ドラマ

『悪党たちは千里を走る』第4話のあらすじ・ネタバレと感想!

悪党たちは千里を走る

『悪党たちは千里を走る』

ムロツヨシ主演

 

「悪党たちは千里を走る」第4話の

あらすじ・ネタバレ、感想を書いていきます。

スポンサーリンク

「悪党たちは千里を走る」第4話のあらすじ・ネタバレ

 

第3話で高杉は、渋井家に身代金を要求する電話を掛けた。

「子供は預かった、無事に返して欲しければ5億円用意しろ」と、

ジョンレノンが指示して来たのは、1億円なのになぜ?!

注目の第4話です。

 

第4話ストーリー

アンカリング効果

渋井家の父・隆宏に、巧(大西利空)の身代金として5億円を要求した高杉(ムロツヨシ)。

期限は明日の朝6時と無謀な要求だ。

悪党たちは千里を走る出典:http://www.tbs.co.jp/

警察に話したら子供の命はないと言って電話を切る。

無謀な要求をした高杉は、園部(山崎育三郎)や菜摘子(黒川芽以)から非難轟々の集中放火!!

 

一方、身代金5億を要求された渋井家では、とてもじゃないが払えないと隆宏は頭を抱えていた。

母親・亜也子(紺野まひる)は、巧の命が掛かっているんだから、なんとか5億払ってよと隆宏を責める。

隆宏は挙句の果てに、なんとか負けてもらえないかなと真剣に考える。

 

高杉は、隆宏がケチな事を巧から聞いていたので、値切られてもいいように技と金額を釣り上げていたのだ。

高杉は渋井家から、2億取れればいいと思っている。

園部は何でそんな事するのか理解に苦しむので菜摘子が説明する。

 

これはアンカリング効果であると言う。

《提示された特定の数値や情報が最初の印象として残っているので、身代金が5億から2億になった時、得したと思わせる心理効果である》

 

菜摘子の分析は的を得ていた。

いくらケチでも、5億から2億にすれば出して貰えると高杉は読んでいた。

 

園部がいなかったので今後の事をおさらいすると、まずはネット通販で高額商品を買いまくり、身代金を物品として手に入れる。

 

問題は物品の換金である。

 

質屋で換金するとなると良くても6割の換金率なので、1億円を手に入れる場合はそれ以上の物品でないと手に入らない。

 

途中、園部も口を挟んで理解して来た。

菜摘子はなんか足りないような気がする、誘拐事件で大切な事を忘れてるいるような…..

 

一方、渋井家ではやはりどう考えても5億は無理だと言う隆宏。

そもそも、電話1本で巧を誘拐したと言って来たが、何の証拠もない。

警察に連絡しようとする隆宏を、必死に止める亜也子。

 

その時、亜也子の携帯に、誘拐されて拘束されている巧の画像が送られて来た。

それを見た二人は、愕然とする。

その画像は高杉が送った物だった。

 

誘拐事件での忘れ物は、人質の身柄を相手に見せる事だった。


園部は嫁からまた電話だと言って、外に出て行く。

 

疑心暗鬼

菜摘子はそれを見て、何かいつも大事な時に、電話とかトイレとかで園部がいなくなっている事に気づく。

園部は、ボッ~としているようだが、頭は結構切れると菜摘子は読んでいる。

高杉が身代金要求の電話を掛けるとき、声でバレたらどうしようと不安になった。

 

その時園部は、タバコのパッケージフイルムを携帯に被せれば、声の質が変わるとアドバイスしている。

組むとしたら園部の方がマシかなと嫌味を言う。

 

菜摘子は、郵便ポストに連絡用として、パソコンと携帯をジョンレノンが入れに来たと言うことは、彼は近くにいるんじゃないかと言い出す。

悪党たちは千里を走る出典:http://www.tbs.co.jp/

そう考えると何か気味が悪く、ジョンレノンがどんな人物なのか思案する。

スポンサーリンク


そうした中、犯罪は身内の犯行が9割だと聞いたことを思い出す。

菜摘子が言うには、犯罪は通り魔的な事は少なく、家庭や職場では多くがその環境の中に犯人がいる事が多いと言う。

 

ジョンレノンが凶悪犯罪者だと言って来たのは、園部だと高杉は思い出す。

(たしかに第2話で園部はそのように言っています~よかったら見てください⇒ 第2話

菜摘子は園部がいなくなるのは、間が悪いのではなく、タイミングがいいのではと言い出す。

 

園部は私たちの代表で警察に連行されて行ったが、なぜすぐに釈放されたのか?

