節約

節水して水道料金を節約する方法とは?

節水して水道料金を節約する方法とは?

今日のお役立ち情報のテーマは節水です。

ヒトの体は、約60%が水分で満たされているといわれます。

水はヒトが生きていくには、絶対に必要なものです。

 

蛇口から出た水をそのまま飲めるのは、世界中探しても日本だけです。

 

普段私たちは、当たり前のように水を使っていますが、

節水意識がないと中々節約出来ないものです。

 

今日は、家庭での節水方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

水道水の使われ方

節水
引用元 東京都水道局 くらしと水道 水の上手な使い方

上のグラフは、家庭での水道水の使われ方のデータです。

実態調査のデータが3年前で申し訳ないんですが、これしか公表されていません(^o^;)

 

データを見るとお風呂が40%で圧倒的に多いです。

お風呂とトイレ、洗面・その他で約70%使われています。

この70%を節水すれば、かなりの節約になります。

節水

一般的に水の出しっぱなしは、洗面・手洗い1分間で12L、食器洗い5分間で60L

お風呂だと沸かすのに200L位、シャワーだと15分で192Lです。

15分くらいで出ればお風呂に入るよりは、シャワーで済ませた方が節水となりますね。

 

私が思うには、お風呂を沸かして入るとさらにシャワーも使いますよね!?

そうなるとダブルで水道代も掛かることになります。

細かいことを考えるとキリがないですね~^^;

 

節水するにはどうすればいいの?

水が出る水圧を調整すれば、水量は抑えられます。

やりかたは2つあります。

 

止水栓を調整するのはNG

水道メーターのBOXが一戸建ての場合は、間口から近い部分にあります。

土の中に埋められている感じです。

蓋を開けると水道メーター、止水栓が取り付けられています。

 

その止水栓の水量調整コックを調整すれば水圧は変わりますが、やめたほうがいいです。

なぜなら、水圧が変わると水圧不足になる箇所も出てきてかえって不便になるそうです。

知り合いの水道業者に確認してます。

じゃ~どうすればいいの~~!?

 

各場所の止水栓で調整する

水道メーターBOXの止水栓はいじらないで、各場所の止水栓で調整します。

たとえば、台所・洗面所などは、真下の扉を開けると、排水管や水道管があります。

 

必ず止水栓もあり、調整コックかバルブがあるはずです。

それを一旦閉めると水はでませんので、ご自分で調整しながら加減すればいいと思います。

節水

スポンサーリンク


お風呂場のシャワーの場合は、わかりずらいです。

我が家のシャワーは混合栓の奥の下の部分にマイナスネジがついており、調整可能でした。

ぱっと見て目につく所にはないので、確認が必要です。

 

間違ったトイレの節水

トイレで使われる水は、22%もありますので節水すれば大きいと思いますが、

結論からいうと難しいです。

 

止水栓もありますが、調整しても意味ないです。

タンク内の水量を減らさない限り、流れ出る水量は同じです。

 

よくいわれるのが、トイレのタンクにペットボトルとか、

レンガを入れて水量を調整するやり方がありますが、やらないほうがいいですよ!

 

タンクを傷つけたり、金具に引っかかって水が出っぱなしになったりするトラブルがあります。

 

じゃ~トイレは節水できないの?!

ありますが、お金がかかります~

節水型トイレに変更する事一番の節水になります。

 

節水型トイレはなぜ詰まる

節水トイレ

昔のトイレだと水を流す量は、13Lくらいでした。

現在の節水型トイレは、大で6L・小は5L以下です。

 

メーカーによっても若干違いますが、すごい節水効果ですよね~

そんな事から、節水型トイレの需要は毎年伸びている見たいです。

でも、落とし穴があるんです。

 

良心的な設置業者さんならば、ないらしいですが、

節水型トイレに変更した後、トラブルが発生することがあります。

 

それは詰まること~~(@_@)

 

では、なぜ詰まるのでしょうか!?

それも一戸建ての家がほとんどだそうです。

 

 

これも、知り合いの水道業者に聞きました。

節水型トイレと昔のトイレの排水管の長さと角度が違うのが原因見たいです。

 

昔のトイレは、決まった設定の「排水管の長さと角度」があり、

それに基づいて排水管の工事をしており、その設定は13Lの水量で汚物を流していくものだそうです。

 

その設定のまま、6Lの水量で流す節水型トイレにすると、

汚物はトイレの中は流れるが、水量が足りないので途中で止まったりして

流れが悪くなり詰まる原因になるということです。

 

ちなみに、詰まったときに行う高圧洗浄は、約2万円します。

節水トイレにする場合は、排水管工事もやり直す必要がありますね。

マンションとかは、一戸建てと違って角度があるので大丈夫見たいですよ。

 

まとめ

我が家も古いトイレです。13Lは大きいですΣ(゚д゚;)

1回で流さないで、溜めて流す人もいますが

衛生上問題があるのでやめたほうがいいと思います。

 

節水トイレに変更できない家庭は、大・小をよく分けて流す。

お父様・お子さんは、なるべく外で済ませて、自宅のトイレは使わない。

 

他には、トイレタンクに取り付ける節水器具があります。

ホームセンターに行けば売っています。

ただ、水量を調整しすぎると詰まる原因にもなりますので、注意してくださいね。

 

節水方法をご紹介しました。

ありがとうございました~

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top