で、正比古が愉良の命を奪う犯行シーンが映しだされ、正比古が犯人なんですが….)

鍋島らの前で、あの時鍵を替えておけばこんな事にはならなかったと、演技をする正比古。

 

1000円札

火村は気になる事があった。

犯人は金品を奪ったが、当選発表前の宝くじ(10枚)は盗んでいない事。

ひょっとしたら当たって大金が入るかも知れないのに。

 

犯人はわざわざ靴を脱いで部屋に入っている事。

犯人は上品で、足跡の痕跡を残したくないための用心深さがあったのか?

 

火村は有栖川と何やら話し、正比古を近くの喫茶店に誘う。

火村はタバコを買いたいが1000円札がくしゃくしゃで、これじゃ自販機通らないと言い出し、有栖川の札と交換する。

だが、有栖川の札は丸まっていてもっと酷かった。

臨床犯罪学者 火村英生の推理出典:http://www.ntv.co.jp/

見兼ねた正比古が1000円札を差し出し、それを使う事にした。

でも、喫茶店は禁煙だった(。>﹏<。)

 

正比古は火村らが中々本題に入らないので、イライラしていた。

火村は、犯行現場に鍵がなかったのはおかしいと言う。

犯人は拾った鍵を使い侵入し、犯行後施錠して逃げた。

 

愉良は鍵を無くした翌日、スペアキーを使って部屋に入った。

そうすると、なぜ愉良が持っていたスペアキーまで部屋になかったのか?

犯人がスペアキーを持ち去る理由がない。

 

これはどういう事なのか謎なんですよ~と火村はいう。

 

あとひとつ、犯人の侵入時間です。

なぜ犯人は、愉良が外出している昼間に入らず、在宅中の夜に部屋に侵入したのか?

愉良の体には激しく争った痕跡もなく、乱暴目的とも思えない。

 

正比古はそれを聞いて、犯人は女性だったので乱暴もしないで金品を奪ったと提案する。

それを聞いて火村らはその場を後にする。

 

喫茶店に正比古を誘った本当の理由は、彼が持っていた1000円札が狙い。

なぜならその1000円札に付着していた指紋……

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top