季節

しめ縄・しめ飾りはいつからいつまで飾るの?飾る場所とかは?

simekazari01

クリスマスが過ぎてお正月が近づいてくると、

家の玄関の扉や車のバンパーにしめ飾りを飾っているのをよく見かけるようになります。

神社ではしめ縄を飾っています。

 

案外知らない人が多く、適当に飾ってしまうのは歳神様に失礼にあたります。

しめ縄・しめ飾りは飾る日や外す日、飾る場所は決まっています。

 

正しい飾り方をご紹介します。

スポンサーリンク

しめ縄やしめ飾りはなぜ飾るの?

しめ縄お正月は新年の歳神様を迎える行事で、歳神様は家に幸せを授けにやってくると言われています。

 

歳神様を迎えるには神聖な場所を示すために、

しめ縄しめ飾りを飾って準備することが由来とされています。

 

神社の門とか鳥居にしめ縄をよく見かけますが、神域と現世を隔てる結界として、

不浄なものが中に入れないようにする役目もあります。

 

しめ縄としめ飾りの違い

しめ飾りしめ縄に縁起物の飾りをつけたものが「しめ飾り」です。

 

付ける飾りは

●神様の降臨を表し邪気を祓う「紙垂」(しで)

●子孫繁栄を願う 「ゆずり葉」

●清廉潔白を象徴する 「裏白」(うらじろ)

●栄を願う 「橙」(だいだい)

場所によっては、エビの頭(模型)などを付けます。

 

しめ縄・しめ飾りを飾る場所は

神棚しめ縄は神様が宿る場所、神棚に飾ります。

しめ飾りを飾る場所は、歳神様を迎えるので神聖な場所であることを意味します。

 

不浄なものや災が入ってこないようにするためでもあります。

玄関の正面の扉に付けたり、戸口に飾るケースが多いです。

スポンサーリンク


 

飾る場所も地域によって違ってきます。

車ですと正面のバンパーに取り付けているのをよく見ます。

 

2つの飾り場所のポイントは、神様が宿る場所がしめ縄で、迎え入れる場所がしめ飾りです。

 

しめ縄・しめ飾りを飾るのはいつから?

昔の由来では、12月13日すす払い(大掃除の由来)が終わったら、お正月の準備をしていました。

現代では、そんなに早く大掃除はしない家庭が多いです。一般的には大掃除が終わった後です。

 

飾る時期はクリスマスが終わった後、

12月25日~12月28日です。

 

29日は「二重苦」「苦」に通じて縁起が悪いとされているので飾るのはよくありません。

31日も一夜飾りになるので、神様には大変失礼になりよくないとされています。

 

25~28日迄の4日間が一番いいと思いますので、その前に大掃除は終わらせておきましょう。

 

しめ縄・しめ飾りを外す日は

一般的には、松の内が終わる日といわれます。

「松の内」は元旦~1月7日です。

 

7日の朝に七草粥を食べた後、しめ飾りを外す家庭は多いです。

ですが、一般的に松の内の終わりは、関東では1月7日ですが、関西では1月15日です。

地域によって違いますので注意してください。

 

外したものは、1月15日に行われるどんど焼きで処分します。

 

どんど焼きとは?

外した正月飾りを一箇所に集めて燃やし、歳神様をお見送りする「お焚き上げ」の行事です。

焼いた火でお団子や餅を食べる風習があります。

 

どんど焼きの日程や場所

どんど焼き成人の日が1月15日から第2月曜日に変更されたため、

どんど焼きも地域によって第2日曜日か第2月曜日に変更になっている所もあります。

 

住んでいる地域によって行う日が違いますので、よく調べてから行ってください。

多い場所として神社、公園、海岸、河川敷などで行っています。

横浜・海の公園で毎年恒例に行われている「どんど焼き」です。

 

まずは大掃除を早目に済ませて、お正月の準備をしましょう!

しめ縄・しめ飾りの飾り方をご紹介しました。

ありがとうございました~

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top