園部は切れ者で、増々怪しいと感じる菜摘子….

 

ジョンレノンは園部なのか??

 

高杉はそんなこと在るわけ無いだろうと言うが、菜摘子は真剣だった。

高杉は園部との付き合いは7年だが、彼から恨まれているとはとても思えなかった。

そんな時高杉の携帯にメールが!!

 

菜摘子にはとぼけて隠すが、携帯を奪われ園部の嫁からのメールを見られてしまう。

園部の嫁は高杉の元カノだが、高杉は未だにメールや電話でやり取りしていた。

園部はこの事は気づいていないと高杉は言う。

 

菜摘子は、この事はとっくに園部にバレていて、あなたは彼に恨まれていると断定する。

 

そんな時、園部が戻って来た。

高杉はストレートに園部に聞く。

 

「もしかして~おまえ犯人なの?」

園部は「冗談はやめてくださいよ~」と笑い飛ばす。

 

高杉は、「おかしいと思わないか?」ジョンレノンはいつも俺達の動向を把握して、電話が掛かってくる。

あなたが犯人ならすべて辻褄が会い納得がいくと、菜摘子は園田にキッパリ言う。

 

園田は、そんな事在るわけ無い。

この女は詐欺師なんだからよっぽど怪しいよ~と逆に開き直って菜摘子をターゲットにして来る。

 

いったい誰がほんとの事を言っているのか??

 

その頃、渋井家では亜也子が泣き叫ぶ中、隆彦が警察に電話していた。

 

園田は高杉に、詐欺師と俺とどちらを取るんですか?と訴えるが、高杉は返事をしない。

逆キレした園田は高杉を攻撃する。

 

タバコを買ってくるついでに、珈琲買ってきてよと言われて買ってきても、一度も金を貰った事がないとか、細かい事をウジウジ言い出す。

(細かい男って嫌だわね~(。>﹏<。)

 

一方、渋井家では警察が来て、逆探知の機械をセットしていた。

 

園田はさらに俺があんたのフォローしていなかったら、もっと早くあんたは首になっていたんだよ~とついに言ってしまった。

 

菜摘子の想像していた通り、園田は、高杉が嫁と未だに連絡を取っていることに気づいていた。

涙を流してキレまくる園田に、言い訳する高杉w

追い詰められて動揺していると…

 

近づく危機

悪党たちは千里を走る出典:http://www.tbs.co.jp/

その時、ジョンレノンから連絡が入る。

どうやらタイムリミットが迫っています。

「あなた方のほんとうの敵は、すぐ近くに来ているかも知れません…」

 

玄関のチャイムが鳴った。ドアの外には刑事2人が立っていた

絶対絶命~高杉はどうするのか??

 

第4話 完

「悪党たちは千里を走る」第1話のあらすじ・ネタバレ、キャストはこちら⇒

『悪党たちは千里を走る』第5話のあらすじ(ネタバレ)⇒

 

 

「悪党たちは千里を走る」第4話感想

高杉が園田の嫁と連絡取っているのは、非常にマズイわね(-_-;)

園田との信頼関係が崩れてしまった高杉は、

今後どうなるんでしょうね??

 

菜摘子がかなり怪しいと思います。

その内、正体を現すのではないかと思いますが!

渋井家にもついに警察の手配が….

 

ジョンレノンはいったい誰なのか?

忍び寄る危機をどう回避して行くのか?

第5話は見逃せないですね。ヽ(^o^)丿

 

「悪党たちは千里を走る」

第4話のあらすじ・ネタバレ、感想を書きました。

ありがとうございました。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top