健康

腸内フローラの善玉菌を増やして免疫力アップ・病気の予防効果!

腸内フローラの善玉菌を増やして免疫力アップ・病気の予防効果!

今日のテーマは腸内フローラについてです。

私たちのヒトの体は、コンピューターより複雑に出来ているとよく言われますが、

生まれながらにして「免疫システム」というものが備わっています。

この免疫システムは、腸内環境のバランスに非常に影響を受けています。

腸内環境のバランスを整えて、免疫細胞を活性化させることで免疫力がアップし、

風邪の予防やがんの予防・生活習慣病の予防などの効果があります。

スポンサーリンク

腸内フローラとは?

人の腸の長さは7m~9mあり、面積を広げるとテニスコート一面分あるといわれています。

私達の体の腸内では、腸内細菌と呼ばれる多種・多様な細菌が増殖を続けており、腸内に壁面を作って生息し、集団で群衆化しています。

その様子がお花畑に似ている所からたとえて、「腸内フローラ」」といいます。腸内細菌は、100種類以上・約100兆個にもなるといわれています。

 

悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して、便秘の原因や生活習慣病になるリスクが高まります。

完全に負のスパイラルで循環してしまいます。

では、善玉菌・悪玉菌はよく聞きますが、どんなもので、体にどんな影響を及ぼしているのか!?

 

腸内フローラ内の3つの菌

腸内フローラ内の腸内細菌の種類は、

善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)、悪玉菌(ウェルシュ菌・大腸菌)、日和見菌(どちらにも属さない菌)の3つに分類されます。

善玉菌は体に良い働きをし、悪玉菌は体に悪い影響を及ぼし、日和見菌は優勢になる菌に加担します。

 

善玉菌の働き

  • 腸内を酸性にして、悪玉菌の増殖を抑える
  • 乳酸・殺菌力のある酢酸を作る
  • 免疫力を高めて病気を予防
  • 整腸作用で便秘や下痢を予防
  • ビタミンB郡を生成する
  • 食べ物の消化吸収を促進する
  • 腸の蠕動運動を活発にして排便を促す

 

悪玉菌の働き

  • 腸内をアルカリ性にして腐敗を進める
  • アンモニア・硫化水素など有害物質を作る
  • 下痢や便秘をおこす
  • 発ガン性物質を作る
  • 免疫機能を下げる
  • 腸の蠕動運動を低下させる

 

日和見菌の働き

  • 悪玉菌が優勢になると加担して有害物質を作る。

健康な体を維持していく上で大切なことは、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、善玉菌が優位になるようにすることが最も大切です。

 

善玉菌を増やすにはどうすればいいか?

善玉菌

善玉菌を増やすには、それを多く含む食品や栄養素を摂ることが重要です。

善玉菌を多く含む食品として、乳酸菌を含む食品、善玉菌の餌となる栄養素・オリゴ糖、善玉菌を増やす栄養素・食物繊維、この3つです。

スポンサーリンク


 

乳酸菌を多く含む食品を摂る

乳酸菌は善玉菌で、腸内環境を整える上ではかかせないものです。乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌があります。

●植物性乳酸菌

キムチやぬか漬けなどの漬物類、大豆を原料として作られる味噌・醤油・納豆などに多く含まれており、強い菌で胃酸で分解されず、腸まで生きて到達します。

●動物性乳酸菌

チーズやバター、牛乳、ヨーグルトなどの加工食品に多く含まれます。体力が弱い菌で、ほとんどが胃酸で分解されて腸まで到達できず死滅します。

乳酸菌は体の免疫力を高める効果もあります。植物性乳酸菌と動物性乳酸菌、この2つをバランスよく摂ることが大事だといわれています。

 

オリゴ糖が多い食品を摂る

オリゴ糖は善玉菌の餌となり、善玉菌を活性化させ増やす効果があります。

野菜では、玉ねぎ、ゴボウ、ねぎ、じゃがいも、ニンニクなどに多く含まれています。他には納豆、醤油、味噌などの大豆製品などです。

食物繊維が多い食品を摂る

食物繊維を多く含む食品はこちらをご覧ください⇒便秘解消効果がある食物繊維!効率よく摂るコツ

 

善玉菌が増えて腸内環境のバランスが保たれると、免疫細胞が活性化します。

 

免疫細胞とは?

免疫細胞は、私たちの体に入ったウィルスや病原菌を攻撃して、体を守ってくれる細胞です。

全身の免疫細胞の60~70%が腸内に存在し、腸は身体の中でも最大の免疫器官の役割があります。

 

免疫細胞には3種類ある

免疫細胞

NK細胞・・・・単独で行動しており、全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルスなどを見つけて攻撃するリンパ球です。

マクロファージ・・・・見張り役で外敵を発見するとヘルパーT細胞に指令を出します。

ヘルパーT細胞・・・・マクロファージからの指令を受け、キラー細胞やB細胞などの免疫細胞に攻撃命令を出します。

 

免疫細胞が活性化すると免疫力がアップ!

免疫細胞を活性化させるには、腸内の善玉菌が優勢だと活性化し、逆に悪玉菌が増殖すると善玉菌は劣勢になります。、

腸内環境のバランスが崩れて免疫力が低下すると、風邪を引いたり、病原菌に侵されたりしてしまいます。

生活習慣病やガンになるリスクも高まります。

 

まとめ

腸内フローラ内の3つの菌と免疫細胞は密接な関係があるのが、お分かりいただけたと思います。

日頃から、腸内フローラの腸内環境バランスを保つことが、健康生活を送る上では最も重要な事です。

腸内フローラについて話しました。

ありがとうございました~

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top