100均便利グッズ

セリア『シリコンおにぎりパック』手軽におにぎりが作れる便利グッズ!

シリコンおにぎりパック
おにぎりは、夜食や朝ご飯によく作ります。

夕飯の残りご飯で、手がベトベトしないようにラップを使って作っていますが、けっこう手間がかかって面倒です。

 

セリアのキッチンコーナーで見つけたのがこれです。

『シリコンおにぎりパック』

 

簡単におにぎりが作れる見たいです。

さて、どんな仕上がりになるのか検証開始です~

スポンサーリンク

シリコンおにぎりパックの使い方

シリコンおにぎりパックラップはいりません。

シリコンの型にご飯を入れて冷凍することも出来ます。

それを電子レンジでチンすれば、ホカホカおにぎりの出来上がりです。

 

シリコンおにぎりパック作り方はシリコンの型にご飯を入れて、フタをする。

軽く握ってほどよい硬さにする。お手軽簡単です。

これなら手も汚れないし、洗い物はこのシリコンの型だけです。

 

シリコンおにぎりパック中に入るご飯の量は約120gです。

お茶碗1杯が約200gですから、軽く一杯のほどよい大きさです。

 

シリコンおにぎりパック材質:シリコーン樹脂
寸法:9.1×8×3.8cm
耐熱温度:220℃
耐冷温度:-20℃

シリコン樹脂なので、洗って何回も使うことが出来ます。

スポンサーリンク


 

シリコンおにぎりパックご飯を型に入れます。

 

シリコンおにぎりパックフタをして少し固めてから取り出すと、おにぎりが見事に出来上がりです(*^^*)

具はヒジキを入れて見ました。

食べて見ると~美味しいです。

 

シリコンおにぎりパックこちらはご飯を入れて冷凍させてみました。

これを電子レンジに入れて加熱します。
700W:1分30秒くらいです。

 

シリコンおにぎりパック 綺麗に作るコツ

三角系の綺麗なおにぎりを作るための注意事項です。

●ご飯をシリコンの型に入れるときは、まんべんなく隙間がないようにタップリご飯を入れたほうがいいです。

●その後、軽く握ってしっかりと固めていきます。

●ご飯が少ないと、取り出した時にボロボロ崩れてしまうことがあります。

●電子レンジでの注意点
加熱後取り出したら、ご飯を軽く握って固めます。

 

ご飯が暑いと崩れやすいので、少し冷めてから取り出すと綺麗な三角系のおにぎりになります。

我が家では、余り物ご飯をおにぎりにして、旦那さんに夜食、翌朝子供の朝ご飯に食べてもらっています。

シリコンおにぎりパックを使えば、簡単に作れるのですごい助かっています。

 

シリコンおにぎりパック自分が手で握っても、こんなに綺麗な三角形にはならない。これだと食べやすくていいですね。

ラップを使う必要がないし、手も汚れない。

 

洗うのはシリコンの型だけなのでお手軽におにぎりが作れます。

おにぎり作るのが苦手な方は、「シリコンおにぎりパック」で作ってみてください。

綺麗に出来た時は、感動しますよ~!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top