ドラマ

『スペシャリスト』第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

スペシャリスト

「スペシャリスト」主演 草彅剛

第3話のあらすじ(ネタバレ)

感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

スペシャリスト 第3話のあらすじ(ネタバレ)

とある倉庫

1/28 pm8:50

我妻真里亜(夏菜)は、とある倉庫に閉じ込められていた。

閉じ込められたその倉庫には爆弾がひとつ、真里亞の目の前には、

2つのアタッシュケースとカメラ付きのノートパソコンが置かれていた。

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

アタッシュケースの中身は、ひとつには爆弾の起爆装置を解除させるリモコンと倉庫の扉のカギが、

もうひとつには開けた瞬間に爆弾が爆発する罠が仕掛けられていた。

爆弾にはタイマーが付いていて、残り時間はわずか3時間あまり~刻一刻とタイムリミットが迫っていた。

 

宅間善人(草彅剛)他、総合事犯対応係(仮称)のメンバーは、

ネット回線を通じて倉庫内を映し出している映像を見ながら、その場所を特定する事に全力を上げていた。

 

事件の発端

1/28 pm0:35 フラッシュバック

事件の発端は、真里亞が過去の事件のファイルで写真を見つけ、ある動画を見て部屋を飛び出して行ったのが原因である。

宅間が真里亞のPCから見つけたその動画は、予備校の悪戯動画で、

誰かが動画サイトのアドレスを真里亞に送ってきたと推測される。

 

真里亞が見ていたファイルは、10年前に真里亜の父・我妻公昭(羽場裕一)が爆発事故で亡くなったファイルと指摘する宅間。

ファイルには、写真もあり、父・我妻公昭がある女性・丹羽奈津美(鶴田真由)と写っていた。

その女性が動画にも写っているのを見つけた真里亞は、彼女に会いに行ったと推測される。

動画を見ると、たしかに写真の女性が写っていた。

スペシャリスト出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

宅間は、単なるガス爆発事故のファイルが公安部に保管されていた事に疑問を持つ。

単なるガス爆発ではなく、爆弾の爆発によるもので真里亜の父・我妻公昭が亡くなっていると仮定すると、

真里亞の父は計画的に何者かに消された可能性も否定出来ない。

10年経った今、写真の女性 丹羽奈津美が事件のカギを握ると思われて、真里亞は調べに行ったのだろう~

 

ライブ中継

真里亞は丹羽奈津美(鶴田真由)に会い、車でどこかへ移動していた。

真里亞は爆発事故があった夜、昔の携帯に保存されていた父からの留守電の事を話した。

その留守電の内容は「父さんはある人を傷つけてしまった」という内容だった。

そしてこんな写真もあったと、ファイルに入っていた父と奈津美が2人で写っている写真を見せる。

 

車はある倉庫の前で停車した。倉庫に入ると真里亞は手錠を掛けられて拘束される。

一方、宅間らは事件の概要について話していたが、突然、真里亞のPC画面にネット回線を通じて動画が送られて来た。

ライブ中継のその動画には、拘束されている真里亞と奈津美が映っていた。

 

総合事犯対応係は、真里亞が拘束されている倉庫を探すが依然として発見できず、

動画の発信場所も、海外サーバー経由なのでまったく不明であった。

 

協力者

真里亞の父は入国管理の仕事はカモフラージュで、公安調査庁の人間であったことを奈津美から告げられる。

基本任務は、過激派テロ集団の情報収集と分析であった。奈津美は、真里亞の父の協力者だったのだ。

15年前、奈津美は真里亞の家庭教師を辞めたあと、大学の研究室も辞めて仕事を探していた。

 

そんな時、奈津美には工学の知識があることから、あるテロ組織に勧誘されていた。

その時、真里亞の父にどうすればいいのか相談したのがキッカケで、協力者になっていた。

協力者となった奈津美は、テロ組織壊滅のための爆弾を作らされていた。

奈津美は精神的にも耐えられないので、協力者を辞めたいと真里亞の父・公昭に言うが許されなかった。

 

10年前のトラップ

奈津美は公昭を愛していたが、彼を倉庫に呼び出し手錠で拘束する。

倉庫には爆弾と、2つのアタッシュケース。

トラップを仕掛けたケースを開けると爆発する仕掛けをほどこし、その場を立ち去る。

公昭は奈津美から開けても安全な方を聞いてはいたが、疑心暗鬼に陥り、トラップを開けて大爆発してしまう。

 

悪夢が再び

奈津美は、10年前と同じ仕掛けを倉庫に仕掛けていた。

奈津美は、なぜ今更になってこんな事をしたのか?

スポンサーリンク


 

彼女は10年前の、協力者や公彦の事、爆弾の事を忘れてひっそりと生きていたかった。

それを真里亞が自分を見つけてしまったため、こうするしかなかったと言う。

奈津美は助かるためには開けるしかないと、白いケースが安全だと真里亞に言う。

 

10年前も公彦に、白いケースだと言っていた奈津美だが、果たしてトラップはどちらなのか?

