ドラマ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう!第2話あらすじ(ネタバレ)と感想

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

有村架純×高良健吾 主演

第2話から東京編スタートです。

 

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の

あらすじ・ネタバレや感想を書いていきます。

スポンサーリンク

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう
第2話あらすじ・ネタバレ

1話の最後では、音(有村架純)は、練(高良健吾)と一緒に東京へ来て、

音が知り合いの所に行って戻ってきたら、練はもういなくなっていました。

その後は会えずじまいで、時が過ぎていきました。

 

第2話ストーリー

練の夢からはじまります。夢の中で祖父 曽田健二(田中泯)の畑を手伝い、

おまえはここで生きていくんだといわれ「さすけね~さすけね~」心配しなくていいよ~という意味です。

練は夢を見ながら涙が流れてしまう。

 

癒やしの場

練は仕事に行く前に、仙道静恵(八千草薫)の所へいつも立ち寄る。

中條晴太(坂口健太郎)にデザイナー希望で東京に出てきた市村小夏(森川葵)を紹介する。

振り返ると、音とはぐれてしまったのは小夏とばったり会ったのが原因でもあった。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

家の庭は、練が花や木々を手入れして癒される庭になっていた。

ひとり暮らしの静恵を放っておけない、練の優しさが滲み出ていた。

練はバス停に行く途中、アパートの庭で飼われている子犬に餌をあげるのが日課となっている(見るからに可哀想な子犬(。>﹏<。))

 

すれ違いの二人

音が東京に来て1年の時が経った。

音は、雪谷大塚駅から徒歩20分の6畳1Kのアパートを借りて、介護付き老人ホーム「春寿の杜」で働いていた。

練とはまだ会えていない日々が続いていた。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

老人ホームでの給料は手取り14万で残業は付かず、仕事内容はハードだった。

 

音は練に会えるんじゃないかと、毎日駅前で人混みを見るのが日課となっていた。

仕事帰りに寄るコインランドリーは、雪谷大塚南口店だった。

皮肉にも距離にして1kmもない所にある 、コインランドリー雪谷大塚北口店を練はいつも利用していた。

広い東京の街でこんなにも近くにいる二人が出会えないなんて、運命の悪戯としか言いようがない。

スポンサーリンク


 

天地無用

練の仕事先は柿谷運送で引っ越しの仕事をしている。

引っ越し先で荷物の取り扱いが悪かったのが原因で、顧客から会社にクレームが入る。

破損したのはビンテージのスピーカーで 弁償金額は20万円。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

原因は天地無用(中の物が破損するので上下を逆さにしてはいけない)のシールが貼ってあるのに、

先輩の佐引穣治(高橋一生)が荷物を逆さに置いたのが原因だった。

練がスピーカーを設置したので、社長嘉美(松田美由紀)から自腹で弁償しろと言われる。

 

練は佐引にミスを指摘したが、佐引はまったく取り合わず「田舎に帰った方がいいよ~」と開き直る。

練は呆れ果てて途方にくれてしまう~

(こんな先輩はどこの会社にもいますよね~仕事は出来ないが要領だけがいい人(-_-メ))

 

御曹司

音の仕事は毎日がハードだったが、同僚の玲美(永野芽郁)の代わりに早番だった日に遅番も引き受ける事になった。

そんな中、「春寿の杜」を経営しているグループ企業の会長の御曹司・井吹朝陽(西島隆弘)がホームを訪れに来た。

朝陽は音を気に入り食事に誘ってくるが、音は相手にしない。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう出典:http://www.fujitv.co.jp/

いつものように仕事帰りでも、駅前で練を探す音の姿。諦めて雑貨屋に立ち寄るが、練も同じ店に立ち寄っていた。

運命の神様が1kmあった二人の距離を、数メートルまで縮めてくれた

お互い気付かないで店を出てしまう。(再会の時はもうじきかも~)

 

アパートにて

練がアパートに戻ると階段の下で日向木穂子(高畑充希)が待っていた。

木穂子が手料理を作ってくれて二人で食べながら、木穂子は恋愛について語る。

恋愛には衣食住があって 「衣る」恋愛は終わり、現在は「食べる」恋愛だと言う。

 

部屋のカーテンを見て変えたがっているので、最後の「住」の恋愛に移りたい気持ちがあるのかも?!

木穂子は練に見捨てらえれたら死んでしまうというが、好きでもない相手といつまで練は付き合うのか…..

 

一方、喫茶店で小夏は、練の生い立ちとか、

彼が東京に来たのは祖父が騙されて失った土地を買い戻すために来たとか、晴太相手にベラベラ喋りまくる。

晴太に人のプライバシーを話すのは良くないよと言われ、

さらに君は田舎者でダサいからデザイナーには向いていないよとズバズバ言い返す。

 

音が仕事帰りにいつものコインランドリーに行くと改装中で、雪谷大塚北口店に行くよう地図が貼ってあった。

北口店は練が通っているコインランドリー(今度こそ南口店が改装中に会えるかも~)

お手数ですが~下から2ページヘ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top