ドラマ

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第3話のあらすじ・ネタバレと感想!

臨床犯罪学者 火村英生

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

斎藤工×窪田正孝 W主演!

第3話のあらすじ・ネタバレと

感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第3話のあらすじ・ネタバレ

 

第3話「准教授の身代金」

疑惑と不安

ドラマで准教授役を演じて人気がある、有名俳優の志摩征夫(飯田基祐)が何者かに誘拐される。

京都府警は極秘に捜査を開始し、鍋島(生瀬勝久)から依頼を受けた火村(斎藤工)と有栖川(窪田正孝)も志摩の自宅に駆け付ける。

 

志摩の妻・恵里香(西田尚美)に事の発端を確認すると、恵里香が出張先の九州から京都に戻ってきた時に犯人から脅迫電話がかかってきた。

犯人は身代金3000万円を要求し、この事を警察に届けたらご主人の命はないと言ってきた。

 

(実際の所は、恵里香が出張に行く朝、夫・志摩に鈍器を投げてあやめてしまい、出張から戻って来ると倒れているはずの夫がいなくなっていた。)

(脅迫者は誰なのか、なぜ倒れていた夫が消えたのかが、恵里香の本心である)

臨床犯罪学者 火村英生出典:http://www.ntv.co.jp/

恵里香は警察に連絡するつもりはなかったが、たまたま仕事の話で自宅に来た志摩のマネージャー・城戸(児嶋一哉)が通報してしまったのだ。

 

犯人の意図するもの

そんな中、自宅に差出人不明の宅配荷物が届く。

鍋島が中身を確認すると、志摩が使っていた携帯と財布、志摩のものと思われる髪の毛と脅迫文が入っていた。

 

脅迫文は、「用意した金をカバンに入れて、京都駅から南宇治行に乗れ。左の席に座って赤い目印を探し見つけたらカバンを窓から落とせ。警察がいたら終わりだ」

という内容だった。

 

恵里香は、警察が近くにいる事が犯人に知れると、夫の身が危険だと言い出し警察の同行を拒否する。

代わりに、一番警察官らしくない火村と有栖川が、身代金の受け渡しに行く恵里香と同行する事になる。

臨床犯罪学者 火村英生出典:http://www.ntv.co.jp/

翌日、身代金を持って犯人が指定した電車に乗る恵里香と、同行する火村と有栖川。

恵里香の周辺には鍋島や小野(優香)らも犯人に気付かれないように様子を見ていた。

 

もうじき終点が近づく中、赤い目印はいっこうに見つからず、犯人からも連絡はなかった。

火村は、犯人は警察が介入してくる事を前提に計画を練っているので、今日は空振りになるだろうと予測する。

その日は火村が予測した通りになった。

 

発見

そんな中、志摩の亡骸が廃墟で発見される。連絡を受けて、火村と有栖川も現場に向かう。

鑑識の調べで脅迫電話が掛かってきたときは、志摩はすでに亡くなっていたことが判明する。

だが、妻の恵里香は夫の声を電話で聞いていると証言している。

 

これはどういう事なのか?

 

さらに、志摩は別の場所で片付けられ、しばらく放置された後この廃墟に運び込まれていた事が分かる。

爪や衣服に争った後はなく、鈍器で後ろから強打されたのが原因と見なされる。

 

火村は油断して不意打ちされたと見て、顔見知りの犯行と推測する。

さらに衝動的な犯行で、身内の可能性が強いと言う。

妻の恵里香の犯行とも考えられるが、九州にいた彼女が廃墟に志摩の亡骸を運び込む事は不可能であった。

スポンサーリンク


 

オブジェ

妻の恵里香が事件のカギを握っていると見て、火村と有栖川は詳しい話を聞きに行くことにする。

翌日、志摩の自宅で鍋島にあらためて紹介される火村と有栖川。

火村は、収集家でしかもコンプリート主義であった志摩のコレクションを見てある発見をする。

 