奈津美は手錠のカギを置いて倉庫を出て行く。

 

1/28 pm2:44

手錠をカギで外して、外に出る扉を叩くがまったく開かず「誰か~助けてーと」叫び続ける真里亞。

 

1/28 pm8:50

依然として、真里亞が監禁されている倉庫は分からなかった。タイマーは午前0:00になると爆発する設定になっている。

 

「女か虎か」

~宅間は考える~

動画で真里亞を誘い出し、倉庫に監禁して爆弾をセットした奈津美。

真里亞のPCに、ライブ中継でその状況を、総合事犯対応係のメンバーに見せつけるのが気になる。

宅間は奈津美の部屋にあった「女か虎か」の本にヒントがあると直感する。

 

宅間は本の内容から奈津美には最後の仕上げがあり、倉庫の近くにいるはずだと言う。

奈津美を探し出せば、何とかなると考える宅間。

10年前に爆発した倉庫は、工場に立て替えられていた。そこに花を添えていた奈津美を発見するメンバー達。

 

対決

1/28 pm11:50

爆発まで残り10分と迫った頃、宅間は総合事犯対応係の部屋で、奈津美と向い合っていた。

10年前の爆発事故の容疑者として身を潜めて生きてきた奈津美だが、逃げずになぜか普通に暮らしていた。

奈津美が言うには、ガス爆発で処理されていたので問題はなかったと言う。

 

そんな中、自分が働いている予備校の悪戯動画にたまたま映ってしまい、ネット上に顔が出てしまった。

逃げる時間はあったはずなのに、動画を真里亞に送りつけておびき寄せた。

奈津美のほんとうの目的は、真里亞をトラップに掛けることが目的だったのだ。

 

そうした中、タイムリットの午前0:00になった。だが、爆発は起きなかった。

奈津美には時効が成立した。1/29午前0時がその時間だったのだ。

宅間の読み通りであった。

 

カラクリ

~からくりはこうだ~

真里亞を監禁して拘束したのは、あくまでも口封じで、彼女を傷つけないよう配慮した。

手錠のカギを置いて行ったり、爆弾も偽物だったのである。

捕まった時、罪を軽くするために真里亞の扱いに注意し、偽装工作を奈津美はしていたのである。

 

奈津美は「女か虎か」にヒントを得て、今回の偽装工作を思いついた。

その物語は、ある王様が王女に恋をした若者に罰として、二つある扉のどちらかを開けるように命じる。

ひとつには、凶暴な虎がいて、もう片方には美女がいてその女性と結婚出来る。

王女は若者が美女と結びつくのが耐えられず、ひとつの扉を若者に教えると言う内容。

 

10年前の偽りの真相

10年前、爆弾作りに嫌気がさしていた奈津美は、公彦にもう無理ですと言う。

公彦に説得されて自分を受け入れてほしい仕草をするが、公彦は妻と娘が一番大事で特別な感情はないと言われる。

奈津美は自分が愛されて無いことを知り、その場から去っていく。

 

一方公彦は、爆弾を完成させようとしたが、配線を間違えて誤って爆発させてしまう。

10年前の爆発は事故だったのである。

 

奈津美のやった事は、捕まれば過失となるため、その時効は10年。奈津美は10年の時効を待っていたのだ。

公安調査庁からも奈津美はマークされていたので、安全策として総合事犯対応係にわざと捕まった。

 

音響解析の真実

奈津美は勝ち誇ったように、時効成立したので帰ると言い出す。

すると部屋には真里亞が入って来た。奈津美は「これはどういうこと~」と驚く。

中継動画に映っていたのは、真里亞を助け出して入れ替わっていた唯子(芦名星)だった。

 

真里亞が来た目的は、父公彦の留守電音声が保存されている携帯を持ってくる事だった。

一旦事故だと思われた爆発事件には、さらなるカラクリがあった。

 

父公彦は、爆弾の配線を作りながら留守電に喋っていた。

宅間は携帯の留守電音声を音響分析ソフトにかけて、その音声の中に奈津美の声を探しだす。

 

真相はこうだった

奈津美は一旦外に出たが、また戻ってきて、

公彦が電話しながら作業している時、爆発する方の信管を教えていたのである。

 

10年前に起きた爆発事故は、過失ではない事が音響分析により証明された。

奈津美は、公昭をやった容疑で逮捕された。

宅間は別室で、「われわれの存在に関する調査書」を手に入れ見ていた。

第3話 完

「スペシャリスト」のあらすじ(ネタバレ)・キャストはこちら⇒

『スペシャリスト』ドラマ第4話のあらすじ・ネタバレ⇒

 

スペシャリスト 第3話の感想

スペシャリスト第3話は見応えがありました。

前回の第2話の「いろはかるた」を上回るサスペンスと

謎解きで素晴らしかったですヽ(^o^)丿

まさか、爆弾が偽物だったとは~思わなかったです。

 

最後の奈津美との駆け引きによる、

大ドンデン返しは食い入る様に見ちゃいました(*^^*)

ちなみに第3話の視聴率は14.1%で高視聴率でした。

 

第4話も注目ですね~

「スペシャリスト」第3話のあらすじ・ネタバレと感想を書きました。

ありがとうございました。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top