チェスピースのオブジェのナイトだけが無い事を指摘し、どこか別の場所にあるのではと推理する。

妻の恵里香に他に地下室とか屋根裏部屋とかないかと聞くが、否定されて怪しいと感じる。

そうしていると、本棚が隠し扉になった隠し部屋を偶然にも有栖川が発見する。

 

もうダメだ~とうつ向く恵里香。

 

その部屋から凶器と思われる、ナイトのオブジェが見つかる。

恵里香は隠し部屋の事を知っていたのに、なぜ黙っていたのか追求されても何も話さず、沈黙していた。

妻の恵里香は容疑者として警察に連行されて行く。

 

もうひとりの犯人

事件はこれで終わりかと思われたが、火村は犯人はもう一人いると言う。

隠し部屋から志摩を運び出し、恵里香を脅迫した人物がいるはずだ。

 

次の日、火村と有栖川は志摩のマネージャー・城戸から話を聞く。

彼には犯行時アリバイもあり手掛かりは掴めなかったが、隠し部屋の事は知っていた。

 

一方、京都府警で取り調べを受けている妻・恵里香は、

夫から「君といた事が人生のロスだった~間違っていたよ」と言われた事が衝動的な犯行動機となった事が分かった。

 

罠とミス

その後、事件は大きく急変した。火村は罠を仕掛けていた。

マネージャーの城戸を再び呼び出して、事件の概要を話していく火村。

 

火村の推理

夫の志摩は、妻の恵里香に脅迫電話が掛かって来る前に、すでに亡くなっていた。

だが、彼女は脅迫電話の中で夫の声を聞いている。

重要なポイントは、

なぜ、脅迫電話の中ですでに亡くなっていた夫・志摩が話すことが出来たのか?

 

犯人は志摩の家に盗聴器をしかけて、志摩の声を録音したのだ。

犯人は妻・恵里香が、衝動的に夫・志摩にナイトのオブジェを投げつけた現場を盗聴していた。

 

だが、映像のない音だけの盗聴なので、犯人はミスを犯した。

音だけだったので、凶器が何なのか分からなかったのである。

そのために凶器を隠すことが出来なかった。

 

火村はマネージャーの城戸に罠を仕掛けていたのだ。

昨日、城戸に会った時、途中で電話が入った振りをし事件が大きく急変したと偽る。

志摩の自宅で緊急捜査会議があると、わざと城戸の目の前で演技していたのである。

 

それを知った城戸は、オブジェの下にセットしてある盗聴器から会議の内容を聞き出そうと、盗聴器を作動させた。

京都府警が盗聴器に付けた逆探知で、盗聴していているのが城戸だと言う事が分かったのである。

 

城戸は妻・恵里香を助けたかった。

恵里香が凶器を隠した事で計画に綻びが生じてしまった。

脅迫して誘拐事件を装ったのは、恵里香を支配して操り人形にしたかったからだ。

 

城戸は、誘拐事件で警察を翻弄し、手の平の上で、もて遊ぶ犯罪者特有の快楽も感じていたのである。

城戸は逮捕され京都府警に連行された。

 

第3話 完

「臨床犯罪学者 火村英生」あらすじ・ネタバレとキャストはこちら⇒

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第4話のあらすじ・ネタバレ

 

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」第3話の感想

第3話は、妻・恵里香の犯行場面が最初に映しだされて、

妻が犯人なのね~と思わせますが、

結末はもっと奥が深いものとなっていました。

 

マネージャー・城戸役の児嶋一哉さんが怪しいと感じていましたが、

犯行の手口までは、分からなかったです。

見応えがあってサスペンタッチで面白かったですヽ(^o^)丿

 

緻密な計算に基づく本格ミステリーは、見ててワクワクしてきますよね。

次回も注目ですね~!

「臨床犯罪学者 火村英生」

第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書いていきました。

ありがとうございました。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top